「知事抹殺」の真実

劇場公開日

「知事抹殺」の真実

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2006年に突然の汚職事件で辞任した元福島県知事・佐藤栄佐久の真相に迫ったドキュメンタリー。1988年から5期18年にわたって福島県知事を務めた佐藤は、地方分権・地方主権の旗の下に国の政策に真っ向から意義を唱え、原発の安全神話にも疑問を呈するなど「闘う知事」として知られたが、06年9月、突然の収賄罪で失脚する。映画は、佐藤自身の証言により、東京地検特捜部によって作り上げられた架空の収賄罪やマスコミの偏向報道によって知事辞任から逮捕、有罪まで追いやられた当時の真実を白日の下に晒す。

2016年製作/80分/日本

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
ナオミ
企画
三田公美子
撮影
安孫子亘
録音
沼尻一男
本橋大輔
音楽
野崎洋一
エンディング曲
佐藤孝雄
音楽コーディネート
DAIJI
ナレーション
高橋春樹
製作デスク
塩谷奈津紀
全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

映画レビュー

4.0●現代日本の闇。

2017年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

日本のジャーナリズムは死んだのか。本作は映画の域を超えてしまったのか。
誰も声を上げない。誰も関わろうとしない。レビューはないし、観客も「えっ」てくらい少ない。
公式ホームページでは善意ある識者のコメントがあるものの、いろんなところで忖度されてる。

よくぞ映画化を。よくぞ上映を。関係者の勇気と尽力に感謝。
さまざまな壁にぶち当たっただろうことは想像に難くない。

共謀罪。治安維持法。権力が集中する怖さ。
ヒョイヒョイと平気で長いモノに巻かれる一部報道機関。
これじゃ誰しもしょっぴかれてまう。どっかの国を笑えない。
映像の向こうの世界じゃない。私たちのすぐそばにある冤罪。

あの日まで佐藤栄佐久が知事であったなら。
過去は変えられないけど、忖度して声を上げない社会に明日はない。
出る杭は打たれる。そんな日本にはしたくないもんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うり坊033
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「「知事抹殺」の真実」以外にこんな作品をCheck-inしています。