ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれたのレビュー・感想・評価

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた

劇場公開日 2018年5月11日
34件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

より強く。

『パトリオット・デイ』と同じボストンマラソンでの爆破テロの話だけど、むしろテロに遭った個人と元恋人の物語で、意外や『ビッグ・シック』と印象が近い。

邦題の「ボストン・ストロング」は、ボストン市民同士がテロに負けずに団結しようと呼びかけあうスローガンだが、実際に映画がフォーカスしているのは、「ボストン・ストロング」の象徴として英雄に祭り上げられてしまった主人公の葛藤だ。

原題は「Stronger」。「ボストン・ストロング」という標語でも「英雄」でもなく、ひとりの個人として悲劇を乗り越えるための「より強く」。その等身大な視点がこの映画の魅力だと感じているので、もし自分みたいに「感動を呼ぶテロの実録もの」という先入観を持っていたとしたら、その印象は一旦捨ててプレーンに観てほしいところです。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年5月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

感情の振り幅が広かった

爆発の被害で足がなくなったのが彼女の応援に行ったから、ということで彼女の気持ちに立つと涙が溢れるけど、主人公のヤンキー家族の振る舞いや自暴自棄になった主人公が従兄弟にアクセル踏ませて車を運転するシーンは軽蔑する…。

まあ、これがアメリカの若者なんだろうか…?
そして、英雄になってはないと思うんだけど…。

ジェイクの足はどうやって撮影したんだろうか。
そっちの方が気になる!!

soleilヾ(´ε`○)
soleilヾ(´ε`○)さん / 2018年11月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

逃れられない使命がある。

初めに、ダメな僕だから英雄になれた。
ってサブタイトルいるかな?
英雄になる。と言うのは主人公の意図と反してる
気がします。

結果的に周りの人を勇気付ける存在になり、
主人公にも自覚が芽生える様は感動したけど、
英雄になれた。とは思ってないはず。
ただ前を向いて生きる事が、何処かの誰かの勇気に
なるのかもしれないと考えを改めることに親近感を
覚えた。

アメリカ万歳的なテロで足を失ったけど、
紆余曲折を経て英雄になる。って話かと思ってたけど、
ただの被害者なのに、ボストンストロングの象徴と
される事に戸惑い、逃げて逃げて周りに迷惑んかけ、
俺は被害者だぞ!と捻くれて、
どうしようもない奴だけど、
そこがリアルで、作られたヒーローじゃないことに
応援出来るなぁと思えた。

主人公はラストこそ自覚が芽生えて成長を見せてくれた
けど、発言などは何かフニャフニャしてて好きなキャラではなかったな…
お母さんの自分大好き、周りのことなんて知らん。
と言うキャラはとても良かった。

ジェイクギレンホールは凄い。
時にはヒーロー、時に悪い奴、普通の旦那も出来て、
ムキムキの格闘家かと思えば、今回は
両足を失ったガリガリの卑屈な兄ちゃん。
毎回、今回はどんなキャラなんだろうと、
その変化にワクワクする。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年11月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人は互いに活かし活かされながらこの世界で生きている

テロには特別厳しく対峙する、元世界の警察と言った触れ込みをしていたアメリカならではの映画だと感じた。
2013年のボストンマラソン起きたテロ事件だけに、事件を今尚記憶している人も多い事だろうが、本国アメリカではこんな実話が有ったとは全く知らなかった。

しかし、私など日本人が訪米すると田舎町では今でも「リメンバーパールハーバー」と言われる事がある程テロには神経質な国民性がある。
それ故、テロ被害者で有り、テロの目撃者でもある人物がテロ逮捕に貢献したともなれば、誰もがヒーローに祭り上げたい気持ちは判らなくもない。

その一方で、突然イラク戦争へ行ったわけではないのに、両足を一瞬の出来事で失ってしまう青年の人生に起きた怒りや悔しさ等の葛藤は容易に想像出来る。
そして、そんな突然の不幸を強いられた息子を不憫な余り、ヒーロー扱いしていく両親の気持ちも何ともやるせない気持ちになる。
そしてその両者には何時しか心の壁が出来てしまうのも自然の流れなのだろう。
でも、この映画で一番心の痛みを抱えながら強く生きようと努力したのは元恋人のエリンではないだろうか?
ジェフも始めは、元カノがマラソンに出る事で応援に行ったのは自己責任。しかもテロに遭うのは予想外の運命の悪戯だと自覚しているが、やはり自分の怪我の苦しみから、何時しか、彼女に対しても恨み節を吐くようになるのも自然である。
登場人物の総て人達の気持ちが理解出来るような事だけに、本作は非常に観るのが辛かった。

しかし、終盤ジェフは家族を突然失い、その苦しみを乗り越えた人物と出会う事で生きる希望を見つける。イラク戦争で弟を亡くしたと言う野球選手である兄に出会い、更に生きる希望を得る。
この世の中には残酷で、他者には理解出来ないような冷酷な事件を引き起こす人が存在する一方でまた、様々な苦しみを乗り越える姿で、人に希望を運ぶ救世主となる人間も存在する。
人の人生には人知を超えた神の計画が存在しているのかも知れないと考えさせられる作品だった。

実話であるだけに説得力のある物語をジェクギレンホールが演じていて共感が持てる作品となっていると思う。何故かこう言う役は彼には凄くシックリとくる気がする。
実話だけにジェフとエリンの2人がハッピエンドである事がせめてものの慰めであった。

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2018年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛すること、愛されること

ボストンマラソン爆弾テロ事件実話。
テロに巻き込まれ両足を切断した主人をジェイク・ギレンホール。
愛すること、愛されることで痛々しくもその苦悩を乗り越えていく様を演じています。

miharyi
miharyiさん / 2018年10月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストロンガー

テロで両脚を失いながらも犯人逮捕に貢献したジェフ。英雄と呼ばれる裏で彼の心は蝕まれ…。
自伝を基にした映画。身体の一部を失ったにも関わらず、強くある事を求められる男の物語。命を救ってくれた終カルロスの語りが問答無用で心に来る。

shotgun
shotgunさん / 2018年10月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脚喪失から自我の喪失

ボストンマラソンでのテロ事件で生き残り、犯人目撃発言から英雄視されるようになった男がただでさえ脚を失ったのにそこから英雄として祭り上げられ、シンボル扱いされアイデンディティまで失いかける、見ていて痛ましい実話。
ジェイク演じる主人公を取り巻く家族・親戚達の身勝手さと煩さが本当に煩わしくて、マジでこんなんだったの?気が狂うわ!と苛々。自分がエリンだったらと思うと、手っ取り早く感動的にお礼を述べて街から引っ越してしまいたくなりそうである。
実話がもとなだけあってディテールに凝った脚本だと思うけど、いかんせん長い。目を覆いたくなるシーンの数々には途中で疲れた。

幸ぴこ
幸ぴこさん / 2018年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間は弱く強い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ボストンマラソンの爆発事故で両脚を失ったジェフと恋人、家族、友人との交流や対立、立ち直るまでを描いている。PTSDや不自由な体で何度も挫折し、また立ち上がるジェフの心の葛藤が良く描かれている。

Takashi
Takashiさん / 2018年10月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きる勇気

ジェイクギレンホールの見事な演技に魅了された。逆境に負けそうになりながら試練を乗り越えていく姿が素晴らしく、生きる勇気を与えられる感動作。人生には生きる希望が大切であることを改めて痛感すると共に何度も胸が締め付けらる思いになった。
2018-125

隣組
隣組さん / 2018年7月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動作品!!

完全にジェイクギレンホール、目当てで観ましたが、ジェイクの演技力が素晴らしかった!!ボストンマラソンで実際に起きたテロ事件がベースなので、リアリティもあり、観ていて苦しいシーンもありでした。感動作で涙でした

トムのり
トムのりさん / 2018年7月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこまでダメな奴じゃない

感動しました。ジェイク・ギレンホールは具合悪そうな顔だけが上手ですね。
実際の母親はあんなに酷くないと信じたい。

ʕ•ᴥ•ʔ
ʕ•ᴥ•ʔさん / 2018年6月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フォレスト・ガンプ

最悪な日本題だったが、ギレンボール主演の映画は大丈夫だろうと思って鑑賞。実話のためにドラマチックな展開では無かったが、本人も家族役の方々も好演。単に足を失った青年の努力ストーリーでは無いことが却って良かった。フォレスト・ガンプ絡みのところは笑えた。

hanataro2
hanataro2さん / 2018年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当の強さとは・・・

下手な脚本だと人物の感情を台詞で説明してしまう。
主人公をテロの被害に巻き込んだ為、恋人は罪悪感を持っている。
下手な脚本なら「私のせいでこんなことに…」と説明してしまう。
恋人のボストンマラソンを応援に行って、主人公は爆弾テロに巻き込まれたのだ。
しかし本作では恋人は罪悪感と共に、いつもはルーズで約束を守らない癖にこんな時に限って応援しに来て爆弾に巻き込まれた主人公に対して、戸惑い、不条理、苛立ち、謝罪、割り切れなさを感じている。
複雑な感情はひとつの台詞にすることは不可能だし、それを表現するのがすぐれた俳優である。
「私のせいで」と説明するのは、作り手側が状況を伝達しているだけで人物の感情を表現することにはならない。
だから体全部を使って、言葉にならない複雑な感情を表現するのが良い演技といえよう。

家族が多い。これが主人公の苛立ちのひとつ。一人になりたくても中々なれない。家族は皆、彼を心配しているが理解の配慮が足りない。
朝、不自由なのでベッドから落ちて唸っても、男だからあんな体になっても「マスかいてる」と誤解される。トイレットぺーパーの距離が遠くて便器から転げ落ちるなど、バリアフリーへの配慮がなっていない。そんな苛立ちを喚きたくても四六時中家族が居るので、タオルで口を塞いで聞こえないよう配慮しながら喚く始末。配慮するのは家族の方だろう、主人公が不憫である。

被害に遭いながらも、犯人逮捕に尽力した主人公を市民は英雄視する。
母親は、息子が英雄ということで承認欲求が満たされて喜ぶ。
そんな彼らの無神経ぶりに主人公は心を痛め疲弊する。
本当はルーズでいい加減で臆病な自分と、外で英雄として振る舞わなければならない自分とのギャップに苦しむ。
夫に罪悪感を感じている妻(事故後結婚する)が、彼の弱さを指摘するのは中々勇気のいる行為だ。罪悪感からそこは目を瞑りがちだが、愛情があるなら指摘した方が良い。彼には元々、面倒なことを回避する癖があるのだ。
主人公も市民も家族もみな自分のことしか見えていない。唯一相手の事が見えていたのは、この妻だと思う。妻は夫の糞便の処理までしている。だからこそ言いにくいことまで言えるのだ。介護ストレスで逆切れして厳しいことを言ったのではない。

自分しか見えておらず被害者意識しかなかった主人公が、後半に変わる。
無神経に思えた市民も母親も爆弾テロで怯え傷ついているのだ。
主人公は足を失ったが、市民たちもそれぞれ何かを喪失している。家族を失った者も居るし、平穏な日常を喪失した者もある。
そのことに気づいてから、主人公は皆の勇気になることを受け入れる。
本当の強さは自分の弱さを認めた人間だ。
外に出て互いに勇気を分け合い、悲しみを共有する。影響し合うことが人間の社会生活には必要なのだ。自分の喪失したものにしか目を向けていなかった主人公が、他者とのふれあいの中に生きる力を見出すのだ。

るるびっち
るるびっちさん / 2018年6月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

#JakeGyllenhaal だから観た作品。素直に感動しました...

#JakeGyllenhaal だから観た作品。素直に感動しました。と言うか、号泣しちゃいました。邦題はダメダメだけど、内容はとても良かったです!(このダサいサブタイトル付ける必要あったんですかね?)

にいみくん
にいみくんさん / 2018年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話

テロにより両足を失った主人公が困難を乗り越え人生を前へ進める
様々な人に支えられ成長する主人公
何度もぐっとくるシーンがあった
この作品を観て、体に不自由のない私と主人公を重ね色々考えながら作品を観ていた
考えさせられた作品

めぐ
めぐさん / 2018年5月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカならではの感動

テロをメインにした話ではなく、一人の人間と彼を取り巻く周囲の人間の生きる姿を描いた力作。多くのメッセージが込められたストーリー展開には一気に引き込まれました。アメリカならではのアメリカ的な展開に、人間模様をしっかり捉えた演出には予想していた以上に感動させられ、最後は涙があふれてしまいました。ジェイク・ギレンホールのダメ男ぶりが見事にはまっていて、やっぱりこういう役柄は彼に演じさせるとピッタリはまるなぁと感心。
それにしてもサブタイトルがネタバレになってるんじゃないの?って、実話を基にしているとはいえ、もうちょっと何とかならないんでしょうかね。

むっしゅ
むっしゅさん / 2018年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカンヒーローか?

テロとか事件に巻き込まれてしまったが、思わぬ英雄に祭り上げられたダメダメ家族
アメリカでは、こうなるのか
日本ではこうはならない
マスコミはこうしたほうが嬉しいんだろうな

Daikokumai
Daikokumaiさん / 2018年5月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

他人の痛みを知って人は強くなる

ほぼほぼ泣きっぱなしだったわー

実話の映画化。
2013年に起きたボストンマラソン爆破テロの被害に遭い、両足の膝から下を失ってしまったジェフ・ボーマン

彼がテロに遭った時から、肉体的も精神的にも立ち直っていく姿を描く

これは、ちょうど一年前に公開されたマーク・ウォルバーグ主演の「パトリオット・デイ」の後日談といったところか

テロについてはほとんど描かず、その後、ジェフと共に立ち直っていくボストンの街を背景に描いている

私が、この映画の中で一番感動したのは、ジェフが生きていることが、誰かの支えになっているというところ

爆破テロの犠牲者に限らず、アメリカには「テロとの戦い」で家族を失った人たちが大勢いて
そんな彼らも、ジェフのようにうまく社会復帰することができずにいて
でも、両足を失ったジェフが「生きている」というだけで、彼らのチカラになっている

そして、ジェフ自身も、そんな彼らの痛みを知ることで、苦しんでいるのは自分だけではないことを知る

また、ジェフの姿は、テロを目撃してしまったボストン市民を励ますことにもなっていた

そして、彼らボストン市民は、市の象徴であるボストン・レッドソックスを一体となって応援し、共に励まし合い、互いの痛みを共有することで、より強くなっていくことを描いている

苦しみに負けることなく生き続けることは、きっと誰かの力となり
互いの痛みを共有し、他人の痛みを知ることで、人はより強くなるのだ

それにしても、ジェフにはエリンがいて良かったと思う
もしかしたら、エリンがいなかったら、今でも酒に溺れていたかもしれない

人は一人では生きていけないからこそ、本当の自分を理解してくれる人の大切さを改めて感じた作品だった

とえ
とえさん / 2018年5月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2018-51

生きてるんじゃない、生かされてるんだ。

と言われた気がした。

犯人に辿り着くまでを描いたのが『パトリオット・デイ』。
事件に巻き込まれたことで、英雄にされた人の苦悩を描いたのが本作。

『パトリオット・デイ』のほうが、犯人の動機やら事件の凄惨さを見せているので、心が打たれました。
とてもいい題材なのに、いまいち盛り上がらなかったのは編集?テンポ?台本のせい?なんかわたしには、軽ーく流れていってしまいました。

ジェイク・ギレンホールほど泣き笑いが似合う俳優もいないと思います。
なんかちょっと小宮に似てきたような……違うか。

観て思ったのは、自分がたとえ自分で働いて、そのお金で好きなように暮らしてるからといって、決して自分一人で生きてるんじゃないってこと。
ジェフの周りにいてくれる人たちのように、変り者で完璧じゃなくて、自分を理解しようと努力したり、反発したり、自分のために怒ってくれる両親、友達、仕事仲間……。
そういう人たちが繋がって、繋がって、その中の一部が自分であって、きっと生かされてるんだなぁ、と思いました。

かいり
かいりさん / 2018年5月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「英雄と、その英雄。」折れた心を繋いだ、多様な愛。

【賛否両論チェック】
賛:事件がきっかけで次第にすさんでしまう主人公が、様々な人々の愛によって、再び前向きに生きていくまでの姿に、絆の尊さを実感させられるよう。
否:メインは主人公の再生なので、事件そのものはあまり語られない。主人公の言動も、やや好き嫌いが分かれるところか。

 突然不条理なテロ事件に巻き込まれ、望まない悲劇の英雄となってしまった主人公・ジェフ。本作ではそんな彼が、心身共に疲弊して、次第に人生に投げやりになっていく哀しい姿や、その失意のどん底から様々な人の愛によって、再び運命に立ち向かっていけるようになるまでの姿を、如実に描き出していきます。決して綺麗事だけでは済まされないテロ被害者の本当の姿が、そこにはあるような気がします。
 そして、ジェフを取り巻く様々な「愛」も見逃せないところです。ジェフのことを常に案じてきた恋人のエリンや、息子を愛するがゆえに他人を傷つけてしまう母・パティ、さらには事件の現場でジェフを助けた英雄・カルロス等、本当に沢山の人の愛情によって1つの命が支えられているということを、改めて痛感させられます。
 テロ事件そのものを描いた作品ではないので、その辺りの緊迫感はあまり期待しない方が良いと思いますが、1人の人間の挫折と再生の物語を、是非ご覧になってみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2018年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

34件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi