心に吹く風のレビュー・感想・評価

メニュー

心に吹く風

劇場公開日 2017年6月17日
15件を表示 映画レビューを書く

不穏な空気が近づいているときだからこそ、観てほしい。

不穏な空気が徐々に、そして、我々のすぐ側まで近づいてきている。こんな時代だからこそ、「心に吹く風」のような映画を観てほしい。
 北海道の美しい景色や主人公たちの細やかな心の動きを感じられるのは、もう残り少ないかもしれないからだ。
映画の中でも、人との出会いやときめき、決して後戻りしてくれない一瞬一瞬の時の大事さを説いている。
 クリスマスシーズンから年始まで上映がある宇都宮の人がうらやましい。もう東京では上映してくれないのだろうか・・・

biyo
biyoさん / 2017年12月8日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恋愛系は かなり苦手なので 覚悟はしてたが 想像以上に またぁ〜り...

恋愛系は
かなり苦手なので

覚悟はしてたが
想像以上に
またぁ〜り.......

ねもい...

景色はとても
美しかったけど

何かにつけて
長ったらしい間が
もどかしい気持ちなのだと
心情も伝わるのだが
も少しテンポアップplease‼︎

snowball
snowballさん / 2017年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後にグッとくる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冬ソナのユンソクホさんが監督だと言うのと月とキャベツに出ていた真田さんがどんな感じになってるのか見たくて見に行きました。
最初は主人公の真島さんと真田さんが偶然再会するベタなパターンだなと思いながら見ていたのですが、見て行くうちに真島さんがすごく素敵に見えてきて、家の事情で引越しをしてしまい会えずじまいだった彼女を一途に想う男性を見事に演じていた。
同時に病を患いながらも最後まで仕事の映像を撮る姿勢、またなくなった後の展示会で、彼女の手を握りたいけど握れないという映像が切なくて冬ソナにハマった人ならきっとグッとくる作品かと思った。
映画じゃなくてもDVDでもきっと満足して見られそうな気がした。

ラスカル
ラスカルさん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若いころの恋人と重ね合わせました

心も映像もとても美しい作品でした。

若いころ本当に好きだった人のことを思い浮かべながら鑑賞しました。

今の生活に不満がないわけではないけれど、家族に囲まれて、まずまず幸福で。
この生活を壊すようなことは絶対にしないでしょう。

もう一度だけあの人に再会して、再び恋に落ちることができたら……。

主人公と、かつての私たちを照らし合わせながら
現実にはできない自由に生きる私を頭の中で作り出す。

観て楽しむだけではなく、「私のもう一つの人生を体験する」ことのできる作品だと思います。

ああ、これが映画なんだ
そんなことを再認識することができました。

ふくよしや
ふくよしやさん / 2017年6月26日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ドキドキしました。

とてもステキな作品でした。
空港シーンはびっくりしました。

かん
かんさん / 2017年6月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

四十路を越えて、いろんなことが揺れてくる。 不惑などということはあ...

四十路を越えて、いろんなことが揺れてくる。

不惑などということはあり得ない。

それでも人生は続く。

風が心に吹いたことをあなたに伝えたい。

風をあなたにも届けたい。

大切な人を思い出させてくれる映画だった。

エク
エクさん / 2017年6月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと小説版の『マジソン郡の橋』を想い出しました

あの『昼顔』のようなモヤモヤ感や納得のいかなさ、後味の悪さはありませんので、ストレートに胸キュンしたい方には絶対お勧めです。

また、劇場版『マジソン郡の橋』みたいに余りにお年を召しすぎたメリル・ストリープの怪演技に戸惑わされることもありません(笑)。
(それでもパッとしない中年の、年甲斐も無いパッとしない恋とか思うお若い方はどうぞご遠慮下さいね)

同じような出会いと別れの話でも、こちらはプロットに破綻や無理を感じること無く淡々と静かに物語が進んでいきます。
初恋と結ばれない(許されない)恋の、両方の切なさと哀しさと美しさが素直に味わえました。

主演の真田麻垂美さんと眞島秀和さんの、静かで感情を抑えた大人の演技がとても好感が持てます。

特に真田さんの、物語が進むに従い、これまでずっと何かを諦め、凍らせ、封印してきたその心が次第に解けていき、初恋の彼への隠しきれない思慕と揺れる心を垣間見せていくその表情がすごく魅力的でした。
15年ぶりくらいの映画出演だそうですがとても雰囲気のある女優さんですね。

美瑛・富良野の美しすぎる景色の中で、風のさやぎや光のきらめきと共に切なく哀しく美しく紡がれていく純愛の物語。週末にもう一度映画館に足を運びたくなる良作でした。

麻布豆ゴハン
麻布豆ゴハンさん / 2017年6月21日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ゆったりとした風の様な映画

風の様にゆったりとした時間が流れる映画でした。
高校生の恋愛ものや、過激な大人の恋愛映画が多い最近の映画の中では、この様な映画は貴重かも。

hamanotorneo
hamanotorneoさん / 2017年6月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

好感を持てなああい

映画の『昼顔』がやってる裏で、B級版『昼顔』を観せられている感じ

主演の2人もパッとしないし、
これは「冬のソナタ」世代のおばちゃまに需要があるのかな?

こういう作品にお金を投資するなら、インディーズ作品を支えてほしいものだね。

北海道の画がキレイだね!
って、他の作品、いやバラエティ番組と対して変わらんわ!
韓国の俳優さんも出てないし、観光客誘致の作品に役立つとも思えない。他にも誘致のための映画あるからね。いや、向こうでは『Love Letter』みたくなるのか?

日本の観客には、需要あるの??

いやー難しいすぎて寝ちまった。
つまらんかった。

CinemaExpress
CinemaExpressさん / 2017年6月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感受性の鏡のような映像世界

ヨーロピアンでアーティスティックな仕上がり。
眼差しに優れた映画である。

作家の意識は、
見ているこちらの感受性を試すかのような、
あるいは退化した人間の感覚を呼び起こすような、
ある種の野性的な眼差しで
“五感”のその先にまで踏み込んで行く。
スクリーンは未開の(プリミティブな)、
いわば感受性の鏡のような映像世界を提示しており、
思わず目を奪われる。

人間と自然が“繋がっている”ことを
強く感じさせる映画である。

韓国ドラマのようなケレン味を期待すると裏切られる。
ユン・ソクホ監督はあくまで
「映画的」であることにこだわったのだ。
これが本当のユン・ソクホなのかもしれない。

sochawan
sochawanさん / 2017年6月8日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

風を感じた

私には記憶に残る明確な「初恋」というものがないけれども、
純粋に誰かを好きになっていた頃の
ピュアな感情が蘇りました。

春香の状況と自分が少し重なり、
彼女がどんな選択をするのか、
ドキドキしながら展開を見守りました。

ユン・ソクホ監督の作品だけあって、
映像がとても美しく、
作品全体から静かな情熱を感じました。

morinoki
morinokiさん / 2017年6月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

風は吹いても心は揺さぶられない

日本の松竹が「冬ソナ」のユン・ソクホ監督・脚本を招いて、オール日本キャストで製作した映画。

北海道の美瑛で23年ぶりに再会した初恋同士の日高と遥
しかし、遥は結婚をしていて…

何より景色は美しかった。
美しい景色の中で穏やかな時か流れる瞬間が日常を忘れさせてくれるすごく幸せ時間なのはよく分かる。

しかしこの映画には心を揺さぶられない
何より、私にはペースがあまりにもゆったり過ぎた
もっと5倍速ぐらいで観たい感じ

私の心にいつもあったのは風ではなく「ズートピア」に出てくるナマケモノのフラッシュだった
ジュディの気持ちがよく分かる

それぐらいペースがのんびり過ぎてちょっと退屈だったし、私はこの2人の恋に憧れなかった

恋を描くなら、共感でも、絶望でも、羨望でも良いから、もっと心を揺さぶられる恋を観たい

この2人の間に愛情を感じなかったんだなぁ
セリフだけが一人歩きしてる感じ

うーん。景色がキレイなだけに残念。

とえ
とえさん / 2017年6月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ユンソクホの世界

冬ソナ以来四季四部作を見てきた。
そんな世界が再現されているように感じた。特に映画の底流にずっーと「夏の香り」が漂っていた。

Hideaki
Hideakiさん / 2017年5月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ひと時のまぼろしを心にひめて生きていくのでしょうね

少し忘れかけてたピュアな気持ち、そしてとても綺麗な風景の中での再会と.二人でおりなすピュアな気持ちに自分まで溶け込んで
しまい.涙がとまりませんでした。試写会で見ることができました
事に感謝しております。
心が洗われるような不思議な気持ちになりました。
劇場公開日6月17日にはまた見に行きます。

maunaII
maunaIIさん / 2017年5月27日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

静かでもトキメク映画

最初の甘さもラストまで観ると、その切なさに胸を打つ。何度でも観たくなる映画だ。美しい景色に心が浄化された。

ビヨルン
ビヨルンさん / 2017年5月24日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi