「徹底したポジティブな笑いに包まれた。」いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち カイさんの映画レビュー(感想・評価)

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち

劇場公開日 2018年5月26日
全24件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

徹底したポジティブな笑いに包まれた。

前作未鑑賞。

こだわりなく楽に観れるコメディ。ただ、登場人物が多くて初見では把握困難かも。

セリフややりとりの随所に、「イタリア人ぽさ」に基づく笑いどころがある。愛すべき?イタリア男性って感じがした。

怒涛のボケとツッコミは、日本人にもわかりやすいものだと思った。

「研究者ギャング」の少し抜けてて自己主張が強いところは「怪盗グルー」のミニオンたちに通じるものがあった。

題材は社会問題を含んでいるが、変に説教くさかったり、感動を演出することなく、ただただポジティブな笑いに徹しているところが清々しい。

前作も次回作も観たくなった。

カイ
さん / 2018年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報