メアリと魔女の花のレビュー・感想・評価 (9)

メアリと魔女の花

劇場公開日 2017年7月8日
355件中、161~180件目を表示 映画レビューを書く

とても面白かった

とにかくメアリが可愛い。
そして、話が単純なので小さい子から高齢者の方まで楽しめる作品だと思う。
見てよかった。

つぶら
つぶらさん / 2017年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ジブリがいっぱい

何処かで見たことあるような映像とお話しと。
初めてジブリの作品を見た時の衝撃のようなものは無かった。
普通に面白いし、ワクワクもするけれど、どうしても比べてしまって。且つ、少々物足りない。
期待しすぎた感じ。

風景はとても綺麗。
出番は少なくて残念だが、ポニーテールメアリが可愛かった。

toosumi
toosumiさん / 2017年7月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

メアリと魔女の花

見てきました!メアリ。総合的にジブリを詰め込んだ感が拭えないです。特に魔女の宅急便とハウルの動く城。期待値が結構高かったため、あまり面白く感じなかった。可もなく不可もなくと言う感じ。
エンドア大学の外観が綺麗で私好みでした。
シャーロットの存在が結構大事なはずなのに存在感が薄い。むしろ、フラナガンのほうが登場シーン少ないのに存在感ある。フラナガンめっちゃいいやつ。
ゼベディが思いの外イケボでびっくりしました。
メアリの声優が違和感ありすぎて残念でした。
後、メアリはポニーテールの方が絶対いい。

築地 歩波
築地 歩波さん / 2017年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

門出 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冒険がいっぱい詰まってて面白かった。

まるでジブリの初期作品を観ているようではあったが、ジブリという名を植え付けたのは、その初期作品群たちだ。
培ってきたものはそのままに、原点回帰を果たしたような…。
卒業制作なようなものでもあり、自分達の意思を記した旗のようなものでもあった。
なんだか「おかえりなさい」と呟いてた。

新しいんだけど懐かしい作品だった。

有名な俳優さんを使う弊害とでも言うのだろうか…スッとが当てはまると問題はないんだが、「アレ誰だっけ?ここまで出てんだけどなあ」とかになると、その登場人物が出てくる度にその思考に囚われる。
若干、煩わしい。
声優さんは、声を幾つも持ってるから、そういった探索をハナからしないって利点があるのかなと、今回思った。
だけど、こういう作品には、声優より俳優なんだろうなあとボンヤリ考える。

U-3153
U-3153さん / 2017年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感想

ジブリアニメと勘違いしていました。でも、ジブリアニメの影響は受けているのは明らかです。何となく、魔女の宅急便を思い浮かべてしまうシーンがあるな、という感じはしました。ストーリー的に先読みができてしまうので、新鮮さはあまり感じませんが、無難に纏めている感じはしました。絵の力強さは、手描きならでは、と思います。

xexoss
xexossさん / 2017年7月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  萌える 楽しい 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

色彩が鮮やか

ストーリー自体は、マーニーと比べて子供向けだと思いました。が、映像が美しい。大学の建物や庭のデザインとその色使いがとてもよかった。
千と千尋の神隠しに似たワクワク感がありました。(映像だけね)

花音
花音さん / 2017年7月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

過去のジブリを知らなければ楽しめる

総合的に、アリエッティやハウルよりは面白かったです。
躍動感があり、子供が楽しめる様な不思議要素も画面の隅々に登場します。
良く言えば、ジブリらしい魅力的な演出を取り入れた。
悪く言えば、ジブリらしさに拘ったのみでオリジナリティがない。

ラピュタや千と千尋、魔女の宅急便、トトロなど
栄光を駆け抜けた個性的なジブリ作品と比べられるレベルではありません。というより、それらの栄光ジブリ要素をあちこちに堂々と散りばめられているので、終止、亜流だなぁという印象です。
作品独特の個性が無いために、キャラクターの魅力は今ひとつ。
主要キャラにパンチがなく、モブに至っては存在感がありません。
( 脇役が魅力的なのはラピュタが良い例です。 )

設定が甘く、特に物語の柱になるはずの魔法学校が投げやりです。多数在籍するはずの生徒の今後に全く触れていません。

ただ、
ひとりよがりにならずに大衆の心を射止めようという必死さは
物語の構成やテーマ曲からもひしひしと伝わったので
冒頭の2作品よりも個人的に好感がもてました。
「 今までのジブリを混在させた 」を、
良しとするか悪しとするか、というところですが
ピュアな子供さんなら問題なく楽しめると思います。

遊園地の絶叫マシンの様に刹那的な面白さを求めるなら良いですが、しみじみと長きにわたり心に残る作品となるのは難しいでしょう。

余談ですが
映画館に メアリのヘアゴムが750円くらいで売ってました。
それは何の特徴も無い、ロゴやチャームもついていない百円均一に売ってそうな紫のリボンゴムで
グッズとしての気合いを感じませんでした。

sisyamo
sisyamoさん / 2017年7月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

マーニーが特別だったのか…

子供騙しだろうこんなの。
どこかで見たようなキャラクターはどれもこれも薄っぺらい。
ご都合主義的展開に眼をつぶるには物語に魅力もない。
本作の主人公・メアリと同様、地に足の着いてない映画でした。

どうでもいいけど、箒使いのフラナガンさんが電気の石野卓球さんに見えて仕方がなかった。彼だけはいいキャラクターだった笑

tkurimu
tkurimuさん / 2017年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

爽快

メアリが空を飛ぶシーンが多く、とても爽快感があり、迫力があった。物語はもっと深いのかと思ってたが、意外とあっさりしていた。ジブリ感は少ないような感じがした。挿入歌が世界観を作りあげていて、セカオワの主題歌も歌詞が深くて、大好きになった。

MaRiN
MaRiNさん / 2017年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子供と見に行きました。子供は「凄く面白かった」と言って喜んでいまし...

子供と見に行きました。子供は「凄く面白かった」と言って喜んでいました。私はラピュタが好きですが似ているところがあって面白かったと思います。次回の映画も楽しみです。

qqux9
qqux9さん / 2017年7月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

きれいなイラストはもちろん好きですが、内容は可もなく不可もなくとい...

きれいなイラストはもちろん好きですが、内容は可もなく不可もなくという感じでした。
いろんなジブリ作品を思い起こすシーンも何個かあって、ジブリへのリスペクトがたくさん詰まってるのかな〜と。

ゆう
ゆうさん / 2017年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宮崎アニメの衣鉢は継いだ

スタジオジブリの製作部門閉鎖後に立ち上げられたスタジオポノックの第1回作品。
予告編から、ジブリ時代のヒット作を彷彿とさせるモチーフを多数用いた感があり、米林監督の前2作に感心しなかったこともあって、劇場へ足を運ぶかどうか迷っていました。
が、賛否半ばする評価が、これは観てみなければ、と思ったものです。

英国の田舎、大叔母さんの家にやって来た赤毛の少女メアリ。
両親は遅れてやって来ることになっているが、それまでは退屈極まりない毎日。
学校が始まるまでには、まだ一週間もある。
そんなとき、近所に住むピーターの家の黒猫と灰色猫の二匹に誘われて森に入ったところ、7年に1度しか咲かない不思議な花を見つけた。
その花は「魔女の花」だという・・・

というところところから始まる物語で、その後、メアリは花の力を借りて、異世界にある魔法学校に辿り着く。

物語の骨子は『千と千尋の神隠し』に似ているし、魔法学校のモチーフは『ハリー・ポッター』シリーズに似ている。
まぁ、あの映画のあのシーンに似ているというのを指摘するのは野暮というもの。
そもそも、この手のハナシは似たり寄ったりが当たり前なのだから。

じゃ、どこをどう観て楽しむかというと、主人公に共感できるか、感情移入できるかというところ。
お定まりのパターンのハナシなのだから、ここが一番のポイント。

で、米林監督の前2作では、これが全くできず、ストーリーは面白いのに、観ていてつまらないという結果だったのだが、今回はまるで違って、メアリの冒険にハラハラドキドキしっぱなしだった。
とにかく、メアリの表情、動作が過剰ともいえるほどで、その分、観ている側に感情が伝わってくる。
表情もさることながら、動作も大仰で、カットによっては手足のバランスが実物大ではないところもあったのではなかろうか。

これはたぶん、宮崎駿の十二分に再度研究して、絵コンテの切り方からなにから模倣することに徹したからではないかと推測する。

新しいアニメスタジオの第1回作品、それも、本家ジブリを思い出さずにはいられない題材。
ならば、ジブリの衣鉢を継ごう、それには師匠に倣うのが一番いい。
プロデューサーの西村義明は、そう決断したはず。

彼がジブリ時代に手掛けたのは米林監督の2作品と高畑勲監督の『かぐや姫の物語』。
つまり、非宮崎アニメ。

宮崎アニメを継ぐのを第一目標とし、米林監督らしさ、スタジオポノックらしさを出すのは第2作でいい。
そう思ったとしか思えない。

その結果は・・・
大成功だと思う。

女校長とドクターが昆虫脚型の乗り物で壁を走ってくるシーン、メアリが箒で空を飛ぶシーン、そのほか至るところに躍動感が溢れている。

そして、もうもうひとつ。
宮崎アニメの要石ともいうべき、文明に対する警鐘。

すべてを可能とする魔法をもつ人間以上の何か、得体の知れないものになって(いや、なりきれず)コントロールが効かずに暴走してしまう少年の姿は、原作が1971年に書かれたことを思うと、原子力の暗喩なのだろう。
人間が制御できない力を持つことは・・・と後悔し、持たない方がいいと結論付けるあたり、米林監督作品の前2作にはなかったことだ。

と、絵コンテから始まる外観の仕様のみならず、物語の核心・隠れ主題という内面の仕様も宮崎アニメから受け継ぎ、満足できる一篇であった。

なお、物語的には、魔法学園へ行って帰ってくるまでが少々冗漫なので、ここはもう一工夫欲しかったところ。

りゃんひさ
りゃんひささん / 2017年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

スポンサーの影がみえた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ジブリファンの私が行きました。

声優ほとんど全員タレントさんでしたね。
特にメインキャストは声でタレントさんの顔が浮かぶほどそのままだったので、まぁ辛かった。
キャラに入り込めなくてなんだか損した気分になりました。そのまますぎるよね。
スポンサーの関係でいれなきゃいけないのはわかりますが、せめて1.2人にしてほしい。こんなに入れるならアニメじゃなくていい。

物語としてはジブリ好きが見ると、
このシーンは◯◯のオマージュ?
と思うシーンであふれていました。
間違い探しみたいにそれを楽しめるならありですが、
溜め息ついちゃうならなし。

少女の成長、というのを出したいのは感じましたが、冒頭なんだかイライラしてしまったなぁ。
私が歳をとったのかなぁ??

電気も魔法の一部、という言葉は印象に残りました。まるで核融合のような魔法シーンは、
なんだか今の科学に問いかけをしているみたいでしたね。
映像は綺麗だし、アニメとしてところどころ面白さはありました。いつまでもジブリだけではなく、これからに期待したいです!

ねむこ
ねむこさん / 2017年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

処女作だとは思えない!!

ジブリ要素だけかな〜と思っていたけど、ジブリとまた違う面白さがあって凄い良かった!声もキャラに凄く合ってたし、絵も可愛いし、わくわくするし!!サイコーの映画でした!

Bourbon
Bourbonさん / 2017年7月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ジブリとか、そう言う問題ではない。

 原作は英国女流作家でストーリー自体は、まぁファンタジーとしては及第な内容だと思うし、絵・動画は高い水準にあるし、絵面の表現・演出もソコソコ。効果音やBGM等の音響はイマイチで、多用された破裂音がかなりウザいです。
 そしてジブリ出身と言うか卒業生と言うか、手練なメンツが揃っているのだから充分期待できる内容を提供してくれる安心感は有るのに、何でまた『持病』までも継承してしまったのか。
 解ってます、解ってます。ソレが大人の事情だとは百も承知です、しかし今後劇場アニメ制作の上で厳しい問題でもあり目の上のタンコブとして君臨してしまいそうで甚だ残念と言わざるを得ません。
 声優と言う技術職をナメてるのか、或いはテキトーにやっつけてギャラ貰おうと言うのか、そんなんでは決してない筈ですが、今回どうにも下手が目立ってしょうがなかったです。杉咲花から大竹しのぶまで、こちらも錚々たるメンツに米林監督がかなり遠慮したとしか思えず、遠藤憲一に至っては監督は優しいんじゃなくてビビったンだと思います多分。勿論キチンとハマってた役者も居ましたが、全体のレベルは低いです。
 庵野秀明の堀越二郎を思い出させるモノで、声が駄目だとコレだけ全体の雰囲気を乱す良い例だと思う作品でした。プロの声優を差し置いてまでもアイドルや俳優女優を声優に起用するってのが、関係ない別の意図があってゴリ推してる感が否めず、コレはかなり深刻な病と言えます。(文中敬称略)

Geso_de_Nyoro
Geso_de_Nyoroさん / 2017年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今後に期待したい

"ジブリ"らしい神秘的なシーンや迫力ある演出は観ていて飽きることはありませんでした。ただ、ジブリ作品をを基準にして鑑賞したのが悪かったのか、低年齢向けという印象は否めません(善悪がハッキリしているなど)。
小さなお子様や彼氏彼女の鑑賞は強くおすすめしますが、従来の"ジブリ作品"とは切り離して、全く違う新興勢力の作品と観ることをおすすめします。

ホリエル
ホリエルさん / 2017年7月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

色々な意味で緩い映画でした。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

声優のミスチョイスが目立って感情移入が困難。
それよりも物語全体が緩すぎて、メアリは何の苦労もないまま一生懸命さも無し、悪役も悪役というほどワルじゃないまま話が進んでいくというなんとも眠い展開…
エンディングもなんとも説明がつかない演出もあって謎、なんだか迷走したまま完成してしまったという印象の映画でした。

だい
だいさん / 2017年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜジブリを模倣するのか

過去のジブリ作品への詰め込み感がとても強かった。過去に新海誠が「星を追う子ども」で失敗した例とそっくり。過去のジブリ作品への思い込みが激しく、模倣しようとしすぎ。新しい作品を作ろうという気概が全く汲み取れない。ストーリーも原作知らないので「?」な部分があったり、特に強いメッセージもなかった。映像は綺麗だったけど、子供、特に未就学児には観せたくない表現はあるし、だからといって大人向けの表現があるわけでもないし、非常に中途半端。
予告編はとても面白そうでワクワクしながら観に行ったのに、観終わったあとの低い満足感、時間を無駄にした感が半端なかった。
正直、「魔女、ふたたび」のキャッチフレーズを使うのは恥ずかしいレベルだと思った。正直失敗作だと思うし、ディスクが出てももう一回観たいとは思えない作品だった。

Chrono
Chronoさん / 2017年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ジブリからの二次創造 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ジブリ作品はどれも好きなので、キャラや背景、演出が似ていて「これはラピュタ、これは千と千尋だな」と楽しめました。
親しみあるジブリの技法を次回はもっと発展させて欲しい。あと継承できてないと思ってしまう「メッセージ性」のようなものも盛り込んで欲しい。
以前は「自然/共生」とか「生活」とかが屋台骨で、充分影響を受けました。今度はもっと現在未来的な価値観を作品の魂として吹き込んでくれるはず?
アニメ映画やディズニーはいろいろ話題なのがありますが、萌え系でペラペラとかセオリー通りで展開が想像できるのものはわざわざお金払って観たくないです。

God Father
God Fatherさん / 2017年7月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん。。。

前情報なしに観に行きました。

が、、ここのレビューにあるように、
どうもどこかで観たことのある展開やキャラかぶり、
あーー世も末だなと。笑

ジブリはもう過去を超えられません。

もうジブリ系統で魔法とか不思議な世界とか、
そういう同じ土俵で成功するのは厳しいんじゃないかな。

初めて映画館で寝ました笑。

ごめんなさい、もうこの手の作品は観るとしても
DVDですね。

桜子
桜子さん / 2017年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

355件中、161~180件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi