その女諜報員 アレックス

劇場公開日:

その女諜報員 アレックス

解説

「007 慰めの報酬」「オブリビオン」のオルガ・キュリレンコ主演によるアクションサスペンス。元恋人のフラーに誘われて銀行強盗のチームに参加した一匹狼の女性アレックス。首尾よくダイヤを盗み出したアレックスだったが、その晩、フラーが何者かに襲われる。襲撃者は、フラーとアレックスがダイヤと共に盗み出したUSBメモリーの在り処を探っていた。フラーは殺害され、隙をついて逃げ出したアレックスは、襲撃者たちに姿を目撃されてしまう。フラーを殺した一味は、アメリカ上院議員の意向を受けて動いており、彼らはアレックスにも魔の手を伸ばしてくる。

2015年製作/96分/アメリカ
原題:Momentum
配給:アークエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)Deer Isle Seven PTY 2015

映画レビュー

2.0何か中途半端

2022年9月17日
iPhoneアプリから投稿

この後はどうなるのか。
午後ロードだから、カットされたところで謎が解けるのかな。
万力使った拷問はどこかで見たことあるけど、なかなか酷い。
その後なのに平気で歩けるのか?ナイフで刺されてもいるのに。

あと、奥さんへの電話。要領をえない。有能な諜報員なのに話が下手。
格闘した相手を完全にノックアウトしないのに気を抜きすぎ。

ネクタイの話はさすがだが、ロンドン行きの飛行機の中で横に座った人は誰?
パソコンで開いた資料はどうするのか?
全く中途半端すぎる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
myzkk

3.0ちょっと、いろんなもの省きすぎ

2022年5月21日
PCから投稿

場面や登場人物をセリフで説明するのは
野暮だけど、この映画は説明がなさすぎた。
いや、全体としては悪くないんだけどね。
残念なのが省いたわりにテンポがよくないとこ。

予備知識全くゼロで見始めたので、
銀行強盗モノかと思ったらそうじゃないし。
仲間割れするし、んで、その仲間はどういう仲間なの?
急に出てきた敵たちと議員はどういう対立?
一番わからんのがジェシカという女の立ち位置。
分からん×分からん=分からん。

あと、地理的な距離感も分かりづらい。
ホテルから徒歩で逃げたのに、
銀行強盗の仲間のアジトだったり。
そんな近くに住んでたの?
電話してたかと思うと、先回りしてたり、
すでに敵のアジトに潜んでいたり。
移動シーンは冗長に見えるかもしれないが、
やはり重要なんだと、改めて分かった。

いろんな要素省いて短くしたのに、
ワシントン君の講釈が長くてだるい。
飽きちゃったよ。しかも、万力で足をつぶす
拷問になんか意味あったの?

という、見せ場の的を絞れない映画でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
にゃろめ

4.0拷問シーンは秀逸で、目を背けました。

2021年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

銀行から強奪した物を巡り、暗殺集団に狙われる主人公を描く物語。

オルガ・キュリレンコ主演、モーガン・フリーマンが脇を固めるアクション映画です。
アクションもしっかりとしていますし、ストーリーも分かり易いので、観やすい映画に仕上がっていると思います。

導入部の銀行強盗シーンで、主人公のプロフェッショナルな部分を描写。そこから、謎の暗殺集団の襲来、相棒の死等を経てクライマックスになだれ込みます。テンポのよいストーリー展開は、時間を忘れさせてくれました。

私がこの映画でもっとも評価するポイントは、「強さの設定」でしょうか。女性の特殊工作員としてギリギリの強さ。そしてその相手は、プロフェッショナルだけど少人数。「バタバタとなぎ倒す」ではなく、「あり得ない程強い」でもなく、でも映画映えする強さ。個人的に、とても好意的に観ることが出来ました。

ただ、前述した「観やすい」は、映画としての「深みがない」に繋がり易く、映画を見終わった後の印象度がとても薄い映画でもありました。女性主演のアクション映画は、どうしても男性主演と比較して迫力に劣るのもマイナス。

評価は、迷いましたが少しオマケの4にしました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし

1.0雑な脚本

2021年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 スリラー映画というものは、危機が迫る主人公を自分の事の様に思って「ハラハラ」を楽しむのが醍醐味だと思います。
 この映画は全編を通して主人公のアレックスが堅気じゃなさそうな集団に追われるのですが、その前にアレックスは冒頭で銀行強盗をしちゃってます。単純な理屈、銀行強盗犯とそれを追うちょっと乱暴な人達だったら、どちらかと言えば正義は後者で前者は悪になりますよね。悪者に迫る危機を自分に迫る危機の様に思える筈も無く、ピンチに陥いた時のアレックスを応援するどころか、逃げ延び、敵を打ちのめす度に残念とすら感じる。
 とは言え、ただの屑を主人公にしたノワール作品、という様な雰囲気ではありませんので、善悪の立ち位置を完全に勘違いする事は無いと思います。それでも何の説明も無いままここまで話を進める時点で減点確定だなと、中盤まで観た時に思いました。
 しかし最後まで観ても説明らしい説明が無く、初めは自分が理解出来なかっただけなのだと考えました。と言うのも、私が理解した通りの内容の映画だとしたら、酷く無意味な情報が多く、要素の繋がりに欠ける意味不明な映画になってしまう為です。存在しない正解を求め、ストーリー説明やネタバレを色々と見てみたのですが、私が理解した通りの内容である事を示すものばかりでした。
 結局、アレックスが追われる羽目になった理由にどんでん返しなど無く純粋に銀行強盗が原因でした。そして何か大義があって銀行強盗したのでもない。何やら悲しき過去を持つが、それは追われる羽目になった事にも銀行強盗した事にも関係無い。議員とは因縁がある様だが、議員が利用している銀行を襲ったのは全くの偶然。それなのに正義のヒロイン対悪の組織の構図を演出しようとする。さも因果が複雑に絡み合った話であると見せ掛けようとしてあれこれ設定を増やす。
 可愛くてセクシーな主演女優とそこそこのレベルのアクションシーンさえあれば何も要らないという方は満足されるかも知れません。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
にっこり
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る