劇場公開日 2018年7月13日

  • 予告編を見る

ジュラシック・ワールド 炎の王国のレビュー・感想・評価

3.5622
14%
52%
26%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全622件中、1~20件目を表示

3.5決して一筋縄ではいかないバヨナ監督らしさが炸裂

2018年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

怖い

『ジュラシック』シリーズは、人類の変わらぬ恐竜愛を純粋に発露させる娯楽作だと、そう思っていた。だが、本作『炎の王国』ではその奥底に隠されたダークな本性が抑えきれずに溢れ出し、ホラー、サスペンスの要素すら感じられる異色作となった。

何よりも、これまで広大なパーク、あるいはワールド内の物語だったものが、ゴシック様式のお屋敷のお話へと様変わりしてしまうところが、AJ・バヨナらしいところ。この監督は登場人物の心理とお屋敷の構造がリンクすることが多いのだが、今回もまたバヨナの『永遠の子供たち』よろしく、深層心理からジワジワと未知なるものがせり上がってくるかのように、映画は未曾有の恐怖へと飲み込まれていく。この特異な作家性を楽しめるか否かが賛否や満足度を分けるポイントとなることだろう。3部作の中間部分らしく、しっちゃかめっちゃか掻き乱す意味ではバヨナらしい変化球が存分に楽しめる一作になったかと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 17 件)
牛津厚信

4.5シリーズの大きな飛躍

村山章さん
2018年7月22日
Androidアプリから投稿

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 53 件)
村山章

2.0普通かな

2021年6月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古着さん

4.5ある意味裏切られた

りんねさん
2021年5月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

前作が観た事を後悔するレベルで期待外れだったので一切期待せずほぼ暇つぶしで鑑賞笑
期待してなかったから、ではなく純粋に面白くある意味裏切られました笑
過去シリーズを鑑賞した人達が「あ、これあのシーンのオマージュだ」と言うシーンがいくつもありそれがあざとくではなく「あれ?これもしかして…」みたいな感じなのでそういった意味でも非常に面白くこの監督自体がこのシリーズのファンなんだろうなーと思いながら見てました。そしてなんと言ってもマルコム博士の登場にはかなり胸が熱くなります!!
また恐竜達が噴火から逃げ惑うシーンはCG且つ作られた鳴き声のはずなのに不覚にも泣きそうになる程恐竜達の生きてる感が凄かったです。まぁ私が歳を取っただけなのかもしれませんが…笑
ただ上記の様に恐竜の表情が非常にわかりやすく描かれているので現実的な物、と言うよりも実写版ライオンキングみたいなアニメーション要素を感じたので1作目の様な本格的なパニックアクションを期待されてる方には少し子供っぽく感じるかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りんね

3.5オチに賛否両論ありそう

桃の木さん
2021年4月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ツッコミどころこそあったがシリーズ他作品と違いそこまで嫌いなキャラが生まれなかったのでヨシ!と言いたいところだった。最後の最後でその気持ちは一変した。まさに独善的と言う言葉がぴったりな主人公達。この後の人間社会がどうなったのか知りたいが、こんなクソ映画の続編を見たくないという気持ちがやや勝る。
でもブルーが可愛かったのでこの評価

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
桃の木

3.5シリーズの中ではテイストの違う作品

asicaさん
2021年2月23日
iPhoneアプリから投稿

ちょうど2年前の今頃だったかその前年の夏だったか
イギリス往復のどっちかの飛行機の中で見た。

画像は比較的悪くないタイプでありがたかったが、この1つ前の作品は、椅子も動く4d での鑑賞だったのでそれと比較すれば環境的には大きく違う事になる。

その割に今の記憶としては 大した差もなく記憶されているのはどういうわけだろうかと思ったりもする。

シリーズの1作目はまだ字幕を読めない子を膝に乗せて見たし2つ目はレンタルビデオ
その次は夫と2人で映画館で見た。

その後 続編が出ればさまざまなコンテンツや映画館で見て、そのたびに 「あーこれってもとはと言えば、最初にテーマパーク作ろうって思って琥珀から蚊を抜いてその血液からクローン作ったのよね」
と思って見終えた。

そしてどれもが 太平洋(?)の絶海の孤島に閉じ込められた彼らのことを ネグレクトで狭いアパートに放置している子どものように 心の中の傷として放置する。

のが

この作品の場合は、それを連れ出してしまい
そのストーリーの中心に 人間の尊厳を持ってくる。

最後 これどうするの?
次回作の脚本家に丸投げして終わり?

ってくらい 心配になる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
asica

2.5ラプトルのゴジラ化

2021年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

これも柳の下を狙って続編を作る程に評価が下がって行く典型。(まあ2よりは3の方が面白かったが)。どんなに技術が上がっても初編の「どうやって撮ったんだろう」の驚きと恐怖には敵わない。そもそもT-REXより怖いやつがいたんかというあのヴェラキラプトルが、回を追うごとに60年代のゴジラみたいに「いい者」になっちまってるのはいかがなものか。それにこちらも学習しているので、どんなに危ないシーンでも主役と子供はやられないと安心して見てしまう。できれば「ついに人間にもクローンが」の辺りをもっと掘り下げてくれても良かったかな。ラストは皆んな森に逃げちまったが、どうしてくれるのか。まさか人間とうまく共存とかいうオチではあるまいな。いやオチをほっぽらかしただけか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっきー

4.0人間の踏み込んではいけない領域、再び。

アルさん
2021年1月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

興奮

知的

シリーズ通して変わらずの警鐘感は強いが、
今回はさらに踏み込んだ考えさせられる内容。
クローンに対する危機感、倫理観などを、
上手く娯楽に組み込んでいる。

前作以上の圧倒的なスケールと恐竜への期待。
重厚なストーリーと今後のワールドへの期待。
求めるところで本作の評価が分かれる印象。
緊張感とアクションをバランス良く、
テンポ良く観せてくれており個人的には大満足。

後半のスケールに評価が分かれている様だが、
自分には『人間の小ささ、倫理の最後の砦』と
感じる場所だった。
オーウェン側も、イーライ側も、
その『扉』を開けるのか、閉じたままか。
その選択を観ている側に投げかける場所。

そして何より特筆すべきは、本作の鍵となる、
イザベラ・サーモン演じるメイジーが可愛い。
芯のある眼差しと、セリフを含ませる表情。
えっ!?出演作品は本作が初!?
とは、とても思えない将来性を感じる。
続編にも出演予定なので、成長した姿に期待大!

ハワイに行った際は、是非ロケ地である
クアロア・ランチを観光して欲しい。
あの壮大な風景、あの映画のロケのセット、
あの現場の興奮は日本では味わえないので、
オススメです。
(だけどランチの味は酷いです、要覚悟w)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アル

1.5バイオ・・・。

2020年12月22日
iPhoneアプリから投稿

途中からバイオハザード観てるみたいな・・・。
島のパートはちょっとでおわります。
少しがっかりでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しじみの短い感想文

4.0いのち生命についてのお話

2020年12月4日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
カホマピー

3.5前作を見てないとわからなくなりそうかも 基本的にブルーがかわいい(...

rianさん
2020年10月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rian

3.0ジュラシックパークシリーズは恐竜を愛でる映画なのか、パニック映画か...

さん
2020年9月6日
PCから投稿

ジュラシックパークシリーズは恐竜を愛でる映画なのか、パニック映画か、ホラー映画なのか…前作は恐竜を愛でつつパニック映画だったけど、今回はパニック映画成分が最初に少々、後はホラーに極振りって感じだった。
真っ暗な背景から恐竜の爪だけあらわれゾゾっと撫でられる恐怖、部屋の中で布団に隠れながら恐竜の影がゆっくり忍び寄ってくるのを見る恐怖、今回の監督がやりたかったのはこの辺なんだろう。でも自分としては恐竜をリアルな生き物として愛でるのが好きなので、今回の恐竜はチェーンソーもったジェイソン的扱いでしかないのが不満。溶岩から逃げてきたはずの恐竜が人間見るととにかく食いつこうとしたり、怖いだけでイマイチ生き物感ないのが好きになれない。
ただそもそもの初代ジュラシックパークを振り返ったとき、ブラキオサウルスを愛でつつ、暗闇の中Tレックスが忍び寄り、パニック映画もしてたわけで、ホラー要素が悪いわけでなくバランスの問題なのかな?と。あとは次回作にどうつなげるのか次第かなあ…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
閑

3.0人間の欲望みたいな話が多くて恐竜かわいそうでストーリー的にはあんま...

yonda?さん
2020年8月31日
スマートフォンから投稿

人間の欲望みたいな話が多くて恐竜かわいそうでストーリー的にはあんまりのれない。
映像は素晴らしいけれど、5作目まできたのに、このあとどうなるん?みたいな終わり方ばっかりじゃないか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.5よかった

JYARIさん
2020年8月21日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

3.0ジュラルディンチャップリン

osanさん
2020年8月11日
Androidアプリから投稿

あれ?と思ったら、ジュラルディンチャップリンではないか。ずいぶんと端役を受けたものですな、と。
それでも、往年の女優の円熟の姿を観れるのは貴重。

スピルバーグお得意のハラハラドキドキにユーモアを混ぜてくるやり口が相変わらず面白い。

T-REXがもはやゴジラ的なヒーローになってるのは一体何なの?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osan

3.0今までのシリーズと比べると、恐竜の動物としての権利とか絡めてきてて...

2020年7月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

今までのシリーズと比べると、恐竜の動物としての権利とか絡めてきてて、単純なパニック映画では終わらせないという気概を感じた。でも個人的には別に単純で全然良いんだけど〜って思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
お手紙食べるほうのヤギ

3.5クローン少女の決断

くらげさん
2020年7月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

怖い

クローン少女が物語の最後に下した決断に
もっと重く受け止めるべき判断なのではないかと思う一方で、少女の「私もあの子たちも、クローンだけど、必死に生きてる」という言葉に命について深く考えさせられる。

ジュラシックシリーズを観るたびに、
人間の愚かさと、存在の過信を強く実感する。
忘れてはならない、初心に戻ろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
くらげ

3.5約束された安心感

2020年7月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

もはや何が起こるかも、どう行った終息をするのかも予測できるもののホッとした安らぎを覚える一作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

3.0監督さんよくがんばった

2020年7月26日
Androidアプリから投稿

■すきなところ
続編を作ってくれた
ヒーローヒロインのナイスバディが拝める
大して面白くなかったが、よくぞアイデアを絞り出してくれた。話の展開も練られており、テンポよく進む。

■嫌いなところ
ヒーロー、ヒロインは、フォーマルな場所や、服のシーンが欲しかった。でないと、アウトドアに扮した2人のナイスバディが引き立たない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
プチトマト

3.5吹き替えの配役が事故レベル・・・

2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

観なきゃな~、と思いつつ観ずにいたのがテレビ放映をするというのでやっと観ました。

で、いまやマンダロリアンの監督も務めたロン・ハワード監督の娘であるブライス・ダラス・ハワードの吹き替えの木村佳乃さんの声に違和感を感じつつ、まあ観てれば慣れるだろうと思っていたら、クリス・プラットの声が玉木宏じゃないすか!
なんじゃこれー!とてもじゃないけど玉木宏の特徴的な声じゃクリス・プラットが話しているようには聞こえない!と非常に強い違和感を感じながら観進めると、傭兵のリーダーの声が桐生一馬でおなじみの黒田崇矢さんじゃないすか!
これまたハゲで渋い傭兵のオヤジの口からはとても出てきそうにないカッコいいキザな声で、しかも声質が玉木宏とかぶるので、いったいどっちが話しているんだかわからなくなる始末・・・。

これ、誰か気づかなかったのかなあ。

そんなこんなで声に翻弄されながら観ていくと、個人的にはジュラシックパークの中では一番楽しめた内容ではありました。(というか、今までの作品すべて恐竜の映像以外は楽しめなかった。)

最後、土砂降りの雨の中の大アクションだったはずなのに、ものの数分のうちに雨がカラっと止み、全身びしょぬれだったはずの主人公たちは、汗もかかず髪もぬれず、Tシャツに汗がしみる程度になったのは、戦っている間に一瞬で舞台も昼夜も逆転する日本の特撮ヒーローものへのオマージュなのか?なんてことは微塵も思いませんでしたが、今までにないSF的要素や、ロストワールドを踏襲しながらの新しい展開の終わり方は、今までのただの追いかけっこだったジュラシックパークのシリーズをあまり面白いと思わなかった私にとってはちょっと楽しめる展開でした。

次回作にはいよいよ怪優サム・ニールが復帰するということで、ちょっと楽しみになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よんしん
「ジュラシック・ワールド 炎の王国」の作品トップへ