「生きる情熱」菊とギロチン なんくるないさーさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「菊とギロチン」 > レビュー > なんくるないさーさんのレビュー
メニュー

菊とギロチン

劇場公開日 2018年7月7日
全40件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

生きる情熱

関東大震災後の若者たちが、貧しく食い物にも困っている中で必死に生きていく生き様に魅せられました。
男は男で、革命とか大きなことや、立派なことを言うだけで埋もれている中でも、頑張って這い上がっていく姿や、女は女で、女相撲という一見エロにも取られかねないが、見世物としての力士という職業を選び、自由を求めて誠実に戦っている姿に熱いものを感じました。

現代もなかなか生きづらい世の中だと感じますが、それでも頑張っていかないとな、という生きる活力をもらえました。

なんくるないさー
さん / 2018年9月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi