劇場公開日 2017年4月14日

  • 予告編を見る

「中国舞台のハリウッド映画はワールドワイドなレベルで興行収益及び評価を勝ち取る事が出来るのかを問うた一作」グレートウォール NOBUさんの映画レビュー(感想・評価)

3.2120
12%
41%
33%
8%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5中国舞台のハリウッド映画はワールドワイドなレベルで興行収益及び評価を勝ち取る事が出来るのかを問うた一作

NOBUさん
2019年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

 「宋」時代、マット・デイモン扮する傭兵ウィリアム達は謎の獣に襲われながらも、万里の長城に辿り着き長城を守る禁軍に加わり、60年に一度姿を現す「饕餮」から長城を守る任に就くことを決意する。

 鷲軍、虎軍、熊軍、鹿軍、女性兵士で構成される頂上からダイビングし、相手を攻撃する鶴軍で構成される禁軍。取り分け印象的だったのは、青い甲冑に身を包み、ロープの反動を利用し攻撃する鶴軍とジン・ティエン演じるリン・メイ司令官の美しさであった。

 饕餮が壁を攀じ登るシーンを始め数々のシーンは迫力があるが、ほぼCG。

 マット・デイモンがその存在感を余り発揮できていない部分も少し残念だった。ウィレム・デフォーも同様。

 物語及び映画としての見応えはあったのだが、監督はチャン・イーモウである。ピーター・ジャクソン作品であればウームとなるのだが・・・(すいません)。

 僅かながら、中国映画とハリウッド合作の行く末を危惧した作品。

 ご存知の方も多いと思うが、マット・デイモンは当初は、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の監督・主演を務める予定だったが ”スケジュールの都合” でプロデューサーになり、親交厚いベン・アフレックの弟ケイシー・アフレックに主演を譲り、ケイシーがアカデミー主演男優賞を受賞した。

 マット・デイモンは大好きな俳優だが、彼の心中は如何だったのだろうかと下衆な想いを抱いてしまった作品でもある。

 <2017年4月16日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU
「グレートウォール」のレビューを書く 「グレートウォール」のレビュー一覧へ(全120件)
「グレートウォール」の作品トップへ