「役者たちの作品に対する想いが強いと感じる」リバーズ・エッジ だーやま。さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「リバーズ・エッジ」 > レビュー > だーやま。さんのレビュー
メニュー

リバーズ・エッジ

劇場公開日 2018年2月16日
全76件中、66件目を表示
  •  
映画レビューを書く

役者たちの作品に対する想いが強いと感じる

高校生は心も身体も半分大人であり、半分子どもある。
今を生きることの必死さと、将来の夢や不安を抱える彼らの葛藤が生々しく描かれていて、ちょっと背伸びをし過ぎた高校生の物語という印象。

ただ単にエロさやバイオレンスな作品という印象を強く出さないようにしていると感じた。

最後はスッキリもしないし、かといってモヤモヤする訳でもない。個人的にはこの先の彼らの人生がどのようになっていくのかを考えてしまう。

20年前という時代設定もあり、フッションや家具や家電などが時代に合わせていて違和感がなかった。
山田は渋谷系男子の代表的な見た目で、主題歌がオザケンなのも納得。

役者たちは皆若いのに身体を張った演技で、この作品に込める想いの強さを感じた。

だーやま。
さん / 2018年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi