劇場公開日 2017年8月5日

「ちょっと普通では中々味わう事が出来ないシュールな変化球作品」ロスト・イン・パリ Ryuu topiann(リュウとぴあん)さんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0ちょっと普通では中々味わう事が出来ないシュールな変化球作品

2018年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

ちょっと本作は今迄に観た事が無いような不思議な映画だった。

極寒のカナダに棲むヒロインのフィオナ。
或る日の事、あこがれの街パリに棲む彼女の叔母、マーサから、フィオナの元に手紙が届く。
その内容とは、高齢の一人暮らしの叔母のマーサを無理矢理、介護施設に入れようと行政が働き掛けていると言うもので、マーサは未だ、一人で自由気ままにくらしたいので助けて欲しいと言うものだった。そしてフィオナはマーサの元を訪ねる事になるのだが、パリで繰り広げられる珍道中物語を描いた作品。
良く言えば、シュールな世界感が心地良く表現されていて、笑える小作品といったところかな?
兎に角、日本では絶対に映画化される事は無いような作風だった。
或る意味、映画発祥のフランス映画界だからこそ、何でも有りで、こう言う物語も出来てしまうのだなと納得出来てしまうから、不思議な作品だ。

マーサは若い頃はダンサーと言う設定に加え、姪のフィオナも、マーサの影響で子供時代にダンスを覚えたと言う事で踊るシーンも滑稽で愉快!!この踊りのシーンを観るだけでも本作を観る価値が有るように私は思えた!しかし、ハリウッド型のミュージカル映画作品を想像してしまうと全く異なりますのでご注意下さいね。

大きな声で、ゲラゲラ笑いを誘う作品では決して無いけれど、クスクスっと笑いが思わず漏れ出してしまうような作品だった。

ラストでエフェル塔の上でフィオナとマーサの再会するシーンも良い感じでした!

短い作品なのでたまにはこう言う不思議な映画と出会う冒険を試みるのも楽しいかも?
さぁ、貴方にとって本作は吉と出るか、凶となるか?観てのお楽しみ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)
「ロスト・イン・パリ」のレビューを書く 「ロスト・イン・パリ」のレビュー一覧へ(全6件)
「ロスト・イン・パリ」の作品トップへ