「夜はとっても長いよ」夜は短し歩けよ乙女 まえじーさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

夜は短し歩けよ乙女

劇場公開日 2017年4月7日
全185件中、148件目を表示
  •  
映画レビューを書く

夜はとっても長いよ

フラットなアニメーションにいい意味で違和感を感じるものの、徐々にそのノスタルジックな世界に入ってしまう。
本来の値段で買えるものを高値で取引することについて提言していたり、ただノスタルジックなだけでなくメッセージ性もある。

細かく笑えるシーンが散りばめられていたり、突っ込みどころ(そういう世界観)もあって、見ていてずっと楽しい世界観。
(コンビニの名前がHIGHSON(LAWSONローに対抗してハイ)とか)
セリフが掛かっているものも多々ありニヤッとする。
例えば《先斗町の"ぽんと"》と《リンゴが頭の上にポンと跳ねた》とか、《私の恋(鯉)だ》とか。

回想シーンはシルエットのみのアニメーションが統一感があってとても素敵だった。
飲んで食べて幸せを感じているとハッピーオーラが全てお花でキュンキュンした。

エンドロールで中村佑介(キャラクター原案)のキャラクターとアジカンの曲が合わさっているのは新鮮だった。
(いつもジャケットだけでMVのイメージがなかったので)

王道のアニメが好きな人には少し抵抗のある世界観かもしれないけど、声優陣の違和感のなさや言い回しが可愛かったり私はとても好きでした。

まえじー
さん / 2017年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi