女々演のレビュー・感想・評価

メニュー

女々演

劇場公開日 2018年3月24日
3件を表示 映画レビューを書く

女子ってこんな感じだったよね

女子ってこんな感じだったよね

より
よりさん / 2018年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外な収穫 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私は出演している矢倉楓子さん目当てで鑑賞しましたが、こういう捻くれた青春モノも良いなと感じ、今後注目する為に監督の名前も覚えました。

この作品は最後の文化祭で演劇部で演劇を披露する、という良くある青春系の設定を使って予想以上にドロドロした部員(女子がメイン)の関係性を露わにしていく展開が見所です。
修羅場と化す喧嘩シーンは潔いくらいの醜さで終始笑ってしまいます。他にもこの前に絵面的に醜い場面が1つありますw

少し前に良くあった学園ドラマのような見るからに問題ありげなクラス、リアルじゃないセンセーショナルなトラブル等はないので変な違和感を感じずに観れました。
その中で爆発するような喧嘩など緩急が良いです。最後に団結して大成功!みたいなドラマチックな展開がないのも、表に出るようなキレイな青春ドラマの"裏"で1つの経験として終わっていく文化祭というような演出で好きです。

気になる点を挙げると、ここまでホントは仲が悪い部員たちを観てると今まで部活が成り立ってた設定が不思議ですw
女子部員メインだと可能なんでしょうか?w
他には裏方の男子がキッカケで仲直りに繋がるのが、動機として弱く「これでやり直し出来るの?」と感じました。ここが1番気になりました。
LINE画面のような演出もよく出て来るのですが、ここも半分成功で半分失敗という感じ。複数グループ跨いだやり取り場面は良いのですが、他の通常のやりとりでは情緒を表現するのは難しく感じました。
終盤の演劇「崖っぷち白雪姫」はここが山場ではないのは分かるのですが、全て細切れにするのではなくせめて前半くらいは1つの流れとして見たかったですね。

それでも光る場面やユーモアを感じたので、見る価値ある青春映画です。

ゆうま
ゆうまさん / 2018年3月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良い映画でした。

福原遥ちゃん目当てで見に行って、正直そんなに期待してなかったのですが面白かったです!
女子特有のドロドロした感じとか上手く描かれていました。
女子のドロドロした所が描かれるっていうのは映画見る前から知ってたんですけど、それだけじゃ無くて男子の嫌な所もリアルに描かれていたのも予想外でよかったです。
所々クスッと笑える所もあり楽しかったです。

ももてん・ののわ
ももてん・ののわさん / 2018年3月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi