蠱毒(こどく) ミートボールマシンのレビュー・感想・評価

蠱毒(こどく) ミートボールマシン

劇場公開日 2017年8月19日
7件を表示 映画レビューを書く

残念な出来映え・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

田舎では上映が無かったので、DVDで購入してやっと鑑賞できました。
でも、、、
前作の「ミートボールマシン」があまりに素晴らしかったので、期待しすぎてしまったのでしょうか・・・。
前作ラストのような「愛し合うゆえに永遠に殺しあう二人」という、身をヨジるほど痺れるエスプリがまったくありません。
娯楽に徹したのか、というと、そちらも半端にスタイリッシュでメリハリ無く前作以下。
同じようなカメラワークと、同じようなバトルを、同じようなテンションで延々続けるので眠くなりました。
タイトルを、ただ「蠱毒」にした方が、変な先入観なしで楽しめたかもです。

じろぉ
じろぉさん / 2018年6月21日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2018_9

みゆきさんが綺麗でしたが…
ちょっと辛かったな…

レンタヌキ
レンタヌキさん / 2018年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

めっちゃ。。。。すごいです!

とにかくめっちゃくちゃ面白かったです。
こんな初めから最後までのめり込んだのは初めてです。
観客を選ぶ映画です!選ばれて良かった〜!

baby baby
baby babyさん / 2017年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

血糊スプラッシュ祭り ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どうせB級エログロアクションでしょ?と期待してなかったものの、なんかウズウズして観に行けば想像以上に面白かった。

オープニングの蠱毒シーンから気持ち悪く好き。
ちゃっちいCGとは裏腹にめちゃめちゃ気合の入りまくったネクロボーグの造形やゴア描写が好き。
上半身が切り飛ばされても下半身は野外セックスを続けるのとか、手足を切り落としたカラテカ矢部を股間に付けて振り回すのとか、本当に最高だった。

勇次が半ネクロ化してからはずっとクライマックスアクションが続いて疲れるけど楽しかった。
とにかくド派手に吹き出す血飛沫、おっぱい剥き出しでネクロを乗り回すカヲル、とにかくキモい内臓武器に飽きない。

あれだけ街がかき乱され人間がたくさん死んで勇次とカヲルがドラマチックな最期を迎えたっていうのに、栄養ドリンクとして異星人のテレビショッピングで斎藤工に軽〜く売られちゃう。
酷いな!と思いつつ、あれ、これっていつも私達がやってることじゃん、と気付く。

毎日大量の命を消費し食い荒らし、残ったら何も考えず廃棄し、一つの種が滅んでも他人事で気にもせず、生き物を戦わせて呪術に使ったり挙句見世物にしたり。
分かっちゃいるけど分かってない我々の傲慢な生活へのアンチテーゼ的なメッセージも込められてんのかなーなんて最後に思った。
別に明日からも毎日ごはんを食べてクーラーを付けて生活していくんだけどね…

KinA
KinAさん / 2017年8月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

スカッとする見世物小屋。

厳しい制作条件と、監督の世界観の狭間で、こういうジャンルが生まれてきた事は必然で、世界的にこのジャンルのファンは増えている。現に西村氏は2017のSSWに招待、紹介されている。カンヌからお呼びがかかったという噂もある。海外ホラー映画祭では受賞常連組だ。
映画業界の閉塞感、大作主義、原作ありき、高度なCG、そういった物への不満を強引にカタルシスに変換するのがこのジャンルの醍醐味だ。
そこをわからずに見てしまうと「クソ」と言うことになるだろう。ある種、見る人の懐の広さを問う映画であり、屈折した映像への愛情と考える。

ついでに僕はホラーだとは思わない、飛び散る血飛沫に「たまやー」と叫びたくなる見世物小屋的エンタメだと思っている。

蟲太郎
蟲太郎さん / 2017年8月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クソ

時間と金のムダ!

ドラゴン
ドラゴンさん / 2017年8月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マニアックだけど傑作!

これは一部のマニアックな方には最高の作品ですね。ちなみに私は大好きです!
とにかく膨大な量の血とグロシーンが飛び交うので、そういうのが苦手な方は最初からダメでしょう。また、チープな特撮を笑えない人もダメ(笑)
しかし、その壁を乗り越えられる人には、この上ない傑作です。
かつてのスプラッター映画や昭和の作品へのオマージュも沢山あって、シュールな造形も相まって、見事なオリジナリティを感じさせてくれます。
主演は初めて!の田中要次さん完璧なダメおやじぶりなんですが、だんだんかっこよく見えてくるから不思議です。ヒロインの百合沙さんも初脱ぎと言うにはあまりにあっぱれな脱ぎっぷりで、グラビアやってる人とは思えない気合いの入れようです。ビーチクも可愛くて綺麗なんです♫斎藤工さんのちょい役も笑えます。
監督は西村喜廣さんで、シンゴジラの造形クリエイトとかやってる方なんですね。なんか第二形態あたりの独特の気持ち悪さが似ています。
ギャグは冴えてるし、この手の作品にお約束のやりすぎ感もあるし、社会風刺も効いてるし、ということで超オススメ(ある層の方には)の作品です。
海外のファンタスティック系映画祭ではバカウケらしいのですが、単館で一日一回しか上映されないのはもったいないですね〜
日本でも、こういう作品を楽しめる人が、もっと増えて欲しいですね。

ayoihs
ayoihsさん / 2017年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi