「不覚にも…感動。」今夜、ロマンス劇場で mataさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

今夜、ロマンス劇場で

劇場公開日 2018年2月10日
全288件中、34件目を表示
  •  
映画レビューを書く

不覚にも…感動。

映画公開時には、またラブコメか…綾瀬はるかの使い方違いでまたコケるのか…
などと思い、劇場では観ることはなく、それでも なにか気にはなっていたのでDVD鑑賞。
こちらのレビューも 全く見ずに、あえて予備知識無しで観ることにしたわけです。

いやいや、参りました(笑)
この時代に、まさに『映画』〜しかも純愛映画とは😅
古き良き日本映画、そんな映画でした。
普段 1年に数本 邦画は観れば良い方で、洋画好きな私ですが、
これは 『映画』に対してのオマージュ的作品だと感じました。
ありえない設定、ツッコミどころ満載なのもわかります。
しかし、純粋に『映画』の世界 ということと、時に笑い、泣き これも日本映画の世界なんだと感じた作品です。

綾瀬はるかさん、坂口健太郎くん、確かにハマった役かと。でもそれ以上に 加藤剛さん、だいぶお歳を召されてましたが、あの役者さんが居たからこそ、この映画が際立ちました。
最後の 綾瀬さんと加藤剛さんのシーンがこの映画の世界観なのだと思います。

評価はわかれる映画だと思いますが
若い方だけでなく、古き良き映画を知るひとにも
是非お勧めの映画です。

やはり…スクリーンで観るべき映画でした。

mata
さん / 2018年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報