「現代的なアレンジに違和感」劇場版 マジンガーZ INFINITY kenshuchuさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

劇場版 マジンガーZ INFINITY

劇場公開日 2018年1月13日
全121件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

現代的なアレンジに違和感

10年後の世界を描いたマジンガーZの劇場版映画。VAIO や日産のロゴ、必殺技の承認システム、軍隊との共同作戦、CG をフル活用した戦闘シーン等、現代風のアレンジが随所に散りばめられていた。そのすべてに違和感を覚えた。これ、マジンガーじゃない…。
でも、必殺技をいちいち叫んだり、マシン同士の肉弾戦がメインだったり、ダメボロットのお笑いパートやお色気シーンがあったりと昔ながらのマジンガーZには心が動かされた。これこれ!
結局昔ながらのテイストにワクワクし、現代的な味付けをしたところは乗りきれなかったということ。戦う意味とか、変なキャラ出さずに王道のままでよかったのに。少し消化不良だ。

kenshuchu
さん / 2018年2月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi