「予定調和から、予想だにしない展開へ。不気味な監禁の結末。」ペット 檻の中の乙女 映画コーディネーター・門倉カドさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ペット 檻の中の乙女」 > レビュー > 映画コーディネーター・門倉カドさんのレビュー
メニュー

ペット 檻の中の乙女

劇場公開日 2017年2月25日
全22件中、19件目を表示
  •  
映画レビューを書く

予定調和から、予想だにしない展開へ。不気味な監禁の結末。

【賛否両論チェック】
賛:お決まりのストーリーにそぐわない数々の謎が次第に明らかになっていき、意外な方向へと進んでいくのが、斬新でハラハラさせられる。
否:内容が内容なので、人によっては観るのがキツいかも。グロシーンもかなりあり。

 サイコパスの男が、思い通りにならない意中の女性を監禁するという、ここまではよくある展開ですが、ここから事態は思いもよらぬ方向へと進んでいきます。
 監禁の目的を“救い”と豪語するセスの真意とは?ホリーが抱えるとある“秘密”とは?そしてホリーはどうやってこの危機を脱していくのか?全ての謎が繋がった時、驚愕のラストが訪れます。
 グロシーンもかなり多めなので、苦手な人でなければ、是非オススメです。

映画コーディネーター・門倉カド
さん / 2017年3月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報