グレイテスト・ショーマンのレビュー・感想・評価

グレイテスト・ショーマン

劇場公開日 2018年2月16日
1060件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ザック、ザック、そしてゼンデイヤ、ザック!

えげつない見世物小屋の権化みたいなP.T.バーナムの人生を、夢を追う感動ミュージカルとして描く。このご時世には難しい、センシティブな題材だと思う。それが成功しているとは思わないが、はぐれ者たちが身を寄せ合う物語に音楽の高揚感が重なると、心打たれずにはいられない。多少危険な陶酔だとも思うが、エンターテインメントにはこれくらいの棘やささくれがあっていいとも思う。

そして輝いているのはなんといってもザック・エフロンである。「ハイスクール・ミュージカル」の歌って踊れるアイドルスターとして人気を博したわけだが、さすがに同じ売りでは可能性が開けないと判断したのか、得意とする歌とダンスを披露する場は控えていた印象がある。

ここでは本来のポテンシャルを久々に解放していて、歌のグルーブ感などはヒュージャク座長を上回っていると感じたし、ゼンデイヤとの相性もいい。美男美女に素直に酔わせられるのもたまにはいいものである。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年2月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 42 件)

着想の良さと音楽の魅力

まず、実在した興行師の半生をミュージカル映画で描くという着想がいい。ミュージカルの題材としてエンタメ業界は過去にもたびたび扱われてきたが、個性豊かな外見のパフォーマーたちが歌い踊るショーや、アクロバティックな空中の曲芸、美しき歌姫の劇場公演など、ミュージカルという枠組みの中で描かれることによってその魅力も輝きを増す。なるほど親和性は抜群だと感心させられる。

楽曲もポップで気分を盛り上げる。19世紀米国の話なのに現代的なアレンジが馴染むのは、エレキギターやシンセ系の音色を控え目に、ストリングスとリズムセクションを前面に出す配慮のおかげだろう。

元々オーストラリア時代にミュージカルの舞台でも活躍していたヒュー・ジャックマン。ハリウッド映画でこれほど精力的に歌い踊るパフォーマンスは、年齢的にぎりぎり間に合ったという印象。良いものを見せてもらった。

AuVis
AuVisさん / 2018年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 21 件)

大興奮のショータイム。何度観ても感動と迫力が伝わる

フォックスは『X-MEN』シリーズやティム・バートン監督の『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』でも「“人と違う”ことは一つの才能なんだ」と背中を押してくれるテーマを掲げてきた。その文脈から見て、長年X-MENを率いてきたヒュー・ジャックマンが、シリーズから身を引くのとほぼ同時期に『グレイテスト・ショーマン』でも同じテーマを訴えているのは、もはや宿命というほかないだろう。その冒頭、頭のてっぺんから手足の先まで、全ての神経が総動員された抜群の身のこなしを目撃にするだけで、瞬時に世界へ入り込める。軽やかさと力強さを併せ持つあの歌声。観客たちの力強い足踏み。そこから始まる、身分の違う少年と少女が流れるように大人になっていくシークエンスは出色の出来だ。華やかで、テーマ性も厚く、観ているだけでも興奮が伝わる。何よりも大きなパワーをもらえる。世界中で批評家よりも観客に愛されてヒットしているのも納得だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年2月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 25 件)

The Greatest MV

世界最高峰のミュージックビデオ!
ちょっとミュージックビデオにしては長いなという印象も受けたが、それを覆すぐらいのクオリティー。まずシンガーとダンサーの多さ。ここまでの人数を揃えてミュージックビデオを作り上げるなんて、すごい度胸。さらに映画俳優のヒュー・ジャックマンとザック・エフロンまでキャスティングするなんて、このミュージックビデオに賭ける思いが違う。ミュージックのメッセージ性とリズム感をうまく利用した素晴らしい編集とVFX。シネマとグラフィーもステージ性と今流行りのティール&オレンジも使いまさに現代のMVでした。まるで、映画のようなクライマックスも見どころです!

え?これ映画なの?
ミュージックビデオじゃなくて、映画なの?そんなわけないじゃん。もしそうだとしたら、ただ、ミュージカルという最近の流れにのって、見せかけの多様性というテーマを横にちょん、と添えただけの薄っぺらい映画じゃん。まさに作品中でも出て来た「フェイク」でしょ。見せかけのストーリーとキャラクター。歌って踊れる俳優さんたちに変な衣装着させて、かっこよく撮ってるだけでしょ?
え?正解?どういうこと?え?皮肉的に自分たちの映画の薄っぺらさを使って、現代の映画業界に警笛を鳴らしているということ?ヒュー・ジャックマンという引退したヒーリーをザックエフロンというハイスクールミュージカルで若者を賑わせたミュージカル俳優をあえて使って?全く中身の見えないキャラクターたちとストーリーはまるで、アベンジャーズみたいだって?そのメッセージ気付かなかったわ。
さらにクリストファー・ノーランの名作”プレステージ”(2006)とキャラをかぶせて、溺死する映画たちを表現しているのか。すごい作品だ。

え、考えすぎ?そんなこと考えて作られてないって?じゃあなんで皆、この映画最高だって言ってるわけ?
「アベンジャーズ最高って言ってるのと一緒だよ。」
あー、納得。映画業界このままじゃやべえな。

vary1484
vary1484さん / 2019年3月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ゴミ!!!

なにが面白いんだこれ!

変人を集めてサーカスしたら難なく成功して
ちょっと上り調子になったら出来合わせの苦悩。

ストーリーに厚みがない!
褒められるとこは音楽だけ!
まぁミュージカル映画なんだから当たり前か

ツッコミどころが多いけど一番意味不明なのが主人公のパーナム自身が差別主義者なこと。それに対する説明は一切無く、製作陣はそれを掘り下げる気すら無い
ミステリーだねぇ

000
000さん / 2019年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通。 主人公の境遇紹介、とんとん拍子の成功、成功からの転落、転落...

普通。
主人公の境遇紹介、とんとん拍子の成功、成功からの転落、転落からの一発逆転。ハリウッドの教科書通りの脚本で特にひねりはない。
朝ドラで1年間みたいにやるのであればもう少しキャラクターの深堀りできただろうが、1時間半では大して何もできず。
実在の人物を扱うにあたって多少の脚色はあってしかるべきだけど、当時は見世物としての「フリークス」だった時代背景考えると素直に褒められないレベルの脚色だなと感じてしまう。
音楽とダンスがいいってのはあるかもしれないけど、ミュージカルとしてはまあこんなもんでは・・・? 可もなく不可もなくという印象。映画館で観たら印象が違うんだろうか・・・?

閑
さん / 2019年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キレのあるダンスと、歌が最高‼️

ミュージカル映画って、どうしても眠くなっちゃう、、、って方多いと思います😵
私自身もその1人でしたが、こちらの映画は、最初から最後まで目が離せなかった‼️

ダンスがとにかくカッコいい✨✨
そして、歌唱力に圧倒されました😆❤️❤️

個性あるキャストメンバーたちの、
実話とは思えない感動ストーリーにとても心動かされました😃

特に、「This is me」という曲は、どんな見た目に生まれようと、私は私である事は変えられないし、誇りを持って行きていこうというメッセージが、とても感動したし、芯の強さを持って生きる事の格好良さを感じました✨✨

即、サントラ購入しましたー🥰

夢を追いかける事の素晴らしさと、
仲間の大切さを感じられるストーリーでした❣️
何度見ても飽きないです👍

渕上真希
渕上真希さん / 2019年3月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夢と幸福

ヒュー・ジャックマンの歌と演技、物語のメッセージ性など見るべきところは多くあるが、僕はバーナムとチャリティの求める幸福の違いに着目したい。
バーナムは最初にチャリティに約束したような、普通ではない成功を求める。そして物質的な成功を得たら今度は尊敬と名誉を求めて行動を起こす。他人から求められたわけではないのに。それに対して、チャリティは結婚直後の貧しい生活の中に幸せを感じることができるし、それ以上のものがあったとしても今の幸せが壊されるのを恐れる。チャリティが「普通」であること、不幸ではないことに幸福を感じるのと反対に、バーナムは困難な目標を設定してそれをクリアして普通ではない成功を手に入れることに幸福を見出す。
このように、そもそも「幸福」とは言ってもその内容は全く違うのであり、相入れることはない。
これはバーナムとチャリティの姿を借りて男性と女性の価値観を象徴しているのではないか。
また、この2人以外にもそれぞれの形の幸福を求める人物が登場する。そのため、観る人はこの映画の中で1人または複数の人物になりきって没入することができる。
この視点でこの映画を観ることで、登場人物を立体的に見ることができた。

Sadahiro Kitagawa
Sadahiro Kitagawaさん / 2019年3月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

個人的には好き

少しうまくいきすぎている感はあるが、後味がすっきりしている。
不快な要素はほとんどなく、テンポよく話が進む。
ストーリー性はそれほどだが、迫力と歌で何とか保てている感じ。

yta07
yta07さん / 2019年3月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中で食傷気味に陥る ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

開始30分はめちゃくちゃ面白い

だけどそこからの持続力はない

最後で主人公が聖人みたいな扱いで終わるのはすごい違和感
結局どこまでいっても金儲けしか考えてない男でしょう?

全体的に曲はレベル高い
ミュージカル映画は曲がよくてなんぼだと思ってるんだけど
なんでかなあ、
なんかおしい映画

スクワラ
スクワラさん / 2019年3月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミュージカル嫌いでも無問題

元々ミュージカル映画はあまり得意ではなく、昨年公開の『ラ・ラ・ランド』も評判が良かったのはわかっていても、どうにも観る気になれなかったのだが、これは観て正解、いや大正解だった、

もう、開始早々引き込まれた。

見世物小屋で一儲けしようとする、なんとも微妙な設定には共感できないものの、そんなのどうでも良いくらショーや歌のシーンが素晴らしかった。

特にレベッカ・ファーガソン演じる、スウェーデンのオペラ歌手ジェニー・リンドが唄う「Never enough」に心を鷲掴みにされ、さらに圧巻はキアラ・セトルの「This Is Me」。

圧倒的な歌唱力に、冗談抜きで鳥肌が立った、

あまり映画のサントラ版を買うことはないが、これは買わずにいられない。

一方で、話の展開は先を急ぐあまりに、随所で端折り気味で、あっさりとした感じが否めなかった。

もう少し時間を取って、丁寧に進めた方が良かった。
やはり全体で2時間は必要だ。

『レ・ミゼラブル』以来のミュージカル映画だったが、ホント良かった。

META坊
META坊さん / 2019年3月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかったー! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画の席も抑えてたし、レンタルも何度もしたのに見る機会を逃しに逃しまくってたこの作品をやっと観ることができました。
もぅ、感動して、感動して、涙がポロポロ出てきました。
身体に様々な特徴を持つ人々をステージに上げ、見世物のように思われましたが、人の目から隠れるように生きてきた彼らに居場所を作り、これが私!と思える人生を与えたバーナムに感動です。
自分も貧しい生活から這い上がり、幸せが見えなくなるほど成功に目がくらみ、つまづき、焼け跡から再スタートを切る人生も、ヒューが演じるからこそ、嫌味のない魅力的な人物に描かれていました。
私的には、アカデミー作品賞のサワーズカメカメシェイプオブウォーターより、よっぽど好きです。

なた
なたさん / 2019年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初めて良いと思えたミュージカル映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これ観るまでは正直ミュージカルは全然興味なかったけど、学校の授業で見てから、結構見るようになった。
自分にコンプレックスを抱いている人達が「This is me!」と自分のことを受け入れていく所はとても感動したし、勇気を貰いました。
起承転結もしっかりしていて見やすかったし、挫折を繰り返しながら成功を掴むというものはベタだけど面白いのは事実。音楽は元気をくれるということをこの映画で確信しました。
比べるのはおかしいかもしれないけど、ララランドよりも良かった。やっぱりミュージカル映画は暗い場面があっても最後は明るく終わってくれた方が観ていて元気が出るし、自分も頑張ろうって思う。
ちょっと自分に自信が持てない人、ミュージカル好きは絶対見るべき!!テレビとかタブレットでも十分楽しめると思います。

Mathieu
Mathieuさん / 2019年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

引き込まれるしかない

音楽とのマッチングやばい
思わず身体が動く感じ。

「中身のない映画」って人に言われたけど、
自分を信じて見てよかった~

映画館で見れなくて、あきらめてたけど
目黒シネマが有能で、見れた!!!

観た後も、余韻がすごくて、ずっと曲聞いてる。

ふぁむふぁむ
ふぁむふぁむさん / 2019年2月25日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サウンドトラックを買いに行こう

音楽が素晴らしい。ショーのシーンは圧巻。

ヒュー・ジャックマンはセリフなのか歌っているのか聞き取れない事が何度かあってちょっと残念だったけど、きっとまた見る。

おこげ
おこげさん / 2019年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ユニークな人間」

最高に面白かった。「ユニークな人間」を、私も目指そうと思います。

ピケ男
ピケ男さん / 2019年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像と音楽が素晴らしい! 映画館で見るべき映画!

映像と音楽が素晴らしい!
映画館で見るべき映画!

D
Dさん / 2019年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歌やパフォーマンスシーンは素晴らしい

ストーリーは、金儲け主義のバーナムの人間性に??だし、ザック・エフロンと美し過ぎるゼンディヤのロマンスもメロドラマ過ぎるけれど、飽きさせない展開で楽しめた。

Y
Yさん / 2019年2月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

飛行機で鑑賞

好きな所:プライドより...
嫌いな所:特には無い
再鑑賞:有り

カトカツ
カトカツさん / 2019年1月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽とダンスは素晴らしいけど、ストーリーが美化しすぎ

19世紀のアメリカで、幼なじみの妻チャリティと娘2人の家族と共に、成功や失敗を繰り返しながらショービジネスで働き築いてきた実在する興行師P.T. バーナムを描いたミュージカル映画。

最初、ヒュー・ジャックマン演じるP.T. バーナムが登場し歌い出すシーンから始まり、始まった瞬間から、この作品の世界観に引き込まれ魅了されました。
映画と同様に洋楽も好きなので、音楽とダンスと俳優の歌声は素晴らしい。出演している俳優のパワフルな歌声を聴いていると鳥肌が立つぐらい素晴らしい歌唱力でした。でも、鑑賞後に知り調べて分かった事ですが、1番素晴らしい歌唱力だと思ったオペラ歌手ジェニー・リンドを演じたレベッカ・ファーガソンの歌声が吹き替えだったのが残念。やはり本人の歌声で演じてほしく聴きたかった。でも、鑑賞当時は吹き替えだと分からなかったので、あたかも自分が歌っているかのような演技をしたレベッカ・ファーガソンの演技力は素晴らしい。

音楽とダンスと俳優の歌声と演技は素晴らしく良かったけど、ストーリーの展開・演出がいまいち良くなかった。上映時間が決められているせいなのか次へ進む展開が速すぎて、1つ1つのシーンが丁寧に描かれていないのが悪かった。
あと、巨人や小人や髭を生やしている女性等、オンリーワンの個性を持つ人々(フリークス)を集めたサーカスのショーも、ミュージカル感が出しすぎなのか、サーカスのショーらしくはなかった。唯一、ゼンデイヤが演じたアンの空中ブランコのシーンは素晴らしくサーカスらしいと思いました。
そして、ザック・エフロンはかっこいい。

この作品は、音楽だけではなく、もう少しストーリーにも力を入れて欲しかった。ストーリーが良く見せすぎで美化しすぎなのも違和感がありました。ミュージカル映画ではないのですが、同じオンリーワンの個性を持つ人(フリークス)の事を描いたデヴィッド・リンチが監督した『エレファント・マン』の方が、凄く丁寧にストーリーを描いていて美化されず本質をついている作品なので、『グレイテスト・ショーマン』よりかは『エレファント・マン』の方が個人的に評価が高い。

洋楽のミュージック・ビデオを凄く豪華にした感じの作品だと思いました。

IsabelleMovie
IsabelleMovieさん / 2019年1月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1060件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報