「正統派西部劇」マグニフィセント・セブン カメさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

マグニフィセント・セブン

劇場公開日 2017年1月27日
全231件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

正統派西部劇

個人評価:3.8
名作中の名作を原案に作られた本作。現代風なアレンジになると思っていたが、誇張や奇抜さもなく、格式ある西部劇のテイストで作られており、それが本作のどっしりとした雰囲気を醸し出している。
7人の侍の島田勘兵衛のポジションをデンゼル・ワシントンが演じ、6人のガンマンを集め束ねる役柄として、うってつけなキャスティング。またイ・ビョンホンなど韓国俳優も上手く使い、それぞれのキャラをカッコよく演出している。
正統派の西部劇として評価できる作品である。

カメ
さん / 2019年3月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報