劇場公開日 2018年1月27日

  • 予告編を見る

ミッドナイト・バスのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全30件中、1~20件目を表示

1.0バスの運転してるだけ

2019年8月30日
PCから投稿

ホームドラマなのにバス運転で時間をつぶすのはなぜ。
泰造はバス運転の免許取ったそうですが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.5優しい男が、お好きですか?。

fukui42さん
2019年8月28日
iPhoneアプリから投稿

原作を読んで感動したのを覚えていて。
だけど読んだ本を映像化したものは、なかなか見ません。イメージもあるし。
主演が泰造さんなら、どうだろう?。そう思って見始めました。

先に結論。原作の良さを生かし、わかりやすい映像化になってました。
「新潟に帰ると父親、東京へ行くと恋人」。
成人した子供がいる(結婚が早かった)、オジサン主人公。
東京には10年の付き合いになる、バツイチアラフォー彼女。
モテますね。
この彼女役の小西真奈美さん、聞き分けのいい女(都合のいい女ともいう)がぴったりで。
本当はいろんなこと聞きたいけど、今のままでいい。
その飲み込んだ感が、なんだか哀しいんだよね。

「お父さんは肝心なことは、何も言わないんだね」。
そう、優しい男というのはここがウイークポイントなんだな。
父親・元夫・恋人。その立場を生かした場面展開が、メリハリ付いてます。
2時間越えを感じさせません。

元義父役の長塚京三さんも、こういう役をするようになったんだね。
登場人物それぞれ、かっこいいセリフが多く。あ、これ原作にあったな。って何回か。

歳を重ねていい感じに枯れた主人公。泰造さんナイスでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

3.0泰造が家族の真似事するのセブーン!

2019年7月9日
PCから投稿

家族コントはしゃべくりだけにしてくれ!と、上田が言いそうだ。龍馬伝での新撰組の泰造は迫力がありました。

この映画は、うーん🧐、脚本がイマイチです。
何より、セリフがカスです。

こんなに酷いと、潤ちゃんのタイキツクか、健ちゃんの、俺の話を聞け、何て言われそうだ。
泰造、風呂で腕時計すんな。

長男、長女、元妻、今愛人の間で、家族ゲームだにゃん、かかって来いやー、て、有田が言うぞ。シルブプレ。

山本未来はスペック対策班リーダーのワイフですが、いかんせんKCIAには含まれていません。ドラマとも私生活とも関係ないけど

小西真奈美は、ちなみにファブリーズはしていません、あしからず。

皆さん、家庭的に見えます。

そんなに可もなく不可もなく、浮き沈みもなく、渡る世間に鬼はなしを平板にした様な映画です。
サイレントコリアンホームドラマブチコワシカストリニテー
どうして再婚したの、寂しいから
どうして再婚しないの、寂しくないから

今日のゲストは、〇〇〇〇さんでーす、じゃんじゃんじゃんじゃんジャラーン。キャー。

そんな雰囲気は無いが、そのレベルのストーリーです。

話のネタになる映画です。
しかして、泰造、わかな、真奈美の演技は見事です。
最後は、褒めてみました、テヘペロ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

3.0質問は許可しません!

kossyさん
2019年7月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

 高速バスは物語にしてみると、風情を感じられないし、格安ツアーによる過重労働によって非難の高まりだとか、いいものじゃない。ただ、実際に運転手は面白い人ばかりで、飲んでしゃべる分には丁度いいかもしれない。面白いといえば、娘がアイドルユニット、マジカル・ワンダー娘(にゃん)を結成したという点が印象に残った。

 3ヶ月間の夢とかいう言葉があったけど、往復生活をしている別れた夫婦と、子供たちが帰省してくるタイミングが、絶妙に濃縮された3ヶ月間になったのだと感じた。独立ということもあったけど、バラバラに離れてしまっていた家族それぞれの思い。それを繋いだのも、主人公利一の恋人志穂(小西真奈美)の存在。その3ヶ月が過去をも呼び覚まし、血の繋がった家族を再確認する。そして和解。

 そんなことがあったおかげで志穂とは一旦別れ話を切り出した利一。ところが和解はまた別離という結末を用意してくれたおかげで“さびしい”思いがまた沸々。枇杷の木のように義父(長塚京三)とも繋がった家族なだけに、また志穂とやり直したくなる気持ちもよく伝わってきた。元妻美雪(山本未來)の誘いもあったけど、子供・家族を2度も捨てるようじゃ、将来も見えている(個人的見解)。終盤になると、主人公と同じく小西真奈美が恋しくなってきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

2.5さすがに2時間半は長い

2019年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

東京⇄新潟間の深夜高速バスの運転手をしつつ東京の彼女と仲良くやっていた主人公・利一だが、新潟で元妻に久しぶりに再会し息子、娘を交え進展してゆく物語。

まぁ、最近の男性像を描いた様な作品。
どっしりとは構えず、現彼女にも元奥さんにもいい顔する主人公。
悪気は無いと思っているだろうが鼻につくし、小西真奈美演じる利一を待つ孤独な彼女・志穂は「東京ラブストーリー」のリカを思い出すし、何故か切ない。

バラバラになった家族の修復話もあり中々いい話かとも思えたが、よ〜く考えたら「利一おまえ1番都合よくね?」話であり、作品の好き嫌いはかなりハッキリ分かれるであろう。

もう少し映像的に男と女の関係にドロドロさがあっても良かったかも知れない。(地方ロケ映画としても兼ねているし無理か?)

何故再婚したの?「寂しかったから」
何故再婚しなかったの?「寂しくなかったから」
これだけはなんか分かる作品でした。w

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
巫女雷男

4.0ある家族のかたち

2019年6月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

幸せ

父は深夜バスの運転手、離婚後子供二人を引き取り新潟で暮らしている。
東京に好きな女性がいるのが、再婚は考えていない。
母は新潟の家を飛び出して離婚、東京で再婚、子供がいる。
息子は東京で就職していたが、突然新潟に戻ってくる。
娘は新潟でアイドルをやっており、婚約者がいるようだ。
家族の心境を丁寧に追いかけていて好感が持てる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5利一さんずるい

2019年2月22日
PCから投稿

原田泰造さんがずるい男(笑)っていうか優しすぎる。
私が小西真奈美さんの役の立場だったら10年も一緒にいれない…
不倫でも無いのにあの扱いは辛すぎる。
物語は何だかいい感じに収まったけどもっと原田泰造さんにはガツンと言って欲しい、声を荒立て欲しい、ビシっと言って欲しいと思うシーンが多々ありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
フラニー

3.0ツタヤで

2018年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

良かったです。

ツタヤで、あれって見つけて。
1月にやってたんですね。

ハデな映画もいいけど、こんな映画も
やっぱいいですね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
にいやん

2.5男が一人で泣ける場所〜

2018年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

家族って厄介だったり、大変だったりするんだけど
この映画自体には問題すぎる人物はでてこないので
まあ、観ていてそんなにきつい話でもない。

あるあるな感じ〜〜

原作が女性なのに何だか男性に響く映画に思える。
作り自体は丁寧で
一人一人の気持ちの流れがよく解る映画ではあるけれど、
女性の私的には
男性にとってご都合主義だな〜と思える所が気になって
話としてはそんなに好きでは無い。

ただ一点、ここだけはちょっと男がかわいそうと思ったのは
色々あって、心の拠り所を求めた男が
その拠り所がもうどこにも無いと気づいた時に
一人で泣く場所が、そこしかないんだな〜〜

男が一人で泣ける場所〜〜案外難しい。

★もう一度観るなら?「悪い作品では無いけど、私はもういい」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星のナターシャ

1.0単調などんよりとしたタッチ

dongさん
2018年3月14日
Androidアプリから投稿

原田泰三がいや 身勝手な男を演じてさらに

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
dong

4.0素晴らしい山本未來に尽きる。

エクさん
2018年2月26日
Androidアプリから投稿

映画館を出るときにはヒロインに恋している…。

ただ惚れっぽいだけ、には間違いないだろう。でもこれも正しい映画体験。

間違いなく恋をした。山本未來に。

本人はむっとするだろうが、間違いなく中年の入り口。でもとびっきりの魅力的な中年女性。

ほんとに素晴らしい。

誰かにしがみつきなくなる四十路の孤独を見せてくれる。

ほんとに素晴らしい。

オススメする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
エク

5.0まじめに、丁寧につくられた映画

2018年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

まじめに、丁寧につくられた映画だなぁと感じました。
昔観た、人の心の機微を描いた映画の名作たちも、観終わった後はこんな気持ちになったなぁと思い出しました。
現代のアクションやVFXを多用した映画にすっかり慣れてしまい自分もそういう映画は好きではありますが、映画って本来こういうものだったよね、とも思い出させてくれました。

キャストの皆さんの演技力が高いのは言うまでもありません。
舞台となった新潟の風景も、主人公の心の中を写しているようで素晴らしかった。

登場人物がそれぞれに自分の人生と生活において、どうにもならない状況ややるせない思いを密かに抱えながら生きているなかで、唯一あっけらかんとして上り調子で活動しているアイドルグループの存在が、作品が重くなりすぎないよう良いアクセントになっていたなぁと感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
chika(♂)

4.0「家族」って悲しみ増幅装置なのかも

シロさん
2018年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

長い。2時間以内にまとまると思う。

内容は素晴らしかった。
どこの家族もこうした葛藤があるのかしら。
家族っていいなとは思えない。でも、それでいいと思う。

娘の婚約者の母は、「愛のむきだし」の印象が強すぎて思わずワロタ。いえ、存在感のあるいい役者さんだと思います。

嫌だなと思ったところ。
最後のオチ(エピローグ)を観客に委ねるつーのは個人的には好きだけど、あれはないと思う。無責任すぎませんかね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シロ

4.0寂しくなかったから。

くりさん
2018年2月17日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
くり

4.0家族とは個人の集合体

ao-kさん
2018年2月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

上映時間157分。やや超尺な上映時間でありながら、実に落ち着いた演出で、ある一組の家族の物語を紡いでいく。根底に流れるテーマは家族の再生ではあるものの、あくまでも家族は個人の集合体である様を映し出す。

故にこの家族はそれぞれに悩みを抱える。自分の生き方、働き方、そして家族との接し方。それぞれが求めているものは近いはずなのに、ベクトルの向きが違っている。いや、交差してすれ違っているのかもしれない。誰が悪い訳でもない、けれどもうまくいかない。優しさが生む不器用な登場人物の姿は大なり小なりどこの家庭でも思い当たる節があるのではないだろうか。

やがて登場人物たちはそれぞれの答を見出していく。誰に頼る訳でもなく、誰かに諭される訳でもなく、その答を各々で導いていくその結末は寂しくも頼もしくも映る。劇中の祖父が言う「男親は扇の要だ」というセリフはこの物語を集約しているのではないだろうか。要が家族を繋ぎ止める。しかし、一つ一つの軸が違う方向を向くことで扇が綺麗に広がるように、この家族の選択は幸せなものであってほしいと願ってしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ao-k

4.0すごく良かった!

凸子さん
2018年2月15日
iPhoneアプリから投稿

仕事場の店長に最近良い映画ない?って聞かれて、お勧めするぐらい良い映画でした。
原田泰造が普通に役者してました(良い意味で
この映画に出てくるキャラクターがみんな良くて(原田泰造の娘さんの婚約者の母親は除いてw
特に、小西真奈美さんの役が見ているだけで幸せになれるような感じでした。
個人的に、長塚京三さんが病室からバスに手を振っているシーンがジーンときてしまいました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
期待しないで観た分、良い意味で裏切られたとても良い映画でした!皆さんに観てもらいたいです∩^ω^∩

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
凸子

5.0派手じゃないけど

2018年2月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

すごくいい作品
どこにでもある日常を描いた作品だから
共感できるんでしょうね
男の女々しさ、優柔不断で煮え切らない所など
特に感じますね…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しげぼん

3.0良い映画

stoneageさん
2018年2月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

感情的に泣き叫んだり、怒鳴ったりするシーンが少ない演出が、好感を持てました。淡々と台詞をやり取りする事で、素の感情が湧き上がって来て良かったです。
*挿入歌の英語の歌は少しあざとい、と言うか、"くさい"演出で、シラケますね…結構本格的なステレオ・セットからこの歌が流れて来た時は、ちょっと違うなと…クラシックとかの方が良かったかも。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

3.5☆☆☆★★★ 簡単に。 家族再生ではなく、家族和解の物語。 どうや...

2018年2月12日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★★★

簡単に。

家族再生ではなく、家族和解の物語。

どうやら世評は今ひとつの様で、鑑賞前は「どうなのかなぁ〜!」とゆう思いが有ったのですが…。

観終わり、そんな思いは杞憂に終わりました。なかなかの良作と思います。

但し。要所、要所で繰り広げられる長回しで有ったり。心が離れ離れになっている家族1人1人の胸の内。そして10年付き合いながらも、のんべんだらりとした関係に、なかなかハッキリとした答えを見いだせないでいる小西真奈美との恋愛事情等。
確かに2時間40分弱の上映時間は、長いと言えば長いですね。
それでも。永きに渡って冷えきり、凍りついてしまっていた関係を溶かす為の時間として、必要な時間だった…として、納得しながらの鑑賞では有りました。

主な出演者達は皆がそれぞれの立場を好演。
見応えのある人間ドラマとなっていました。
この監督さんの作品を観るのは初めてでしたが。今後の活躍を期待出来る監督さんかと思います。

これはある程度の年齢や、様々な経験を積んだ人で有れば有る程、この原田泰造演じる主人公の気持ちに寄り添う事が出来る…と言えるのかも知れませんね。

♫ローズ♫の使用にグッと来ました。

2018年2月11日 スバル座

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
松井の天井直撃ホームラン

3.5The Rose

Bacchusさん
2018年2月10日
Androidアプリから投稿

幸せ

原作未読

新潟と池袋を結ぶ深夜高速バスの運転手と子供達と元嫁が行き詰まった人生を見つめ直し再出発していく話。

それぞれに自分自身の思いとこの家庭だからこそ抱えている家族への感情というものがあり、互いを受け入れ合えなかったりさらけ出せなかったりする中で、祖父が切っ掛けとなり解けていく。

自分の生きてきた環境と似ている部分が少なからずあり、そんな自分からみて感情や思いが重なる部分とか、そうでないながらも理解出来るところが多々あって劇中に引き込まれた。

そういう中で登場人物達全員が良くも悪くもとにかく優しさに溢れていて、温かい気持ちになった。

それにしても…人間て奴は身内に対しては簡単には素直になりきれないもんだよねぇ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus
「ミッドナイト・バス」の作品トップへ