「青春を思い出し、友達に会いたくなる映画」坂道のアポロン はるなさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

坂道のアポロン

劇場公開日 2018年3月10日
全211件中、137件目を表示
  •  
映画レビューを書く

青春を思い出し、友達に会いたくなる映画

正直9巻もある原作漫画が2時間にまとめられているので、「なんでこうなった?」と感じる場面もありました。
しかし、そのもやもやを補い、満足感を感じられるほど千太郎と薫のセッションシーンが最高です。2人の表情が本当に楽しそうで、言葉がなくても音楽を通して気持ちが通じ合っていることが伝わってきて、思わず自分自身の青春時代を思い出しました。大切な友達と心を1つにして演奏する楽しさと充実感、幸福感を映画を通して思い出すことができました。
また、客観的にも薫と千太郎と律子の友情が微笑ましく、中でも薫と千太郎の男同士の友情が美しく、何度も律子と同じ表情をしてしまいました。
青春を過ごした全ての方に観ていただきたい映画です。忘れかけていたあの時の気持ちが蘇ってくるのではないでしょうか。鑑賞後に友達に会いに行きたくなる温かな映画だと思います。

はるな
さん / 2018年3月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi