「無駄のないクールな作品」MASTER マスター アオタさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「MASTER マスター」 > レビュー > アオタさんのレビュー
メニュー

MASTER マスター

劇場公開日 2017年11月10日
全29件中、15件目を表示
  •  
映画レビューを書く

無駄のないクールな作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

カン・ドンウォン、キム・ウビン、イ・ビョンホン。この3人がとにかくハマり役で、キャラの性格を描くシーンは少ないけど充分魅力的でした。

カン・ドンウォンは「若い時は鼻についた」と言われるのがよく分かる、内面に熱い正義を持ちつつもひたすら冷静で知的な刑事を、
キム・ウビンは快楽主義のように見えて頭がキレるプログラマー青年、
極め付け、イ・ビョンホンのクソどゲス悪人ぶりがほんと最高ww

ディレクターほんとGJ!よくこの面子集めてくれました。この3人じゃないと、キャラの説得性が生まれなかったんじゃないかなと思います。

無駄な説明台詞があまり無くて、会話がとてもクールです。
あまり観覧者が出し抜かれるようなどんでん返し展開は無いけど、イ・ビョンホンとカン・ドンウォンの読み合い。そこにキム・ウビンの「悪知恵」が絡み合い、ハラハラドキドキしっぱなしで飽きませんでした。

無駄なシーンは削ぎながらも、しかし一般市民が見ても分かるように、丁寧にストーリーは造られています。
一部の人には、無駄に思える丁寧さかもしれませんが、観覧者の窓口を広げるには必要だと思いました。

さらに、市民救済のシーンのカタルシスで一般市民はグッと引き込まれるでしょう。
私はココ無くてもいいかと思いましたけどね。

あーー、何はなくとも、カン・ドンウォンがひたすらかっこよかったーーーー笑
キム・ウビンと2人とも脚長すぎだー笑笑

アオタ
さん / 2017年11月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報