劇場公開日 2017年3月18日

  • 予告編を見る

「今そこにあるあるある」わたしは、ダニエル・ブレイク バッハ。さんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5今そこにあるあるある

2017年3月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

社会派で知られる巨匠が引退を撤回して撮った渾身作。そういう説明も間違ってはいないが、それではちとハードルが上がり過ぎる。

むしろ本作は日本人にとっても非常に身近でわかりやすい。役所のたらい回し、なんでもかんでもオンライン化され、問合せの電話をすれば延々と保留中の音楽ばかり聞かされる。知りたい情報はみんなネット上にあるらしくて、アクセスできない情弱は見捨てられ排除されていく。

この映画のダニエル・ブレイクほどネットが苦手じゃない筆者でも、世のシステムが出口の見えない迷宮と化していることはひしひしと感じている。福祉の削減と役所や企業の優しさのない応対はまったくもって他人事じゃない。

社会から見捨てられた貧困層の映画、ではない。われわれの誰もがじわじわと絞め殺されるように滅びへと向かっている。そんな社会システムの映画であり、なおかつ説教や解説でなく、市井の人間の魂や生き様についての映画であることが素晴らしい。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 10 件)
バッハ。
文香さんのコメント
2017年3月30日

観てみようと思いました。

文香
「わたしは、ダニエル・ブレイク」のレビューを書く 「わたしは、ダニエル・ブレイク」のレビュー一覧へ(全122件)
「わたしは、ダニエル・ブレイク」の作品トップへ