グレイテスト・ショーマンのレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン

劇場公開日 2018年2月16日
974件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ザック、ザック、そしてゼンデイヤ、ザック!

えげつない見世物小屋の権化みたいなP.T.バーナムの人生を、夢を追う感動ミュージカルとして描く。このご時世には難しい、センシティブな題材だと思う。それが成功しているとは思わないが、はぐれ者たちが身を寄せ合う物語に音楽の高揚感が重なると、心打たれずにはいられない。多少危険な陶酔だとも思うが、エンターテインメントにはこれくらいの棘やささくれがあっていいとも思う。

そして輝いているのはなんといってもザック・エフロンである。「ハイスクール・ミュージカル」の歌って踊れるアイドルスターとして人気を博したわけだが、さすがに同じ売りでは可能性が開けないと判断したのか、得意とする歌とダンスを披露する場は控えていた印象がある。

ここでは本来のポテンシャルを久々に解放していて、歌のグルーブ感などはヒュージャク座長を上回っていると感じたし、ゼンデイヤとの相性もいい。美男美女に素直に酔わせられるのもたまにはいいものである。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年2月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 33 件)

着想の良さと音楽の魅力

まず、実在した興行師の半生をミュージカル映画で描くという着想がいい。ミュージカルの題材としてエンタメ業界は過去にもたびたび扱われてきたが、個性豊かな外見のパフォーマーたちが歌い踊るショーや、アクロバティックな空中の曲芸、美しき歌姫の劇場公演など、ミュージカルという枠組みの中で描かれることによってその魅力も輝きを増す。なるほど親和性は抜群だと感心させられる。

楽曲もポップで気分を盛り上げる。19世紀米国の話なのに現代的なアレンジが馴染むのは、エレキギターやシンセ系の音色を控え目に、ストリングスとリズムセクションを前面に出す配慮のおかげだろう。

元々オーストラリア時代にミュージカルの舞台でも活躍していたヒュー・ジャックマン。ハリウッド映画でこれほど精力的に歌い踊るパフォーマンスは、年齢的にぎりぎり間に合ったという印象。良いものを見せてもらった。

AuVis
AuVisさん / 2018年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 19 件)

大興奮のショータイム。何度観ても感動と迫力が伝わる

フォックスは『X-MEN』シリーズやティム・バートン監督の『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』でも「“人と違う”ことは一つの才能なんだ」と背中を押してくれるテーマを掲げてきた。その文脈から見て、長年X-MENを率いてきたヒュー・ジャックマンが、シリーズから身を引くのとほぼ同時期に『グレイテスト・ショーマン』でも同じテーマを訴えているのは、もはや宿命というほかないだろう。その冒頭、頭のてっぺんから手足の先まで、全ての神経が総動員された抜群の身のこなしを目撃にするだけで、瞬時に世界へ入り込める。軽やかさと力強さを併せ持つあの歌声。観客たちの力強い足踏み。そこから始まる、身分の違う少年と少女が流れるように大人になっていくシークエンスは出色の出来だ。華やかで、テーマ性も厚く、観ているだけでも興奮が伝わる。何よりも大きなパワーをもらえる。世界中で批評家よりも観客に愛されてヒットしているのも納得だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年2月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 22 件)

爆音映画祭

二回目は‪爆音映画祭で観てきました。
‪映画館じゃなくて良質のホールでの開催だったため音は別格!‬
‪聴かせる映画でもある本作品は爆音映画祭との親和性も高く最高でした!

しんげん
しんげんさん / 2018年8月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高の芸術とは

人を幸せにすることだ。byバーナム
ほんとそう思います。

タウンマーチ
タウンマーチさん / 2018年8月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミュージカル最高です!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

・良い曲ばっかりで最高でした
・ヒュー・ジャックマンの歌唱力スゴかった
・ストーリーも良かった

不知火 氷河
不知火 氷河さん / 2018年8月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たのしい

ララランドより余計なこと考えなくて済む。たのしい。バーナムは実在した人物で「空想家」と呼ばれていたとのことだが、ただの天才的にビジネスマンではなく、美しいオペラ歌手との不倫に走りそうになるあたりは人間臭さも同時に感じられて良い。

フィリップの両親から黒人差別を受ける空中ブランコ乗りのアンが、フィリップの手をほどいて逃げ出すシーンの可愛さは異常

shoz_
shoz_さん / 2018年8月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

曲が最高

曲が良くって最高にテンション上がった。
だけど寄せ集めのメンバーが努力無しにいきなり踊れたりと、飛躍してる部分が多くてあまり感情移入出来なかったなぁ。

R。
R。さん / 2018年8月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

成り上がる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

興行師、P・T・バーナムのことは白紙の状態で視聴しました。

労働者階級の息子 P・T・バーナム(非上流階級)が興行師としての才覚で、閑古鳥の鳴く博物館から、フリークスを使ったサーカス・ショーで一山当て一角の成功者に成り上がるまで。

P・T・バーナムという人物がショービジネスの世界で、
「一角の人物になりたい(成功者になりたい)」
「利用できるものはなんでも利用してやる(フリークスをショーの出し物にした)(批判的な記者の記事をショーの見出しに使った)(街の反対派たちでさえショーの話題作りに利用した)」
といった山師のイメージが強く、もう一つ好きになれませんでした。

不死鳥
不死鳥さん / 2018年8月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

俳優陣の努力が目に見えてわかる素晴らしい映画。監督はだいぶ踊らせた...

俳優陣の努力が目に見えてわかる素晴らしい映画。監督はだいぶ踊らせたなぁと思った笑

もともとハードルが高かっただけに、そのハードルを越えるまではいかなかったかも。

aco
acoさん / 2018年8月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あなたこそグレイテスト、ヒュ~、ヒュ~!

ヒュー・ジャックマンの芸達者ぶりに脱帽。
ささやくような歌声がシビれるネ。
冒頭からエンジン全開で夢の世界に引き込まれる。
台風が近づき雨模様の平日の昼間に、ギンレイホールを満員にするパワーあり。
フリークショーをゴージャスに魅せるオリジナリティも凄い。

旅するランナー
旅するランナーさん / 2018年8月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

物足りなさを感じるテンポの良さ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

遅ればせながら見て参りました。
主演のヒュー・ジャックマンは当然のごとく素晴らしかった。レ・ミゼラブルでもならした美声に渋い表情、ハッとする熱いまなざし。
音楽もララランドのど安定コンビで各シーンを存分に盛り上げる。
映画館で見れて良かった〜、と思う反面、鑑賞後振り返ると「ずいぶんあっさりした映画だった」という感想になった。

まず、テンポが非常に良く進む。悪いことでは無いんだけど、各シーンがどんどん流れていってさっきまで見ていたものに対する視聴者の感情が置いてきぼりにされる。気分が追っつかないのだ。
そして、肝心のショーそのもののシーンが全然無い。歌であっさり流すんじゃなくってちゃんとサーカスやってるとこを見せて欲しかった。歌って踊ってばっかりでフリークの人たちがそれぞれお客に何を見せているかが少な過ぎる。サーカスそのものは「ショービジネスやってます」感を出すためのちょっとした要素だ。
PとDとで見せたい内容に違いがあったんだろうか。監督や脚本家的には「主人公と奥さんの話」として描いていて。でも視聴する側が期待していたのはもっとエンターテイメントな部分。

プロットとしてはありがちなハリウッドのサクセスストーリー。そう感じるのは恐らく脚本が妙を発揮したかった部分を小気味よく編集で切ってるからか。

その分各カットのギミックの妙が光っていた。
新婚夫婦が屋上で歌うシーンの踊りに合わせて風に舞う洗濯物、若手プロモーターを口説くシーンのバーでのショットグラスのやり取りなど、画作りで面白いこと考えるなあと感心する。
カメラワークや構図にゾクゾクするような天才性を感じるタイプとは違うが、見ているだけで画面が楽しいのは監督がアイディアマンなのだろう。

本作の最大限に惜しいところは、ラストシーンに向けての盛り上がりに欠けているところ。
全てを失い、それでも残ったものを再発見し、劇場がない?ならテントでやるぞ!
ってところで次のシーンではもうテントの中で最後の歌を歌ってる。そこはテントが立ち上がりサーカスが復活する部分をもっと大々的に見せて欲しかった。OPに繋げるなら繋げるでもっと関連性を強調すべきなのに、事後的に「仲良くなったよの図」を見せられても、「あ、もう解決しちゃってるの?」と拍子抜けだ。
この終わり方のおかげで作品全体も「あっさり」の印象になってしまった。
尺の都合でああいう編集にせざるを得なかったのかな。

総評としては、雰囲気素敵なんだけど惜しいミュージカル、となりました。

ひかり
ひかりさん / 2018年8月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

映画館で観たかった!

最高のエンターテイメント。
ミュージカルって素晴らしいです。
サントラ欲しい。

低評価をつけてる方達もいますが、この映画はあくまでもミュージカルなので、人間ドラマを見たければジャンル違いなのでは…

わたしは人間ドラマも好きだけれど、この作品は気軽にミュージカルエンターテイメントとして観ることをお勧めします!

ゆずっきー
ゆずっきーさん / 2018年8月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

都合よく改変されてる(;o;)

都合よく改変されてる(;o;)

ぱんなこった
ぱんなこったさん / 2018年8月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

曲、パフォーマンスが一流 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ストーリーはラ・ラ・ランドを超えられなかったと思う。だけど一流のパフォーマンスが見られた。あれはもっと評価されるべきだと思う。

桜井杏奈
桜井杏奈さん / 2018年7月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

拍手

ミュージカルが何個も織り込まれていたが、終わるたびに拍手したくなる、すばらしいミューズカルを見ているような映画。ところどころ眠いシーンもあったのでこちらの評価で。

あつた
あつたさん / 2018年7月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歌と役者の熱に呑まれる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

タイトルにつけた通り歌、そして役者達の熱気がスクリーンから伝わってくる!この熱は歌の完成度に加えそれを歌う役者のファミリー感が織り成すもの。事前の練習風景などが某動画サイトに流れていますがその様子を見るだけで目頭が熱くなってくる!もちろん映画の中でもミュージカルシーンは圧倒的!開始1分で泣けますからね。
ただ、その熱に浮かされて盲目になってない?歌の完成度に対してシナリオや演出が追いついていないのでは?
主題歌として選ばれてる“This is me”は団員達が各々のアイデンティティを高らかに叫ぶ素晴らしい歌です。本来なら主題歌として置いているこの歌を映画の軸として語るべきだと思うのですが、話自体の中心はバーナムの家族の話、フィリップの恋愛の話この二つです。イヤ〜違くない?バーナムの「どんなハッタリでもいい!人を楽しませてこそのエンターテイメント、グレイテスト・ショー!」という思いを体現しているのは団員でしょ?そしてそこに見た目や階級の垣根はない!が映画で語るべきことなのでは?
家族の話は早々に終わらせるか、なんなら愛想尽かされて出て行っちゃうとかでもよかったと思うんですよ。そこでバーナムが本当の意味でのグレイテスト・ショーマンになれたんじゃないのかな?実際そんな人物だったわけだし。入れるにしてもまだまだ技量足りないでしょ。
冒頭に述べた通りミュージカルシーンは最高なんです、だからこそ魅力を相殺しあってるこの食べ合わせに気付くべきですよ!だってもったいないもん!

Isamu Rhime
Isamu Rhimeさん / 2018年7月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SINGに似てる

アンチ・トランプの流れの中、まさに異端者の権利を音楽にのせて謳った作品。
夢しか持たない男が、髭女や巨人・小人など異端故に権利と自由が持てない人々を集めて興行をする。
異端ということは他にないオリジナルということであり、その物珍しさで興行は成功する。
主人公はフリークスではないが、夢と情熱の化身という意味では彼自身も異端者である。実際、成り上がり者としてセレブの間で異端視されている。

そんな彼が判断を間違うのは、見世物ではなく本物を観客に見せることで自分も一流の仲間入りしようと画策することだ。
一流のシンガーを使って興行をして、苦しい時の自分を助けてくれた仲間を見捨ててしまう。成功を掴むには他にないオリジナルが大事なのに、それを忘れて平凡なプロデューサーに堕ちてしまう。
天罰が下るように全てを失う悲劇が・・・

るるびっち
るるびっちさん / 2018年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミュージカル映画なんて…が覆った。

タイトルに尽きます。

これまで地味な邦画が好きだった私に
ミュージカル映画は無縁でしたが、
この作品で考えを改めさせられました。

映画館の音響で歌やダンスの息遣いを
見られることの醍醐味を感じさせてくれる作品。

即・サントラもダウンロードです♪

ぽん
ぽんさん / 2018年7月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後味のいい映画

家でdvd鑑賞。

話の中身は大したことない映画。
ミュージカル以外のストーリーは眠たくなってしまった。
でもこの映画は音楽がすごく良かった。
終わったあとも耳に残り、youtubeで何度も繰り返し聴いてしまう。
サントラ買おうかな。

こういう余韻に浸る映画は久しぶり。

みみたろ
みみたろさん / 2018年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

974件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi