校庭に東風吹いてのレビュー・感想・評価

校庭に東風吹いて

劇場公開日 2016年9月17日
2件を表示 映画レビューを書く

子どもたちが良かった

 主人公ミチルをはじめ、ミチルの友達の女の子、じゅんぺい、男の子三人組、どの子もいきいきとしていました。遠藤久美子も、じゅんぺいの母の役の方もよかった。えんくみの遠藤久美子しか知らなかったけれど、悩める母親の必死な様子が伝わってきました。
 残念なのが沢口靖子の良すぎる滑舌と、なんだろう…きれいすぎる演技。くどくなってしまうというか、もう少し抑え気味にして欲しかった。金八見てる気分。管理職や学校、行政の描き方が少し古い感じがしました。子どもたちやミチルの家族、三木先生の家族の演技がよかっだけに、散りばめられてしまった突っ込みどころが惜しい。
 子役たちのがんばりと約二時間が長く感じられなかったことと、題材の良さに星4つ。映画としては3つ半。

makiko
makikoさん / 2016年10月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

散歩

孤立しながらも問題を抱える生徒に向き合うベテラン教師の話。

親身になり過ぎるが故にあちこちの学校で煙たがられてきた設定の様だが、生徒達と向き合い見守り待ち結果を出す人間としても温かく素晴らしい先生。
学校のお偉方は変わらないけど、親や生徒達には響いて行く思いが、出来過ぎだけど優しい気持ちになれる良い作品だった。

Bacchus
Bacchusさん / 2016年9月25日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報