この世に私の居場所なんてない

6%
74%
20%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ブルー・リベンジ」「グリーンルーム」の俳優メイコン・ブレアが監督・脚本を手掛け、第33回サンダンス映画祭で審査員グランプリを受賞したクライムサスペンス。孤独な女性がふとしたことから恐ろしい犯罪の世界に巻き込まれていく姿を、ブラックユーモアを散りばめながら描く。看護助手として働く平凡な女性ルースは、不運続きの冴えない人生にうんざりしていた。ある日、彼女がひとりで暮らす一軒家に空き巣が入り、ノートパソコンや祖母の形見である銀食器が盗まれてしまう。すぐに警察に通報したものの、刑事は戸締まりを怠ったルースの不注意を指摘するばかりで、まともに捜査してくれない。業を煮やしたルースは、近所に住むマーシャルアーツオタクの青年トニーに協力してもらい、自ら犯人探しに乗り出す。「乙女の祈り」のメラニー・リンスキーが主演を務め、彼女の相棒トニー役をイライジャ・ウッドが演じた。共演に「ドント・ブリーズ」のジェーン・レビ。

2017年製作/93分/アメリカ
原題:I Don't Feel at Home in This World Anymore

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
ニール・コップ
ビンセント・サビーノ
アニシュ・サビアーニ
製作総指揮
ニック・スパイサー
リー・エディ
マット・レビン
イアン・ブリッケ
脚本
メイコン・ブレア
撮影
ラーキン・サイプル
美術
タイラー・B・ロビンソン
衣装
ジュリー・カーナハン
編集
トーマス・ベングリス
音楽
ブルック・ブレア
ウィル・ブレア
音楽監修
ローレン・マリー・ミクス
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • WILD CARD/ワイルドカード
  • PARKER/パーカー
  • ザ・スクワッド
  • タイム・トゥ・ラン
  • エヴァリー
  • ドッグ・イート・ドッグ
  • ザ・ドア 交差する世界
  • 隻眼の虎
  • マリオネット 私が殺された日
  • 死体が消えた夜
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0【空き巣に盗られたモノを取り返しに行っただけなのに・・・】

NOBUさん
2020年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

知的

ー何だか、近年のシリーズ化された”邦画”みたいなレビュータイトルになってしまったが、お許し願いたい。だって、そのまんまの”不条理”な映画なんですよ!-

 ルース(メラニー・リンスキー)は寂しい独り暮らし。ある日、空き巣に入れら、ラップトップパソコンと祖母の形見の”銀食器”を盗まれる。
 警察に行っても、奥さんに離婚されそうな受け付けの警官からは”鍵かけてなかったんだろ?”と言われて、相手にして貰えない。

 そして、”スマホ”を使って、ラップトップパソコンを見つけ、それを販売していた怪しい古物商”イライザ・ウッズ”に辿り着く。そして、見つけた”銀食器”。

 警察には、相変わらず相手にされず、仕方なく、隣人のかなりの武術オタク(ヌンチャクの練習をしている・・)の変人トニー(イライジャ・ウッド:最近、変人役が多いなあ。)の助力を得て、犯人探しに・・。
ートニーが、この後、結構活躍するとはこの時点では、予想できず。-

 盗品を持ち込んだ”クリスチャン・ルマック”を見つけ、彼の家を訪ねると豪華な家が・・。

ーここからが、怒涛の展開で”笑いを少しだけ塗しながら”、凄惨に物語は進む。クリスチャン・ルマックは”え、そんなにあっさりと・・”逝っちゃうし、ルマック家での強盗男女2人との”激しい銃撃戦”、”飛んでくる手裏剣”。映画の雰囲気がガラッと変わる・・。-

<お人よしで、どちらかと言えば内向的に見えたルースが、変人トニーを相棒にして、犯人探しを始める辺りから顔つきが変わり、”激しい銃撃戦”の最中には銃の前に立ち塞がり”これ以上は、殺させない!”ときっぱりと言い切るシーンは、”うーむ、凄い度胸だなあ・・。逆境は人の肝を座らせるの法則か・・”と思いながら、鑑賞。
 全てが解決した後、平和にバーベキューをする姿が、ちょっと印象的であった。ルースと、変人トニーの行く末や如何に・・>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.5彼女だって、一所懸命生きてるんです!

2019年10月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

看護師やベビーシッターをしながら一人で暮らしている鬱気味な主人公ルース。
ある日、仕事から帰ると部屋の中を荒らされていることに気付く。
ラップトップとお婆ちゃんの形見の銀で出来たカトラリーが盗まれていることに気付くが、たまたま家の施錠を忘れたことで、警察からは まともに取り合って貰えなかった。
そこで自ら聞き込みを開始し、自分の手で盗まれた物を取り返そうと、隣近所のトニーと踏み込むが…。

シリアスさと、コメディ感と、バイオレンスのバランスが良くて、面白かった。
盗んだ物を売っている タチの悪そうなジジイから、銀のカトラリーを取り返したものの反撃にあい指を骨折したり、他人の家の庭で突如 暴れだしたり、溜まってるものが爆発する様子が、これまた面白い。

トニー役のイライジャ・ウッドのヲタク加減も面白かった。

ただ、作品の中では ある一貫してることがあって、それが作品を支えている様に思った。

イライジャ・ウッドと言えば、あの「ラジオ・フライヤー」のお兄ちゃんの頃の可愛さが忘れられないです。超絶可愛かったー!
かなりリピートして観ましたからね。

ルース役の女優さんは初めてだったけど、独り暮らしの女性を等身大で描いていて好感が持てました。
アメリカ映画と言えば、スタイルが良く、とても可愛い女性が主人公がデフォですけど、何処にでも居そうな、普通の女性(風)なのが また良かったのかも知れないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
m@yu-chan-nel

4.0ぶっとび映画ですっきりする

さん
2019年9月12日
PCから投稿

メラニー・リンスキーのだらしない身体がリアルでいい!そしてイライジャ・ウッドのぶっ飛んでるキャラクターも見事。超音楽マニアのイライジャが好きそうな選曲もよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
恵

4.0緩急を楽しむ

movieさん
2019年8月20日
Androidアプリから投稿

155.緩いコメディーと思いきや、一転バイオレンスへ変化する。イライジャ・ウッド演じるトニーの存在感

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る