劇場公開日 2017年11月11日

  • 予告編を見る

「【第二次世界大戦中、英国の士気高揚映画の脚本を執筆する事になった女性の奮闘する姿を笑いと涙で描く品の良い英国映画】」人生はシネマティック! NOBUさんの映画レビュー(感想・評価)

3.646
15%
63%
18%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5【第二次世界大戦中、英国の士気高揚映画の脚本を執筆する事になった女性の奮闘する姿を笑いと涙で描く品の良い英国映画】

NOBUさん
2019年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

楽しい

知的

 戦時中に、急遽”ダンケルクの戦い”をテーマにした映画製作の脚本チームに抜擢されたカトリン(ジェマ・アータートン)の奮闘記。

 ベテラン俳優(ビル・ナイ:良いなあ)の我儘や、内縁の夫エリス(スペイン内戦で負傷し、まともな職に就けず、屈託している)の冷笑及び当時の女性蔑視の風潮及び軍上層部からの圧力にもめげず、映画製作に奮闘するカトリンの姿が健気である。

<映画制作陣の気概と、映画が如何に人々に勇気を与える”娯楽”なのかを雄弁に語る映画好きには堪らない、映画愛に溢れる作品>

<2018年2月7日 映画館にて鑑賞:セカンド上映>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU
「人生はシネマティック!」のレビューを書く 「人生はシネマティック!」のレビュー一覧へ(全46件)
「人生はシネマティック!」の作品トップへ