退屈な日々にさようならをのレビュー・感想・評価

退屈な日々にさようならを

劇場公開日 2017年2月25日
4件を表示 映画レビューを書く

退屈しない2時間20分に感謝を。

視点が切り替わるタイプの群像ドラマで、コメディーと不条理ホラーの味付けもほどよく、といったところ。人間関係や話の展開には若干無理矢理な偶然もあるが、ストーリーテリングのうまさに心地よく連れて行かれる。

青春、映画作り、震災の行方不明者と残された家族、同性愛者の生きづらさ、身近な人を失うこと。さまざまな要素が織り込まれているので、観る人によってまた違った感じ方、楽しみ方ができそうだ。2時間20分の長尺だが、最後まで面白く観賞できた。

人物(たち)の行動の動機がよくわからない場面もいくつかあるが、わかりやすく説明しようとせず、解釈を委ねる姿勢に好感が持てる。「無音」の使い方も効果的で、ハッとさせられるシーンがあった。

AuVis
AuVisさん / 2016年11月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

退屈な映画にさようならを

まずは、映画のテンポ。監督のリズムが非常に反映されているまったり、ワークショップの俳優さんとだから、じっくり時間かけて作れる利点を生かして芝居をじっくり見せているのだが、演技自体がまったり見れるレベルではないので、まずここで心が折れそうになる。編集、これもマッタリしている。上手いなあ〜というのをずっと繰り返し見せられてる感じがキツイ。シネフィル向きの映画のを作っているのだろうが、役者陣の演技がキツイのでそれを見せられてもキツイ。
ヴィレッジヴァンガードで流れてるボサノバの音楽みたく。サラーと流れている感じ。
脚本、日常の会話に近しい形をとってるんだがそこまでひつこく捉える必要はないと思います。まあお金いただいて撮影してるわけだから、其々を見せなきゃいけないのだろう…あと現場で結構直してるんだろうあ〜と。キツイ
音楽、ゆる〜い感じで映画には非常にあってました

マーティー
マーティーさん / 2017年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画としてどうかというと

回収しきれてないだろとか、ありえないだろとか、つつきたいならいくらでも出てくるでしょうね。

私は映画詳しくないし難しく考えるの苦手なのでスクリーンに映った映像を観てました。飽きたら寝ちゃいます。この作品は飽きなかった。どうなるんだろう?あ、あれとこれが時間つながってたのかー、この歌いいな、??あいつらどこ行ったんだ?、、みたいによくわかってないとこもあるけど、「最初から最後まで目が離せなかった。」←これが一番。映画ってそれだと思う。

私はこの作品で退屈しなかった

らっこおやじ
らっこおやじさん / 2017年3月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まったりを過ぎてダラダラ

シーンが多いうえに一つ一つのシーンがムダに長くて説明があまりにも多い為、テンポが悪過ぎてシュールなシーンの妙が引っ掛からないし笑える場面も笑えないし、内容の割に作品全体も長過ぎて嫌になってくる。

ストーリーとか繋がりのユニークさは面白いけれど、100分以内に収まる様にしても充分まったりとした空気は出せるんじゃないかと勿体なく感じた。

Bacchus
Bacchusさん / 2016年11月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  笑える 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi