アンダーカバーのレビュー・感想・評価

メニュー

アンダーカバー

劇場公開日 2017年2月28日
11件を表示 映画レビューを書く

過激 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アメリカで放射性物質セシウム6缶の行方がわからなくなり、首都ワシントンを標的にした大型テロの可能性が浮上した。FBIは白人至上主義者のカリスマ的存在であるダラス・ウルフの情報を収集するため、若手捜査官ネイトに潜入捜査を命じる。自らの頭をスキンヘッドにして白人至上主義者になりきったネイトは、ウルフと面識のあるネオナチ青年ビンスの仲間になることに成功するが……。ぎりぎりのところでセシウムの所有者を突き止めぎりぎりで突入して手柄を上げる。

Takashi
Takashiさん / 2017年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

はて?

ハリー・ポッターの人が出てるやつで、潜入捜査みたいだったから借りたけど、全く面白くなかった。

なな姐
なな姐さん / 2017年7月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

静寂の中に潜む緊迫感。はみ出し者が挑んだ危険な潜入捜査。

【賛否両論チェック】
賛:FBIで干されていた主人公が、その能力を活かして潜入捜査を遂行していく姿に、観ていてハラハラさせられる。意外な犯人像にも驚かされる。
否:過激思想の描写は、人によっては嫌悪感を抱きそう。展開も淡々としているのが、たまに傷。

 FBIにあって“インテリ”と揶揄され、はみ出し者となっていたネイトが、理解のある上司と出逢い、その対話能力で潜入捜査へと挑む姿が、淡々とした中にも緊迫感満載で描かれていきます。同時に、何気ない日常に潜む危険な思想の数々に対する、自戒的な意味合いも含まれ、思わず考えさせられてしまいます。
 また、あまり言うとネタバレになってしまいますが、サスペンスとしても良質で、クライマックスの意外な犯人像にも、驚かされます。
 人によっては嫌悪感を抱きそうな過激思想団体の描写も多いので、好き嫌いは分かれそうですが、実際に起きた事件の顛末を是非ご覧になってみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2017年3月11日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雰囲気に騙された。

ネオナチの集団に紛れてバレるかバレないかのハラハラ感や恐怖心などは皆無。

ネオナチは潜入捜査の入り口であって物語の中盤以降には用済みで存在感すら無い。

インテリぶった白人至上主義のテロリスト手前の連中を相手にして普通の格好で普段は暴力的でも無くクラシックの話なんかしちゃってネオナチの群れでの興奮を期待していた筈が意気消沈。

FBI同士のやり取りもいい加減で女上司も意味不明な言動に行動でクオリティが低い。

潜入して何の根拠も無くハリー・ポッターを信じ過ぎる頭が足りない連中にも半信半疑で基本的に口で丸め込まれて潜入側の都合が良い方向にしか進まない。

ネオナチを前面に出した宣伝に騙された。

万年 東一
万年 東一さん / 2017年3月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

病的に盲目

自分の考えの狭さや思考と理屈の矛盾に気付かない強力なファシスト集団に潜入し捜査するFBIの話。

セシウムを所有する犯人を特定するべく捜査する訳だが、終始白人至上主義の気持ち悪さに傾倒しており不気味な感じが凄い。
捜査云々というより、思想を外からみるのが主題な作品。

Bacchus
Bacchusさん / 2017年2月28日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ネオナチからの脱却

パンク、様式的、エリート、スピーカーなど様々なタイプのアメリカのナエオナチたちが出てきます。
ネオナチズムを受け入れた上で乗り越えていく。
1934年の「意志の勝利」と合わせて観たい素晴らしい作品です。
85点。

neonrg
neonrgさん / 2017年2月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

米国内でテロを起こす白人至上主義者

「欧州人の行く道」ってどんな本か気になる。
悪人が勝つには善人が何もしない事だ。
指導者無しの抵抗。まさに今のテロの手法でゾッとする。
ティモシーマクベイの最期の言葉がインビクタスで知った詩の引用と同じだったのが皮肉。
ハリーポッターが一際小さい、流石に役柄に無理があるような…

e
eさん / 2017年1月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもろい

アクションよりドラマに重点を置いた侵入捜査映画。なかなか良かった。

素子
素子さん / 2017年1月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

白人至上主義とアメリカ第一

大量の放射性物質が無くなり、FBIはアメリカでテロが起きると警戒。
ネオナチをマークする新人捜査官のネイトは、白人至上主義の組織に潜入する…。

注目はダニエル・ラドクリフのイメチェン。
序盤は子供が背伸びしてスーツを着ているようにしか見えなかったが、スキンヘッドにして潜入してからは迫真の熱演。
案外、硬派な役が似合うかも。

潜入捜査モノの醍醐味、身元がバレるバレないのスリルは勿論、白人至上主義者たちの危なっかしい実態にもハラハラ。
組織に怪しまれずにテロ阻止に奔走する様はサスペンス映画として見応え上々だが、実を言うとちょっと違う展開が見たかった。
組織に感化され、価値観がひっくり返り、言動も過激になっていき、テロに加担する…だったらバッドエンドながらも衝撃的に印象に残りそうだった。
実話を基にしているので、さすがにそれは仕方ないが。
ラストの更正のメッセージは“今からの”アメリカにこそ響く。

映画で描かれた問題は、人種のるつぼのアメリカが抱える闇。
それに取り組み、緩和しなければならない新大統領が差別主義者…。
白人至上主義は、アメリカ第一の体現か。

WOWOWにて先行放映。
2月28日より公開。

近大
近大さん / 2017年1月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

潜入捜査官

セシウムの粉末がアメリカ国内に密輸されたことが判明、主人公(ダニエル・ラドクリフ)はネオナチが怪しいとにらむ。
FBIはイスラム系過激派を疑うが、主人公の潜入捜査を認める。
アメリカの病巣が根深いことに怖れを感じた。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年1月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何より ラドクリフくんの演技が素晴らしかった! 潜入捜査の映画は他...

何より ラドクリフくんの演技が素晴らしかった!
潜入捜査の映画は他にも何度か見たが 1番ドキドキした 彼が人の心を変えたいと思う気持ちは切実だ 人の考えや思う事はどうにもならない かな?

ふうさん
ふうさんさん / 2017年1月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

11件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi