「ひと昔の今更感」リバーズ・エッジ 巫女雷男さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「リバーズ・エッジ」 > レビュー > 巫女雷男さんのレビュー
メニュー

リバーズ・エッジ

劇場公開日 2018年2月16日
全100件中、21件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ひと昔の今更感

1990年代はトレンディドラマもマンネリ化してきて、バイセクシャルだの薬物だの禁断の愛だのネクラだのマザコンだの拒食症だの自殺だのがドラマで流行っていた頃。
変わり者目線が流行った頃だ。特に日本で歴史が動いた訳でも無く。バブルが弾けて経済以外に何かを求めていた時代。
そんな当時の遺物を今更映画化した所で、取り柄になる所も無く誰得映画と化していた。

多分私と同じ年代の物語。共感もしない。
当時のTVドラマの方がまだマシレベル。

懐かしいとも思わず、二階堂ふみと無名女優が裸になりお馬鹿さん状態。
いい演技も無し。

う〜ん。つまらない。
周りの映画は進歩してんだから退化する様な映画作ってんじゃねぇ!と言いたくなる作品でした。

巫女雷男
さん / 2018年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報