劇場公開日 2017年6月10日

  • 予告編を見る

残像のレビュー・感想・評価

3.616
11%
64%
21%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全16件を表示

4.0全体主義の狂気

a0064さん
2019年1月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

知的

難しい

この映画を、社会主義の失敗の糾弾と捉えるべきではない。芸術の弾圧と歪曲は、反共産主義を掲げたナチスや大日本帝国でも見られた現象だからだ。行き過ぎた全体主義、ひいては他者の見解を頑なに認めようとしない人間の本質的な部分の過剰な発現に警鐘を鳴らしている作品と見るべきだ。
私自身、この高度資本主義経済社会において、生まれながらの格差を見せつけられることが多く、その理不尽さを体感してきた人間である。だからこそ、労働者の結束と富の平等な分配という理念には心踊るところがあると感じる。
しかし一方で、私は芸術のジャンルとして、わけのわからないもの、不気味なもの、説明のつかないものを好む。例えば、佐々木マキ氏の漫画などがその例だ。佐々木マキ氏は、漫画の神様に狂人呼ばわりされたことがあるそうだが、私は漫画の神様のことも好きなので、この話には複雑な気持ちになる。しかし、漫画の神様は他者の芸術家の自由に干渉し過ぎたのではないかと思う。
どんなに偉大な人物でも、権威者になると他の考えを討伐したくなるものらしい。それはいけないことだ、と反論できる環境を確保しておくことが重要だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
a0064

2.5ぽかーんとしながら見た

2018年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この人や芸術について知識がない、ことを前提だと入っていけない内容、かな。もちろん、思想の弾圧に苦悩する芸術家の姿はドラマとして見れるわけだが、制作者の思い入れを汲み取るところまではいかない。
なので、見る人を選ぶ映画でしょう。(レビューの温度差が出やすいジャンル)
あ、もちろん、ぽかーんとしながら見たくちです。トータル普通ってことで。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

5.0これ以上ない

2018年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

知的

考えは認識から
認識以前にあるものは、精神、こころ
自分自身の認識や考えにすら、自分の精神は規定されていない
それは主人公にとって、余りにも自明だったのだろう。

壮絶だけど、現実から解放されて気持ちが落ち着く映画。
テーマとモチーフ、セリフ、演出のピントがドンピシャ
さすがです
何度も観ると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ソウイチ

4.0遺作

2018年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

ポーランドの巨匠、アンジェイ・ワイダの遺作で、実在した画家の話。
主人公は第一次世界大戦で片足を失っていた。
第二次世界大戦終戦後、ソ連の強い影響力のもと、ポーランド共産党から目を付けられ迫害される。
主人公は反骨、というよりも淡々としたヒューマニストというイメージで、それほど反政府でもない人物を抑圧した全体主義に虫唾が走る。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0イデオロギーって、不自由だね。

ゆうさん
2018年6月22日
iPhoneアプリから投稿

日本の戦時中のような、イデオロギーの統制が社会主義国だったポーランドにもあったんですね。逆に統制されるだけ、アートに力があったということかな?

娘が健気で気の毒だ。なんであんなに親想い?幸せになって欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆう

4.02017年度ベストムービー!

stoneageさん
2017年12月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

力強い作品でした。遺作とは思えないパワーを感じる映画でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

3.0重い

okuyさん
2017年9月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

状況が深刻になるにつれて主人公の表情が穏やかに優しくなっていったのが切なかった。芸術家が没後に評価されがちなのは、生きてた時代に弾圧されたからってこともあるのかなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
okuy

4.0重厚で繊細

2017年7月22日
iPhoneアプリから投稿

娘役の女の子が効いていた。相次いで両親を失う彼女。しっかりと行きていけるだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やまだしんじ

3.5反体制

Takashiさん
2017年7月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takashi

2.0笠地蔵

2017年7月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

心を閉ざす者達。

研ぎ澄まされた画、心象に呼応するかの様に弦が震える音楽。
彼の遺作と思うと、物語が一歩進む度に立ち止まりたくなる。
政治や主義が殺したのか。
いや、どんな圧政が敷かれようとも、それぞれが自分の側に立っていれば良いだけの事。
心の目を瞑る民衆には、ストゥシェミンスキが認識出来ない。
どちらがマネキンなのかは明白である。

旅立たれた彼に青い花を手向けるべく、目を開き生きねば。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろっぺ

4.5閉じられていく世界

komasaさん
2017年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
komasa

4.5芸術家と政治

Momokoさん
2017年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

政治が芸術を手段としているようなソ連、ポーランド当局に対し、良心を守った芸術家の物語。

1948〜1950年頃のポーランドの街をセット、通行人、石畳と水たまり、馬車、肉屋の行列など、見ごたえのある映像だった。

ワイダ監督、素晴らしい映画をありがとう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

5.0重く悲しく美しい

SHさん
2017年6月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

悲しい

現代アートと古典絵画、そこに現代音楽が交わって、見事な総合芸術が形成されているといった印象。
そしてその内容は近現代のポーランドを痛烈に告発したものであり、これぞワイダの真骨頂といったもの。
最後に最高の作品を残してくれたという感動も相俟って、エンドロールの色彩美には体中が震えた。
絶え間なく続く負の連鎖には、ワイダの強い意志を感じる。それが遺志となってしまったことは残念きわまりないけれど、ワイダが最後に作り上げた悲痛のショットをしっかりと心に焼きつけて、新たな社会と芸術をつくり上げていきたいものである。
心も体も脳みそ全て刺激された作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

4.0信念の戦い ここに極まれり

2017年6月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

命を削っても、芸術への信念を守ることの凄まじさ。全体主義の愚かしさを告発するとともに、命を超えて守るべきものがあることの輝きを強烈に見せてくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん

3.5時代を反映した色調

花火さん
2017年6月11日
Androidアプリから投稿

 劇的な展開は無く、ある芸術家の抵抗と敗北を、即物的な生々しさで描いた遺言とも言えそうな映画。画家が描く抽象画と相反する、褪せた色調の画面が全編を支配する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
花火

3.5I think the way to express the th...

toolassさん
2017年6月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

I think the way to express the theme of the bankruptcy of socialism is a bit too cliche.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
toolass
「残像」の作品トップへ