劇場公開日 2017年10月28日

  • 予告編を見る

「自分を愛してくれる人がいる世界があるのは素晴らしい。」彼女がその名を知らない鳥たち 巫女雷男さんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0自分を愛してくれる人がいる世界があるのは素晴らしい。

2018年5月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

難しい

幸せ

この映画のネタバレは知っていた上で鑑賞。それでもラストは「そういう観せ方するか!」と面白さ倍増でした。

現代は恵まれた時代になり、人々も目が肥えて好き嫌いがハッキリした個性があふれる世界。
生まれつき色々恵まれている人間、恵まれていない人間。それでも自分なりのスタイルを確立して生きて行かなければならない時代になったのは事実だ。

そんななか1スタイルを誕生させたのが阿部サダヲ演じる陣治。カッコ良くもなく女性から見れば不潔な人物だろう。しかし、彼はその人生を受け入れ、自分が愛される事が無ければ愛する方を選んだ人物だ。それしか生きる方法は見出せないスタイル。
悲しいけど、それが運命なのよね的。
そりゃカッコイイ方が得だが、そんなのは生まれつきだし、親を恨む事も出来ない。
蒼井優演じる十和子と出会わなければ、一生異性と巡り合う事が難しい人生だっただろう。

一方、十和子は容姿的に恵まれており、異性との巡り合わせは有るものの、運が無い女性。愛されるより愛したいスタイルだ。

そんな2人の物語、結末には「愛されるとは?愛し合うとは?」と言うテーマがあり、かなり考えさせられる。

私個人とすれば愛されるよりは愛してしまう方なので、陣治の考えも一応理解は出来たし映画としても面白かった。

悲しいラストだけど、陣治にとっては良い人生だったと思います。あなたはこれを愛と呼べるか?とサブタイトルにありますが、愛だと思いますよ。
ただ、メインタイトルの意味がわからないw

コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 18 件)
巫女雷男
地蔵菩薩🙏さんのコメント
2019年11月9日

巫雷氏🙇
…スミマセン😅「雷を雪」とコメントに書いてたのありましたゴメンなさい🙇

*他の方へのコメントとかぶって、又々スミマセンが感想が同じなので、お許し下さい…🙇

監督の作品好きで、ほぼ観てますが、いつも「アンビバレンツ」って言葉から、先が出ないので、レビュー書くの控えてます。言い訳してズルいけど、白石監督もズルいです😔

誰一人感情移入出来ない、登場人物だらけなのに…本作に嫌悪感わかない、俳優陣の上手さと振り切れ方に拍手します😄

本作では当然、架空の人物ですが、知り合い(決して友人では無くて)に、ホントに似た様な質の人間いまして…ぞ~っとしました😨

ありがとうございました🙏

地蔵菩薩🙏
巫女雷男さんのコメント
2019年10月31日

何を一個人のレビューにツッコミを入れているのでしょうかね。
見方は人それぞれだと思いますがね。

巫女雷男
風のささやきさんのコメント
2019年10月31日

一生異性と巡り合うことが難しい人生だっただろう。てなに?
なにを知っとんねん

風のささやき
風のささやきさんのコメント
2019年10月31日

陣治は別に容姿悪くないやろ、悪いのは清潔感のなさやろ、それを解消したらべつにふつう。だから恵まれてる人恵まれてない人ってわけんのはちがうやろ。美人はいろんな男が寄ってくるからっていいことだけじゃないし、美人ってことでいろんな男が寄ってくるから全部がプラスってわけじゃないやろ。

風のささやき
近大さんのコメント
2018年5月4日

自分もこれは愛だと呼べます。
凄まじいほどの。

近大
「彼女がその名を知らない鳥たち」のレビューを書く 「彼女がその名を知らない鳥たち」のレビュー一覧へ(全228件)
「彼女がその名を知らない鳥たち」の作品トップへ