アナベル 死霊人形の誕生のレビュー・感想・評価

アナベル 死霊人形の誕生

劇場公開日 2017年10月13日
50件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

超絶音響と高画素数の映像で攻めてくる!

魂を込めて木を削り、丹念に成形された人形のアナベルが、3度人間に襲いかかる。その表情は氷結しているけれど、なぜか、底知れぬ怒りを秘めているようにも見える。この恐怖シリーズの肝は、そんな風に見方によって変わる人形そのものにあることは確かで、最新作では、恐怖の館に不幸にも引っ越してきた孤児たちが、人形の怒りに取り込まれていく過程を、超絶音響と画素数が高い映像を駆使して描いて行く。物語の鮮度より、むしろ、音と映像で観客の聴覚と視覚を抉ろうというのが、作り手たちの魂胆らしい。その企みは成功している。近年、ここまで五感を刺激してくるホラー映画は珍しいと思うから。是非、感覚を研ぎ澄ませて劇場にお運び下さい。

MP
MPさん / 2017年10月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いいんじゃないかな。前作のお金かけた版だね。 このシリーズはもう安...

いいんじゃないかな。前作のお金かけた版だね。
このシリーズはもう安定だな。次作も楽しみ。

何よりビックリなのは、ほんとのアナベルはアレなんかい!その方がさらに怖いけど、映画はこっちにするしかないか。アレで宣伝されても、怖そう!観よう!ってすんなり思えないものね…。

まるぼに
まるぼにさん / 2018年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

西洋人形は怖い

12年前に事故で一人娘を失った人形師夫妻の家に、孤児が6人やってくる。
家には気味の悪い人形があり、子供たちは何かがいると怖がる。
人形ホラーの王道で、一応理屈もある。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホラー映画として

面白いんだと思います。皆さんのレビューの評価高い。ただストーリーがやや浅い。ホラー映画だから仕方ない。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ。

あまり怖くなかったけど、まあまあ楽しめた。

tatsu tatsu
tatsu tatsuさん / 2018年8月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

じわじわ怖い

ジェームズ・ワンの「死霊館」の雰囲気に一番近く、光と影を効果的に使ったじわじわくる怖さが好印象。

ただ、ストーリーの方は蛇足が多かったかな?
ユニバース化に向けた「オマケ」が多くて、最後がダラっとしてしまったように感じた。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2018年5月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

死霊館シリーズのスピンオフ、アナベル第2弾 死霊人形であるアナベル...

死霊館シリーズのスピンオフ、アナベル第2弾

死霊人形であるアナベル誕生の秘密を描いたもの

3作目にきての前日譚ということで

1をほぼ忘れてるからどう繫がるのかよくわからず…

もはや別個の映画という気分での鑑賞

夜中にヘッドホン爆音で観たので怖さはんぱない

けどまぁありがちな欧米ホラーは変わらず…

来るタイミング分かってても、怖いもんは怖い

ホラー映画に孤児院の女の子ばかり登場って、もはや悪意を感じるレベルww

nobe666
nobe666さん / 2018年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲しみと苦悩と戦慄のアナベル人形

『死霊館』に登場した最恐人形、アナベル人形を題材にしたスピンオフ第2弾。
遂に明かされるアナベル人形誕生秘話…。
こちらもさすがに本家ほどではなかったものの、微妙だった前作スピンオフ第1弾より上々。
寧ろ、スピンオフとしてはこちらの方がしっくり来る。

人形職人の館で暮らす事になったシスターと孤児の少女たち。
夫は無愛想で寝たきりの妻は姿を見せないが、広い館や新しい生活に胸躍らせる。
が、それも束の間、脚の不自由な少女の周囲で怪現象が。
その原因は…。

脚の不自由な少女が夜中にこっそり「入るな」と言われている部屋の中へ。鍵が掛かった戸を開けると、そこに…。薄気味悪くなって鍵を閉めるも、鍵が一人でに開く…。
さらにその部屋で、シーツを被った何かが近付いて来る…。
年長の少女二人がシーツを被って話していると、誰かの人影が。その人影が突然…!
極め付けは、「魂をくれ!」。(ここ、かなりゾクッとした)
謎の少女の影を何度も目撃するようになり、魔の手に襲われる。重傷を負い、昼間の納屋の中で…!
不審な物音や人影、突然襲い来る何か、まるでじっとこちらを見てるようなアナベル人形などの定番も含みつつ、今回恐怖演出がずっと良くなった気がする。
全体的な静かで抑えた中でじわじわ煽り、『死霊館』にも近くなった。
暗闇を使った恐怖演出も印象的で、ここら辺、『ライト/オフ』の新鋭デヴィッド・F・サンドバーグの手腕が光る。

ドラマ的にも良くなった。
やはり、アナベル人形誕生には、ある悲しみが…。
その悲しみのドラマは、あるあると言っちゃああるある。
人形職人の夫とその妻には娘=アナベルが居たが、不慮の事故で娘は…。
夫妻はその悲しみを今も引きずっている。
悲しみから逃れる為に、夫妻はある事を…。
それが、誕生の瞬間。
悲しみには同情するが、それは過ちでしかない。

悲しみと苦悩と戦慄のアナベル人形。
映画では『死霊館』のウォーレン夫妻の家で封印されているが、ご存知の通りアナベル人形は実在し、今はオカルト博物館に保管されているという。
二度と封印を解いてはいけない。いや、マジで。

エンディングは楽しませて貰った。
スピンオフ第1弾に繋がる流れ。
スタッフ&キャスト・クレジットの後、『死霊館 エンフィールド事件』に登場した“アレ”が…。
そういや次のスピンオフの主役になり、『死霊館』第3弾も作られ、ユニバース的に恐怖の世界が広がると言ってたね。
って事はいずれ、アナベル人形と“そいつ”が顔合わせ…?
そしたらマジでヤベェーんですけど…((( ;゚Д゚)))

近大
近大さん / 2018年3月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

死霊館シリーズにハズレなし

試写会で鑑賞しました。

「死霊館」と「アナベル」の一連のシリーズには毎度楽しませてもらっています。

今作は「ライト/オフ」の監督という事で、明と暗のコントラストで恐怖感を煽る手法で、暗闇の恐怖を見事に体現していましたねー。わ!ビックリした!よりもジワジワ来るのが好みですから、ハマりました。今後はちょっと違った展開にも期待したい、キャリアはまだまだだけど期待の監督さんです。ジェームス・ワン関連での活躍を熱望します。

主幹ストーリーは毎度な感じですが、昨今流行りの反撃に転ずる強いキャラがおらず、主要な登場人物が少女達という事が不安を助長するんですかねー。これは狙い通りでしょうか。、ある意味、惨殺はされないかなー、という安心感もあったのは事実。実際のところは明かしませんが、ショック!残酷!猟奇!なホラーと一線を画した作品、幅広い映画ファンの方々にオススメですね。

前日譚という事で、1作目のキャストもしっかり登場、謎の回収と事後説明もしっかりされていて納得できた。今作を鑑賞する前に、アナベル1作目を復習しとくと、より楽しめるかと。田舎の一軒家という密室が大半ですが、多重構成になった後、更にシリーズの広がりを予告(もう決まっている模様)するサプライズが。最後まで席を立たない事をおススメします。

やはり、製作でもジェームス・ワンが絡んだホラー愛に満ちた作品は最高です。彼の監督としての次作はアメコミものの様です、こちらも拝見しますが、やはりホラーへの再々カムバックを熱望します。

foxheads
foxheadsさん / 2018年3月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこそこ。。

アナベルシリーズ好きだったのに、今回は残念でした。

ゆうきち
ゆうきちさん / 2018年3月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おかしいところが‥ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

00:29:30〜00:29:40の間にもう一人の女の子がいたよ。
布を被った人形を歩いて消えるシーンの後、一瞬女の子が‥
心霊なのかな、見えてなかったらすみません

こーちゃん
こーちゃんさん / 2018年2月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖いねー

驚かし方がすごい。予知できない方法でおどかして、怖い場面を作るのがうまい!最高!

Mr. bubblegum. jr
Mr. bubblegum. jrさん / 2017年12月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かなりファン向け ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画の内容はまあ普通のホラー映画。慣れてる人には全然怖くないかもね。でもラストがめちゃくちゃ好き
。アナベル(ジェニス)を引き取った両親がアナベルにプレゼントした人形が本当のアナベル人形でニヤッとしたし、テンション上がった笑。そこから前作に繋がるシーンは言うまでもなく最高!それにエンディングの後ヴァラクが出てきてもうthe nun観るしかないなってなった。

かなりあ
かなりあさん / 2017年11月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこそこ

丁寧な作り込み方に何回か鳥肌が立った!

結局、悪霊の前において人間は何やっても無力やね…っちゅーのを幾度となく繰り返されてきたストーリー展開の中で実感しました

リオウリオウ
リオウリオウさん / 2017年11月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

次は「地獄のシスター」でキマリ☆

「死霊館」のスピンオフ「アナベル/死霊館の人形」の前日譚。
何故?どうやってアナベル人形が誕生したのかという、誰もが知りたい所を 今回「死霊人形の誕生」ということで、作品化。
アナベル人形に悪魔が宿る過程が後半になり ようやく分かります。
それまでは、音響と映像でビビらせる感じですかね。私は全然大丈夫なのですが、苦手な人には苦痛な?時間が続きます☆

最後に、前作「アナベル/死霊館の人形」に繋がるシーンが出て来ます。
ははぁ〜ん、ナルホドね。

劇中でも、孤児たちの世話をしているシスターが写真の説明をしている時に、「これは…!」っとなりましたw
エンドロール後の映像で、それが確信に変わりましたね!
次は待ちに待った「地獄のシスター」でしょうかね!
「アナベル」はこれ以上はお腹が一杯なので、「地獄のシスター」に期待します♪

m@yu-chan-nel
m@yu-chan-nelさん / 2017年11月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正統派ホラー

びっくり箱状態でいつビクってなるかをハラハラしながら観る要素は前作のアナベルより強めかなと。クスッときたのは1回だったのが残念。
次作はルーマニアの修道院で修道女編でおねがいします。

なお
なおさん / 2017年11月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ビックリ系 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

やはり欧米?では死霊=悪魔だから日本人の心霊系とは違う怖さなんだなぁと。
悪魔がピンと来ないのでそっちの怖さというより音や急に出てくるビックリして心臓バクバク映画でした。
同じ列にいた女性 爆睡してたけど…

eco
ecoさん / 2017年11月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズ次あるのか

あの不気味な人形のスピンオフ続編ですが前作の前日談という事でアナベルが現在にいたるまでのお話です。残念ながら子供達や人形師の家族の掘り下げが少なく最後の方も早足感がありました。個人的にビックリするような怖さは死霊館シリーズの中ではあまり感じられなかったです。次作の黒いシスターに期待したいです。

髑髏ももこ
髑髏ももこさん / 2017年10月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピンオフのさらにスピンオフ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本作は「アナベル 死霊館の人形」(2014)の前日譚....なのだけれど、悪魔祓いは終わっているので、同じ人形"アナベル"に憑依している悪霊は別物(?)ということになる。またそのアナベルは「死霊館」(原題:The Conjuring/2013)のスピンオフなので、よーく考えてみると、スピンオフのスピンオフという形だ。

シリーズ的には本来「死霊館」でホスト役となる、心霊学者のウォーレン夫妻が主人公で、2人を中心に回してもいいはずだが、まあ同じ人間の周りばかりに無尽蔵にエピソードが集まるというのはリアリティがないということだろうか。この映画シリーズは実は繋がっていない。

今回は、"アナベル"という人形が作られた背景が語られる。当然、それを作った人形師がいるわけで、その人形師と家族、そしてその家に迎え入れられた孤児院の子供たちがアナベルの標的となる。PG12なので、怖さは中学生レベル。

さて、"死霊館シリーズ"は全米では大人気シリーズであるが、日本ではいまいち。日本人のじめっとした怖さがないというのもあるが、日本には別の"オバケ・精霊・ホラー"キャラがあるからかも。それほどいくつものキャラを許容できないし、それこそ日本のオバケは、怖くない"お友達"キャラさえある(笑)。

日本では上映されていない(DVDのみ)が、"チャッキー"(「チャイルド・プレイ」シリーズ)も最新作が米国では公開されていて、今後、"アナベル VS チャッキー"も予定されているというから、ホラーのアベンジャーズ状態になりつつある。

本作のエンドロール後にも、またまた次なるスピンオフになる「The Nun(修道女)」(2018年)の予告ティザーで終わるという始末。

(2017/10/22 /新宿ピカデリー/シネスコ/字幕:佐藤真紀)

Naguy
Naguyさん / 2017年10月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

びっくりする。

怖がりではないのですがびっくりするタイプなので終始無言の後に
何かが起こりそのたびにびっくりして、眠けをまったく
起こす事なく最後まで見れました。
ストーリーとしてはそんなに複雑ではないのですが、
怖い霊をはっきり見せない所、間の取り方、出てくる小役の演技の上手さ、最後もよく意味が理解出来ないで終わった所も後を引き
過去、ホラー映画も色々見てきましたがそれに負けず劣らず新鮮で
良かったです

実はこの映画を見た後、私事ですが夜寝ようとして
ウトウトしている時私の後ろから誰かが
覆いかぶさる現象が起きたのです。
金縛りよりもハッキリ何かが背中にいた感じがして
すぐに起きて何事もなかったのですが今でもその感触を
覚えているしここ何年もこんな事がなかったので
その体験の方が余計に、怖かったです。

pinobelle
pinobelleさん / 2017年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

50件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi