「純文学のような世界観。本が今と昔を繋ぐ、不思議なミステリー。」ビブリア古書堂の事件手帖 映画コーディネーター・門倉カドさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ビブリア古書堂の事件手帖」 > レビュー > 映画コーディネーター・門倉カドさんのレビュー
メニュー

ビブリア古書堂の事件手帖

劇場公開日 2018年11月1日
全109件中、19件目を表示
  •  
映画レビューを書く

純文学のような世界観。本が今と昔を繋ぐ、不思議なミステリー。

【賛否両論チェック】
賛:ストーリーが現在と過去とを行き来しながら、本にまつわる秘密を紡いでいく様が、不思議であり文学的。本から謎を解いてしまう栞子の推理も面白い。
否:展開はかなり早い段階で読めてしまうので、ミステリーとしての意外性は皆無。登場人物達の言動も、やや浮世離れしているか。

 ミステリーなんですが、どこか浮世離れしているといいますか、文学的といいますか、なんとも不思議な世界観のお話です。祖母にまつわる事件がきっかけで、本が読めなくなってしまった大輔。そんな彼の祖母の秘密を、たった1冊の本から解き明かしてしまう栞子の推理は、やはり圧巻です。
 そして物語が現代と50年前とを行ったり来たりしながら、夏目漱石の「それから」と太宰治の「晩年」、2冊の本に深く関わる因縁が今昔双方の観点から描かれていくのも、また味わい深いものがあります。
 ただ物語全体のストーリーは極めて単純で、かなり早い段階から
「もしかして、こういう展開かな・・・?」
と思ってしまった通りに話が進んでいくので、その辺りの痛快さは全く無いのが難点です。また、「『本』というものへの執着」という点から観ても、どうしても一般大衆的な視点からは、
「えっ・・・そこまでする・・・?」
なんて感じてしまう部分もあると思います。
 世界観への好き嫌いは勿論、原作ファンから観る好き嫌いも非常に分かれそうな作品ではありますが、まるで純文学のような世界を、是非堪能してみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
さん / 2018年11月21日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい 単純 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報