夜明けの祈り

劇場公開日

  • 予告編を見る
夜明けの祈り
18%
62%
19%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次世界大戦末期の悲劇的な事件によって傷ついた修道女たちを救うべく尽力した、実在の医師マドレーヌ・ポーリアックをモデルに、「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が描いたヒューマンドラマ。1945年12月、ポーランド。赤十字で医療活動に従事するフランス人女性医師マチルドのもとに、ひとりの修道女が助けを求めに来る。彼女に連れられて修道院を訪れたマチルドは、ソ連兵の暴行によって妊娠した7人の修道女たちが、信仰と現実の間で苦しんでいる姿を目の当たりにする。マチルドは修道女たちを救うため激務の間を縫って修道院に通うようになり、孤立した修道女たちの唯一の希望となっていく。主演は「待つ女たち」のルー・ドゥ・ラージュ。共演に「ハミングバード」のアガタ・ブゼク、「イーダ」のアガタ・クレシャ、「EDEN エデン」のバンサン・マケーニュ。

2016年製作/115分/G/フランス・ポーランド合作
原題:Les innocentes
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2015 MANDARIN CINEMA AEROPLAN FILM / ANNA WLOCH

映画レビュー

5.0静寂と映像美で綴る歴史の狭間の悲劇と希望

ローチさん
2017年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

撮影監督のカロリーヌ・シャンプティエの映像がとにかく美しい。サイレント映画と思えるような静寂が印象的で、それも映像の美しさを際立たせている。

第2次大戦直後のポーランドの修道女に起きた悲劇を描いたこの作品は、ナチスに占領され、ソ連によって解放されたポーランドの戦後の悲劇を体現する存在として、解放軍であるソ連兵に望まぬ妊娠させられた修道女が描かれる。
物語は、敬虔なカトリック信者ゆえに妊娠の事実を隠そうとする修道女たちと、彼女たちを救おうと奮闘する主人公の医者との交流を中心としている。
厳粛な雰囲気の中、歴史の狭間で苦しめられた人々の鎮魂歌となるような、そんな映画だ。史実とは異なるエンディングを描いているが、未来への希望を持たせていて良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ローチ

こんな事本当にあったんだ!?と驚く

見聞さん
2020年1月6日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
見聞

4.5第二次世界大戦末期、ポーランド修道院での悲劇を一人の女性の崇高な行為が浄化する

NOBUさん
2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

 哀切な物語である。

 人間の愚かさ、尊さを一人の赤十字フランス人女性医師の崇高な行為を通じて切実に描き出す。

 初見以来、2年近く経つが映画を観ている際の衝撃と観終わった後の感慨は
今でも忘れられない。

 強烈な反戦映画でもある。

<2017年10月5日 日本で最も歴史ある現役映画館で鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

5.0希望

2019年7月13日
Androidアプリから投稿

すごく心にしみる話だ。人生誰にでも辛いことはあるけど、どんなときにも希望は捨てないで、、、、というと少し薄っぺらいけど、そんな簡単な言葉でしか表せないくらい素直な気持ちになれる素晴らしい人たちが出てくる映画だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッターホルン2
すべての映画レビューを見る(全46件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る