「答えのない問題」僕と世界の方程式 siuuuさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

僕と世界の方程式

劇場公開日 2017年1月28日
全26件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

答えのない問題

ネイサンとお母さんのやり取りが初めは見ていられないくらい切なかった。
数学の才能があっても、ピアノをすぐ弾けるようになっても、人に溶け込む能力がなければダメなんだと、世界は言っている。
その中で無意識に苦しんでるネイサンやルークの表情だったり言葉がすごく胸に刺さった。
その中で自然体で突っ込んできたチャン・メイが1番ネイサンの気持ちを動かしたんだな。
整理のつかない気持ちを、お父さんの死を受け入れながらネイサンに説明するお母さんには泣かされた。
ネイサンだけじゃなくてお母さんも、先生もチャン・メイもこの話の中で殻を破ったんだな。
最後の終わり方も、これが青春なんだと思えて私はすっきりした。

siuuu
さん / 2018年1月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報