ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれたのレビュー・感想・評価

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた

劇場公開日 2018年5月11日
24件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

より強く。

『パトリオット・デイ』と同じボストンマラソンでの爆破テロの話だけど、むしろテロに遭った個人と元恋人の物語で、意外や『ビッグ・シック』と印象が近い。

邦題の「ボストン・ストロング」は、ボストン市民同士がテロに負けずに団結しようと呼びかけあうスローガンだが、実際に映画がフォーカスしているのは、「ボストン・ストロング」の象徴として英雄に祭り上げられてしまった主人公の葛藤だ。

原題は「Stronger」。「ボストン・ストロング」という標語でも「英雄」でもなく、ひとりの個人として悲劇を乗り越えるための「より強く」。その等身大な視点がこの映画の魅力だと感じているので、もし自分みたいに「感動を呼ぶテロの実録もの」という先入観を持っていたとしたら、その印象は一旦捨ててプレーンに観てほしいところです。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年5月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フォレスト・ガンプ

最悪な日本題だったが、ギレンボール主演の映画は大丈夫だろうと思って鑑賞。実話のためにドラマチックな展開では無かったが、本人も家族役の方々も好演。単に足を失った青年の努力ストーリーでは無いことが却って良かった。フォレスト・ガンプ絡みのところは笑えた。

hanataro2
hanataro2さん / 2018年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当の強さとは・・・

下手な脚本だと人物の感情を台詞で説明してしまう。
主人公をテロの被害に巻き込んだ為、恋人は罪悪感を持っている。
下手な脚本なら「私のせいでこんなことに…」と説明してしまう。
恋人のボストンマラソンを応援に行って、主人公は爆弾テロに巻き込まれたのだ。
しかし本作では恋人は罪悪感と共に、いつもはルーズで約束を守らない癖にこんな時に限って応援しに来て爆弾に巻き込まれた主人公に対して、戸惑い、不条理、苛立ち、謝罪、割り切れなさを感じている。
複雑な感情はひとつの台詞にすることは不可能だし、それを表現するのがすぐれた俳優である。
「私のせいで」と説明するのは、作り手側が状況を伝達しているだけで人物の感情を表現することにはならない。
だから体全部を使って、言葉にならない複雑な感情を表現するのが良い演技といえよう。

家族が多い。これが主人公の苛立ちのひとつ。一人になりたくても中々なれない。家族は皆、彼を心配しているが理解の配慮が足りない。
朝、不自由なのでベッドから落ちて唸っても、男だからあんな体になっても「マスかいてる」と誤解される。トイレットぺーパーの距離が遠くて便器から転げ落ちるなど、バリアフリーへの配慮がなっていない。そんな苛立ちを喚きたくても四六時中家族が居るので、タオルで口を塞いで聞こえないよう配慮しながら喚く始末。配慮するのは家族の方だろう、主人公が不憫である。

被害に遭いながらも、犯人逮捕に尽力した主人公を市民は英雄視する。
母親は、息子が英雄ということで承認欲求が満たされて喜ぶ。
そんな彼らの無神経ぶりに主人公は心を痛め疲弊する。
本当はルーズでいい加減で臆病な自分と、外で英雄として振る舞わなければならない自分とのギャップに苦しむ。
夫に罪悪感を感じている妻(事故後結婚する)が、彼の弱さを指摘するのは中々勇気のいる行為だ。罪悪感からそこは目を瞑りがちだが、愛情があるなら指摘した方が良い。彼には元々、面倒なことを回避する癖があるのだ。
主人公も市民も家族もみな自分のことしか見えていない。唯一相手の事が見えていたのは、この妻だと思う。妻は夫の糞便の処理までしている。だからこそ言いにくいことまで言えるのだ。介護ストレスで逆切れして厳しいことを言ったのではない。

自分しか見えておらず被害者意識しかなかった主人公が、後半に変わる。
無神経に思えた市民も母親も爆弾テロで怯え傷ついているのだ。
主人公は足を失ったが、市民たちもそれぞれ何かを喪失している。家族を失った者も居るし、平穏な日常を喪失した者もある。
そのことに気づいてから、主人公は皆の勇気になることを受け入れる。
本当の強さは自分の弱さを認めた人間だ。
外に出て互いに勇気を分け合い、悲しみを共有する。影響し合うことが人間の社会生活には必要なのだ。自分の喪失したものにしか目を向けていなかった主人公が、他者とのふれあいの中に生きる力を見出すのだ。

るるびっち
るるびっちさん / 2018年6月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

#JakeGyllenhaal だから観た作品。素直に感動しました...

#JakeGyllenhaal だから観た作品。素直に感動しました。と言うか、号泣しちゃいました。邦題はダメダメだけど、内容はとても良かったです!(このダサいサブタイトル付ける必要あったんですかね?)

にいみくん
にいみくんさん / 2018年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話

テロにより両足を失った主人公が困難を乗り越え人生を前へ進める
様々な人に支えられ成長する主人公
何度もぐっとくるシーンがあった
この作品を観て、体に不自由のない私と主人公を重ね色々考えながら作品を観ていた
考えさせられた作品

めぐ
めぐさん / 2018年5月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカならではの感動

テロをメインにした話ではなく、一人の人間と彼を取り巻く周囲の人間の生きる姿を描いた力作。多くのメッセージが込められたストーリー展開には一気に引き込まれました。アメリカならではのアメリカ的な展開に、人間模様をしっかり捉えた演出には予想していた以上に感動させられ、最後は涙があふれてしまいました。ジェイク・ギレンホールのダメ男ぶりが見事にはまっていて、やっぱりこういう役柄は彼に演じさせるとピッタリはまるなぁと感心。
それにしてもサブタイトルがネタバレになってるんじゃないの?って、実話を基にしているとはいえ、もうちょっと何とかならないんでしょうかね。

むっしゅ
むっしゅさん / 2018年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカンヒーローか?

テロとか事件に巻き込まれてしまったが、思わぬ英雄に祭り上げられたダメダメ家族
アメリカでは、こうなるのか
日本ではこうはならない
マスコミはこうしたほうが嬉しいんだろうな

Daikokumai
Daikokumaiさん / 2018年5月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

他人の痛みを知って人は強くなる

ほぼほぼ泣きっぱなしだったわー

実話の映画化。
2013年に起きたボストンマラソン爆破テロの被害に遭い、両足の膝から下を失ってしまったジェフ・ボーマン

彼がテロに遭った時から、肉体的も精神的にも立ち直っていく姿を描く

これは、ちょうど一年前に公開されたマーク・ウォルバーグ主演の「パトリオット・デイ」の後日談といったところか

テロについてはほとんど描かず、その後、ジェフと共に立ち直っていくボストンの街を背景に描いている

私が、この映画の中で一番感動したのは、ジェフが生きていることが、誰かの支えになっているというところ

爆破テロの犠牲者に限らず、アメリカには「テロとの戦い」で家族を失った人たちが大勢いて
そんな彼らも、ジェフのようにうまく社会復帰することができずにいて
でも、両足を失ったジェフが「生きている」というだけで、彼らのチカラになっている

そして、ジェフ自身も、そんな彼らの痛みを知ることで、苦しんでいるのは自分だけではないことを知る

また、ジェフの姿は、テロを目撃してしまったボストン市民を励ますことにもなっていた

そして、彼らボストン市民は、市の象徴であるボストン・レッドソックスを一体となって応援し、共に励まし合い、互いの痛みを共有することで、より強くなっていくことを描いている

苦しみに負けることなく生き続けることは、きっと誰かの力となり
互いの痛みを共有し、他人の痛みを知ることで、人はより強くなるのだ

それにしても、ジェフにはエリンがいて良かったと思う
もしかしたら、エリンがいなかったら、今でも酒に溺れていたかもしれない

人は一人では生きていけないからこそ、本当の自分を理解してくれる人の大切さを改めて感じた作品だった

とえ
とえさん / 2018年5月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2018-51

生きてるんじゃない、生かされてるんだ。

と言われた気がした。

犯人に辿り着くまでを描いたのが『パトリオット・デイ』。
事件に巻き込まれたことで、英雄にされた人の苦悩を描いたのが本作。

『パトリオット・デイ』のほうが、犯人の動機やら事件の凄惨さを見せているので、心が打たれました。
とてもいい題材なのに、いまいち盛り上がらなかったのは編集?テンポ?台本のせい?なんかわたしには、軽ーく流れていってしまいました。

ジェイク・ギレンホールほど泣き笑いが似合う俳優もいないと思います。
なんかちょっと小宮に似てきたような……違うか。

観て思ったのは、自分がたとえ自分で働いて、そのお金で好きなように暮らしてるからといって、決して自分一人で生きてるんじゃないってこと。
ジェフの周りにいてくれる人たちのように、変り者で完璧じゃなくて、自分を理解しようと努力したり、反発したり、自分のために怒ってくれる両親、友達、仕事仲間……。
そういう人たちが繋がって、繋がって、その中の一部が自分であって、きっと生かされてるんだなぁ、と思いました。

かいり
かいりさん / 2018年5月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「英雄と、その英雄。」折れた心を繋いだ、多様な愛。

【賛否両論チェック】
賛:事件がきっかけで次第にすさんでしまう主人公が、様々な人々の愛によって、再び前向きに生きていくまでの姿に、絆の尊さを実感させられるよう。
否:メインは主人公の再生なので、事件そのものはあまり語られない。主人公の言動も、やや好き嫌いが分かれるところか。

 突然不条理なテロ事件に巻き込まれ、望まない悲劇の英雄となってしまった主人公・ジェフ。本作ではそんな彼が、心身共に疲弊して、次第に人生に投げやりになっていく哀しい姿や、その失意のどん底から様々な人の愛によって、再び運命に立ち向かっていけるようになるまでの姿を、如実に描き出していきます。決して綺麗事だけでは済まされないテロ被害者の本当の姿が、そこにはあるような気がします。
 そして、ジェフを取り巻く様々な「愛」も見逃せないところです。ジェフのことを常に案じてきた恋人のエリンや、息子を愛するがゆえに他人を傷つけてしまう母・パティ、さらには事件の現場でジェフを助けた英雄・カルロス等、本当に沢山の人の愛情によって1つの命が支えられているということを、改めて痛感させられます。
 テロ事件そのものを描いた作品ではないので、その辺りの緊迫感はあまり期待しない方が良いと思いますが、1人の人間の挫折と再生の物語を、是非ご覧になってみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2018年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

呪文

足を失ったが、犯人らしき人物を目撃していたことで、ヒーロー的扱いを受けるようになった主人公の苦悩と葛藤を描いた本作。

お国柄なのか、はたまた自分が平和ボケしているのか、冷笑主義のつもりはないのですが、あまり感情が動かされることがありませんでした。

主人公の境遇には同情しますし、恋人の、主人公に対する負い目や苛立ちもわかります。母親の、足をなくした息子の将来を思う気持ちもわからないではありません。が、どうにも、周囲の、主人公に対する熱烈な反応というか、彼を、人それぞれが持つトラウマの象徴として見ているのには、違和感を覚えてなりませんでした。

悲劇の中で希望を見出す、というのが、やや胸やけするくらい、あからさまに表現されているように感じる作品でした。

あと、余談ですが、

日本はなぜこうも、邦題をつける際、作品の雰囲気を壊すようなダサい副題をつけたがるのでしょうね。

ユージーン
ユージーンさん / 2018年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「ダメな僕」でも「英雄」でもない。

ボストンマラソンの無差別テロの被害者が、犯人を目撃していたために英雄に祭り上げられたという話。

事件自体は何ら主題ではないので、犯人追求を追った映画「パトリオットデイ」を観ているとより味わい深いとは思う。

観終わって強くいえるのは、はっきりいって、これほど愚かな邦題はないし、邦題つけてる奴はいい加減に真面目に仕事しろという感じ。

この映画は、茶目っ気のある明るい野球好きの一般的な青年が、傷つき苦しみ抜いて自暴自棄になりながらも、世間から強制的に与えられてしまった役割をなんとか全うしようとする話で、ダメなのは本人でもないし、観たらよく分かるが、英雄になったのではない。

よくもまあこんな素っ頓狂な邦題をつけたもんだと呆れる。イメージ的には、アンパンマンというタイトルの映画を観にいったのに、アンパンマンは出てこず、出演はカバオくんとミミ先生の人間ドラマだったというイメージ。

いい映画ですが、とにかくバカな邦題つけて、嘘のイメージ操作するのはやめてほしいなと感じる。

やべっち
やべっちさん / 2018年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

さすがのジェイク・ギレンホールです

この作品もジェイク・ギレンホールの演技はすごいの一言です
ジェフのその時の心情がとっても伝わってきたような感じがしました

犯人射殺のニュースを聞いた時の人々の反応、ジェフの始球式の後の人々の反応、とてもアメリカぽいなと思いました
ごく普通の人のジェフが困難から立ち直る強さと生きる勇気の連鎖に感動しました
上映してる映画館が少ないのは残念ですが、多くの方に観ていただきたい映画です

小町
小町さん / 2018年5月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

一人の男が、大人になるまでを描いた作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

実話に基づいた物語。

2013年4月15日のボストンマラソン爆弾テロ事件。この事件の解決に際し、爆発の影響で両足を失いながらも目撃者として犯人の特定に貢献し、テロリストに屈しない“ボストン ストロング”精神を象徴する存在として一人の男性を描いた作品。

順風満帆と言う訳でも無いですよねぇ。元々“ダメ男”的なジェフだったようですが、“ボストン ストロング”と言われ、戸惑いながらも、人々の期待に応えようと頑張っています。でもね、やっぱり破綻しますね。PTSDもあるでしょうし、能天気な家族もいるし・・・。「だれも自分を理解してくれない」と思うとき、唯一理解してくれたのが、『元カノ』のエリンな訳ですが・・・。

実際のジェフ・ボーマンは事件当時27歳なのですが、それを37歳のジェイク・ギレンホールが演じています。さすがに歳の違いを感じずにはいられませんが、それは、ジェフの実年齢を知っていたからで、そうでなければ、ジェイク・ギレンホールの演じる“ダメ男”ぶりを違和感なく受け入れていたと思います。

ボストンマラソンのシーン、アイスホッケーのシーン、メジャーでの始球式のシーン、すべてボストン市民のボランティアの協力があったそう。そうじゃないと、あんなシーン描けないですよね。

一人の男が、大人になるまでを描いた作品とも言えるかな。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2018年5月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

立派じゃないヒーロー

 事件発生から終盤近くにかけて、主人公を筆頭としたダメな人物たちのクズっぷりに、イライラしながら見ていた。けれど、見終わって振り返ってみれば、それは作り手の意図通りに感情を誘導された結果なのかもしれない。
 主人公たちのダメさ加減……それは、「等身大」と言い換えてもいい。普通の人が普通じゃない状況に放り込まれれば、理想的な振る舞いなど、できなくても仕方がないのだから。

dsk
dskさん / 2018年5月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神輿

2013年のボストンマラソンゴール付近で起きた爆弾テロにより両脚を失った青年の話。

当然といっては失礼ながら自身や周辺にこの様な壮絶な経験をした人物がいる訳ではないが、母親の言い分もわかるところはあるし…とはいえ心の傷も癒えぬうちから英雄と担ぎ上げられたる苦悩とそこからの逃避が痛々し過ぎるし。

映画としては意外性が乏しかったり、序盤はやけにあっさり展開して行くのに中盤の逃避の描写が長くてダレたりとテンポの悪さはあるものの、苦悩しながら前を向いて行く主人公の姿と神対応過ぎる彼女の姿が熱かった。

Bacchus
Bacchusさん / 2018年5月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 難しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話とは言え

74本目。
本日3本目。
ヒーローも人間。
共感したり、しなかったりで、人としての部分を描いて、いいと思う。
ペドロ・マルティネスが出ててテンション上がった。

ひで
ひでさん / 2018年5月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「人は自分はどう生きるか」を問い直す

フィクションの中のように、人はタフじゃない。
等身大の人間の挫折と再生のリアルな姿を描いている。

h.h.atsu
h.h.atsuさん / 2018年5月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ごめん

騒がしい周りと静かな主人公が印象的でした。ジェイクギレンホールの暗い笑顔しか後には残ってない気分。

それにしてもテンポが悪くてつまらなかった〜。良い題材なのに、すべてが浅い印象。もうちょっとどうにか出来なかったんだろうか。最後だけ無理やり泣かせようとしたのかね。脚本がダメなのかも。

顔るんるん
顔るんるんさん / 2018年5月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

彼女が良い子過ぎて

試写会にて観賞

ダメな僕~とあるけれど、ジェフが本当にダメすぎてちょっとイライラしました。
どうもエリンに感情移入してしまって「もういい加減別れちゃいなよ。アイツは変わらないよ。」と言いたくて仕方無かった。
大切な告白の時もヘタレだったし、すっぽかすし。エリンが良い子過ぎて可哀想過ぎてもらい泣き。(感動とは違う)

あのお母さんにも大概イラついたけど、今まで人から褒められたことなんてあんまり無かった息子が国民的ヒーローに祭り上げられたらああなってしまうのも分からなくもないかな。結構アメリカの田舎の(ボストンはそんなに田舎じゃないけど)典型的な家族像なんだと思う。地元の野球とアメフトとホッケーを応援しないと非国民だ!みたいな雰囲気は日本人にはちょっと理解しづらいかな。冒頭のマラソンを走るための寄付集めとか。

義足やケガの描写がリアルで凄かったです。
パトリオットディも観てみなくては。

Readme
Readmeさん / 2018年5月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

24件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi