風に濡れた女のレビュー・感想・評価

メニュー

風に濡れた女

劇場公開日 2016年12月17日
15件を表示 映画レビューを書く

高めかた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まって、
まって、
ぶつかる。

なかなかてに入らない人と
一緒になる興奮が
描かれてました。

くり
くりさん / 2018年5月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

斬新な抜けるロマンポルノ

いばらきフィルムコミッション
荒ぶる主演女優が光る
冒頭のシーンも衝撃だったが
演劇論とロマンポルノの融合が意外にマッチ
主演俳優の肉体も絶倫さを裏付ける
WOWOWはR15+

e
eさん / 2017年12月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

男と女の喜劇。

ロマンポルノ初鑑賞。
映画館で観たくて、ビビりながら行ったけど女性もいて一安心。

女目線で観た個人的感想。
これは男と女の喜劇だ。メインの女性の色んな意味であけっぴろげな肉体はエロスよりもまず生命力を感じたし、たくさん出てくる濡れ場もエロスを感じるよりはスポーツ観てるみたいだった。笑

大筋は無気力状態で独り掘っ立て小屋で生活を送る劇団作家だった青年の前に、性に開放的で生命力に溢れた女性が現れて、駆け引きに応じながら生命力を取り戻していく、そんな感じ。
(食べ物を貪りながらセックスするシーンが象徴的。)

ロマンポルノってたぶん男性の性処理的な側面よりも、そんな性欲に抗えない男性(ときに女性)を冷静に観察する視点からできてるのかなって思った。
この作品においてはラストシーンの「イヌはどっち?」という問いかけが観る者
に自覚を促している。

それにしても不思議な作品。
色んなシーンに「え、笑っていいのかしら?」と思いながら笑いそうになって観た。
(ロマンチストの若者の謎のポエム、セックスの順番待ちをする劇団員たち、激しいセックスに崩壊する小屋。。笑)

「素晴らしい作品だ!」と絶賛はできないけど、観た後は何だか爽快感がある。
そんな不思議な作品だった。

あ、ちなみにこの作品において一番エロスを感じたのが、助手の女の子が喘ぐとこだったのは私だけじゃないはず。笑

ゆめ
ゆめさん / 2017年3月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つかみは最高なのだが…

冒頭のつかみは最高、女優も魅力的なのだが。
エロばかりに集中して物語がおざなり。
雰囲気は嫌いではないが、自分がコレを手放しで喜べたのはハタチくらいまでだな。
必然性のあるエロスが観たかったな。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2017年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

虎と犬のひと時

世捨て人と流れ者の女の性的闘いの話

園子温の「アンチポルノ」と違ってかなり濡れ場とエロスがあった。

ユーモアも多く散りばめられているし、何気ないものが伏線だったり、作品として面白かった。

低予算だからこその規模の小さい物語だったが男と女の駆け引きや、距離感なんかが良く描かれていたと思う。

途中、演技の指導で一つの言葉で多くの感情を表現する場面があるのだが、見ていてこんなにも多くの表現を役者は求められているかとおもうと凄い世界だなと実感した。
言葉を使わない表現もなかなか見ていて楽しかった。

結局男はバカだし欲には勝てないのだなと思った、最後の展開は何処か故事のような不思議でむなしい終わり方だったので、余韻と謎を残しながらも面白かったと言える作品だと感じた。

劇中セリフより

「あれは、怒りのキッスだったね」

フリント
フリントさん / 2017年2月22日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主演女優は頑張っていたが。。。

自由奔放に性の悦びを求める女と、思索のために女断ちをする男。最後までお預けくらって、ヤキモキさせられるのかと思っていたが、予想と違った。設定がなかなか面白いので、映画としても楽しめるかと期待したが、人物の掘り下げはイマイチで、しっかり入り込めず眠くて朦朧となった。

つなやん
つなやんさん / 2017年2月11日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

風邪

まず主演の二人のアクロバティックさが凄い。
なんかよくわかんなかったしあんまり面白くなかったけど、可愛い助手の子は脱がないと思ってたからガッツリ濡れ場があって嬉しかったし嫉妬した。
ジムノペディのときは一番清楚で可愛い子が脱がなかったから余計にね。
13

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年1月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは、アクションだ。

すげぇ。
え、これロマンポルノなの?
すげぇ。
アクション映画だった。
とにかくアクション。
観た後にぐったり疲れる。
アクション映画を観たようなすっきり感があった。

まえじー
まえじーさん / 2017年1月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドライマティーニなお伽噺 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

酒はビールだけしか出てこない作品なのだが(苦笑)しかも駅弁fackでグビッとw
とても乾いた風が吹いているようなそんな雰囲気のある内容である。ロマンポルノリブートはこれで二作目だが、前回よりも今回の方が本来のポルノにある『勃つ作品』としての矜持は保っていると思う。
お伽噺のようなオチであるストーリーは、結局動物園から逃げ出したトラが、本来の野生のまま交尾をしまくるという展開なのだが、あまりその部分を重要視していても意味がない。組んずほぐれつセックスするという動物的な本能をパッションに訴えるというシチュエーションが続く、それだけである。それが馬鹿馬鹿しく可笑しいのだが。
それにしても登場人物達の芝居関連のバックボーンは、この作品に限らず、男も女もすぐ姦りたがるという、一つのプロット、ステレオタイプ、お決まりのパターン、として認識されているのだろうか。昔の黒テント、赤テントの時代に、劇団は全国へ旅をしながら公演をしていくが、劇団員は男女とも雑魚寝だったから、兄弟姉妹にすぐなってしまうらしいという夢の様な話をきいたことがあり、そこからの話なのかもしれない。どうでもいいことだが・・・
主役のヒロインのトランジスタグラマープロポーションの良さと演技、セックス描写は大変愉しませて貰った。目力の強さや、艶はスクリーンからビンビンに伝わってくる。この娘の次回作も期待大だ。

いぱねま
いぱねまさん / 2017年1月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おいおい

164本目。
突っ込み所、満載。
所詮、男と女って。
芝居論じてるけど大丈夫?って思っちゃう。
脚本の突然性、突発的な所は演劇ぽいし、これ以上は望めない作品。

ひで
ひでさん / 2016年12月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味もなくただやりまくるだけの話

普通のエロ映画なら単なる駄作だがAVじゃなくてモザイクの無いやってるふりを見せるロマンポルノの現代版としてならこんなもんなのかな!

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2016年12月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなか

面白かったです。
新宿武蔵野館久しぶりに来ましたが、とても綺麗になっていました。

かん
かんさん / 2016年12月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正しく活劇

 塩田監督らしい、体を持ち上げるといった身体アクションに満ちた内容。撮影・四宮秀俊とのコンビは相性抜群で、流麗な移動撮影に目を奪われる。線が細い間宮夕貴が超然的に見えるのは、その声に宿る芯の太さからか。すこぶる面白い78分。監督本人が仰るように、エロくはないけど。

花火
花火さん / 2016年12月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この企画、大丈夫かな

一人で考えたい、なんて子供じみた理由で森にバラックを建てて隠遁生活をおくる演出家が主人公。
そこへ現れたのが何をやるか全く読めない不思議な女。
この二人を軸に話は進むが、はっきり言ってよくわからない。
今の時代、セックスシーンで火薬は来ないと思うが・・・。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年12月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オモロイ❗

エロ有りました。
前半引っ張ります。
後半引っ張ります。
後半のセックス良いです。

○
さん / 2016年12月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi