「ご都合主義者達の宴」夜は短し歩けよ乙女 たろっぺさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

夜は短し歩けよ乙女

劇場公開日 2017年4月7日
全185件中、159件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ご都合主義者達の宴

人恋しい病に罹った人々に絡まるご縁の糸を手繰る物語。

音響が良く、映像演出やキャラの動きはユーモラスだが、過剰に思う部分も多々あった。
脚本はご都合主義であるが、それをご縁と言われると反論の余地など無い。
ただ先輩の葛藤の描写が些か過剰である為、黒髪の乙女の感情の変化が極めて淡白に感じ物足りなかった。

結局のところナカメ作戦は、どれだけ彼女を思い行動できるかという至極まともな作戦。
ただ現実にはストーカー規制法の壁は越えられそうにない。

たろっぺ
さん / 2017年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi