「迫力不足」阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C 異聞 Bacchusさんの映画レビュー(感想・評価)

阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C 異聞

劇場公開日 2017年8月26日
全2件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

迫力不足

シリーズ未見。

軍事政権下の地方の集落で特高警察の隊員を含む人々が殺害される事件が発生し、特高警察が村人を弾圧していく中、セーラー服を着て刀を持ち鬼退治をするという少女が現れる話。

話は難しくなくストーリーも悪くないけれど、言っていることが支離滅裂だし何が起きているか分かり難い。

煽りまくった鬼にしても恐ろしさや凶暴さを殆ど感じないし、更なる恐ろしいものも何だそれ状態。

舞台劇をそのままスクリーンに移植した様な演出で、それ自体は悪くないけれど映画であることを活かせていない感じも残念。

Bacchus
さん / 2017年8月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  怖い 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi