「様々な“呪縛”の物語」名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) syu-32さんの映画レビュー(感想・評価)

名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)

劇場公開日 2017年4月15日
全255件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

様々な“呪縛”の物語

「名探偵コナン」劇場版シリーズ第21作。
最新作公開記念の「金曜ロードSHOW!」での地上波初放送を鑑賞しました。
所々カットされているからか、「ん?」と思うところが何ヵ所かありました。
伝統という呪縛、恋という呪縛、名誉という呪縛、様々な形をした“呪縛”の物語だと感じました。
劇場版だけに派手な爆発シーンがてんこ盛りです。
テレビ局を一局丸ごと潰してしまうのですから、犯人些かやりすぎではないかなと思いました。そこまで犯行への想いが強いということでもありますが。
ミスリードに次ぐミスリードですが、少しあからさまな感じで、中盤辺りで犯人の見当がなんとなくですが付いてしまいます。
平次と和葉の恋模様にときめきます。
新一と蘭の関係もそうですが、両想いなのになかなかくっつかないもどかしさが堪りませんね。
和葉の恋のライバル・紅葉との三角関係がいい味出してます。
個人的に「迷宮の十字路」が一番好きなのですが、この作品でも同じく京都や大阪を舞台にしています。
嵐山の紅葉など風情ある秋の風景が、メインの百人一首と相まってとてもおしゃれで美しい、日本ならではのロマンが溢れている作品だなと思いました。

syu-32
さん / 2018年4月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi