「最後にやられる」LOGAN ローガン とあさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

LOGAN ローガン

劇場公開日 2017年6月1日
全339件中、209件目を表示
  •  
映画レビューを書く

最後にやられる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ここまで17年間、ウルヴァリンを演じてきたヒュージャックマンの最後の作品。

最後にふさわしい映画になったのでは無いでしょうか。

アクション映画でありながら、ロードムービーのような、
SF映画でありながら、ヒューマンドラマのような。

両極の要素を上手く纏めた作品だと思います。

最後に十字架を斜めにしたとき、
「ああ、これでX-MENシリーズは一旦終わりなのか」
と改めて考えさせられ、涙が止まりませんでした。

面白いと思える作品は、必ずしも楽しい、幸せでは無いのだと学ばせてくれます。

そしてローラ役のダフネちゃんが素晴らしい演技をしてくれます。予告からワクワクしていましたが、それを上回る演技力。

今までウルヴァリンの単体作品は
ウルヴァリン ZERO
ウルヴァリン SAMURAI
でしたが、今回のタイトルは「ローガン」

何故ウルヴァリンと付かないのか、作品を観て納得しました。
これはミュータントとしての彼ではなく、人間の、一人の男として最期まで人生を全うする彼の物語だったからです。

本当に涙が止まらなかった。

17年間ありがとうヒュージャックマン。

とあ
さん / 2017年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報