「王道の卓球と恋とサクセスと可愛いガッキーら人気俳優のミックスなのだが…」ミックス。 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ミックス。」 > レビュー > 近大さんのレビュー
メニュー

ミックス。

劇場公開日 2017年10月21日
全310件中、50件目を表示
  •  
映画レビューを書く

王道の卓球と恋とサクセスと可愛いガッキーら人気俳優のミックスなのだが…

卓球界に新たなスター選手が続々誕生している昨今。
タイムリーと言うより、可愛いガッキーら人気俳優を揃え、恋とサクセス、万人受けしそうな内容、フジテレビムービー…と、狙いが見え見え。
あざとさが鼻に付くが、堂々の王道路線で面白いのは面白い。

元卓球の天才少女・多満子。
スパルタ母親の死後、普通の女の子を目指して上京。恋に破れ、帰郷。
ひょんな事から母親の卓球クラブを継ぐ事に。
話もあるあるだが、そこは古沢脚本。好テンポで飽きずに楽しめる。
卓球と恋とサクセスのミックス。

ガッキーのコメディエンヌとしての魅力がいっぱい。
カレシの浮気現場を目撃しての「うっわ!」、球を打ち返す際の「うしゃしゃしゃしゃしゃ~!」など、愉快愉快。
おそらく最後になるであろうセーラー服姿、ガングロ、OLにチアダン衣装も披露。
ガッキーを見る為だけなら満点試合。
瑛太、遠藤憲一らも好演しているが、女優陣に華がある。
広末涼子、永野芽郁、蒼井優、真木よう子ら主役級がズラリ。
中でも、中国人役の蒼井優が最高(笑)
相当練習したであろう彼らが挑む卓球シーンはなかなか白熱。
ガッキーらの奮闘、眼差し、流す汗すら勇ましい。

目指すはいきなりの大会出場。が、予選で惨敗。
それもその筈。多満子が再びラケットを握った理由は、今や卓球のアイドル的人気の元カレへのリベンジという不純な動機。
ペアを組むハギも落ちぶれた元プロボクサー。別れた妻子に未練アリ。
クラブの面々も、幼馴染みで医者の夫を持つ元ヤンのセレブ妻、プチトマト農家の中年夫婦、不登校の高校男子とズブの素人ばかり。
そんなんで勝てる訳がない。卓球、舐めんな!

…彼らも遊びでやってる訳ではない。
やがて全身全霊打ち込む。
セレブ妻付き合いに疲れ、プチトマト農家夫婦が卓球をする理由…。
多満子もハギも再起や情熱を取り戻していく。
各々の悩み、問題から恐れず、一歩踏み込んで、逆転のスマッシュを決めろ!
周りを輝かせ、自分をも照らす姿はベタであっても心地よいもんだ。

それが本作のポイントでもあり、欠点でもあった。
とにかく話の展開がすぐ読めてしまう。
腕を上げ大会再出場を目指すも何か問題が起こり、出場断念か? それを乗り越え、大会へ…なんて展開、何度見た事か。
多満子とハギのロマンスも何だか取って付けたような。サクセスをメインに仄かに匂わせる程度で良かったと思う。『愛と青春の旅立ち』のようなキス&ハグ・シーンは…。
何処を取っても予定調和、ご都合主義、最後も絵に描いたようなハッピーエンド。
古沢脚本にしては捻りやオリジナリティーに欠けてちょっと物足りなかった。

見易く楽しいエンターテイメント。見ていて気持ちいいくらい。
でも、何かこう、後一スマッシュ欲しかった。
コレ系のジャンルは好きで大抵4採点なのだが、0・5マイナスとさせて頂いた。

近大
さん / 2018年5月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
巫女雷男
巫女雷男さんのコメント
投稿日:2018年5月9日

俳優陣の演技が良いだけに同じくストーリー展開が残念無念。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi