「静謐」ブレードランナー 2049 たろっぺさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ブレードランナー 2049

劇場公開日 2017年10月27日
全526件中、177件目を表示
  •  
映画レビューを書く

静謐

波打つ光と黒々とした影のコントラストが、美しき恐怖を際立たせ、馬や羊、蜂や聖痕などの表現のバトンを受け継ぎ、歩みを進めようとする気概を感じる。
また、音楽は低音の強調が耳障りな所もあるが、未踏の地の感触を確かめるかの様に詩的であり、受け手の感情を誘導させる表現を過去の物としている。
しかし、役者や犬は今ひとつキャラクターを掴みきれている様には思えなかった。

まるで奇跡の様に、何もかもが愛される。
雨の中の涙はそして雪になる。

たろっぺ
さん / 2017年11月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報