劇場公開日 2017年1月21日

  • 予告編を見る

ショコラ 君がいて、僕がいるのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全22件中、1~20件目を表示

3.5ダイナミックかつ繊細。正反対な二人の俳優が魅せる

2017年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

100年以上も前、それこそ映画の起源とも期を同じくして活躍した肌の色の異なるコンビの物語。ピエロにも「クラウン」と「オーギュスト」を始め様々なタイプがあるのも興味深ければ、当時の観客が無意識の内に持っていた生々しい差別意識にも触れることができる。かくも描写の難しいテーマをはらんではいるものの、その語り口は明瞭で、この時代、コペルニクス的発想で打って出た二人の個性にじっくりと寄り添う内容となっている。
ショコラとフティット。彼らは友情や成功という言葉では表現できない関係性で結ばれている。人気、性格、華やかさ、暮らしぶりと言った面で彼らはまさに正反対。それでもなお差別意識を超えて、言葉にはしなくても彼らにしか分かり合えない互いへの嫉妬やリスペクト、共闘意識がある。その心の内側の繊細な動きからダイナミックな身体表現までを織りなした二人の俳優が実に魅力的。ショービジネスの歴史にまた別の角度で光を当てた良作と言えよう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

3.5鑑賞記録用

おぎゃさん
2018年6月7日
iPhoneアプリから投稿

人種差別の時代背景がわかりやすかった
ショコラの自由に生きてる感じは少し羨ましい
フティットが最後までショコラをかばってたのはとてもよかった
フティットはゲイで実はショコラを愛していた説はなかなか納得出来る

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おぎゃ

3.0フランスの実話

ma_jpさん
2018年4月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

泣ける

笑える

大好きなオマールシー。彼にはやっぱりコミカルな役が似合います。こちらは実在の人物を描いた作品。いろんな想いが詰まっています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ma_jp

3.0小娘みたいな泣き言はよして

shimoさん
2018年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

5.02017年度ベストムービー!

stoneageさん
2017年11月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

二人の友情や別れに涙が出ます…何とも言えない哀愁があって、素敵な作品です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

4.5芸人の絆の物語

はなさん
2017年10月31日
iPhoneアプリから投稿

自分を取り巻く状況が変化しても、道化師 芸人としてストイックな姿勢を貫くプティット。
一方で、お茶目だったショコラが、人種差別を受けながらも、成功とともに獲得していく生活。そして、ギャンブル、酒に溺れる姿。
葛藤を抱きながらも、最後までショコラを信じ、支え抜くプティットの姿に色々考えさせられた。
ちなみに、芸人としてのパフォーマンス、身体能力もすごい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はな

2.0事業自得

隣組さん
2017年5月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

差別問題があるにせよ、ショコラが現実逃避からギャンブル溺れて自己破滅に至るのは自業自得。今も昔もギャンブルや薬物で自ら落ちる有名人がいる。内容も物足りない印象で途中は退屈でzzz…
2017-57

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

3.5チョコレートと小麦粉

2017年4月28日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

オマール・シーはやっぱりいいですね。そして相方役のJ・ティエレも。
最後は哀しい。
これが実話だなんて、見て良かったと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
マリエル

3.0お笑いのツボを考えさせてくれる

2017年3月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

今にも続くお笑いの原型の一つを生み出したのだと思う。ただ、弱者をネタにすることの危うさも合わせて生み出した。弱者を肯定した上で笑いにすることの難しさを示唆してくれる。ショコラの苦しさをうまく表現していると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん

3.0ショコラっていうわりに

2017年2月26日
Androidアプリから投稿

甘くないストーリー。
ビターでシビア。
もっと気楽な作品かと思ってたので予想外。
重くてもテーマはいいのだが、なんか物足りなさを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
本まぐろトロ子

3.5ティエレさんかっこ良かったーー!それに尽きると言うとどうかと思うが...

uzumotiさん
2017年2月25日
iPhoneアプリから投稿

ティエレさんかっこ良かったーー!それに尽きると言うとどうかと思うが尽きる★ストーリーは普遍的な成功者のその後でしたがティエレさんかっこ良かったから良し。ショコラが主人公だからしかたないけど、もっとフェティットさんについてかいて欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
uzumoti

3.0なぜギャンブル?

千鳥さん
2017年2月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

なぜ、ギャンブルに走ったのか、わからない。とても、解説のように思えなかった。
内面の表現が、物足りない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
千鳥

3.5タイトルはショコラだけど

はぢめさん
2017年2月8日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はぢめ

4.5今も変わらない。

2017年2月4日
Androidアプリから投稿

観たい映画が終わってしまい、代わりに観たのがこの作品。
チラッと作品紹介を読んで想像はできた。20世紀初頭の頃が舞台。ほう、なるほど。

ところが想像以上にズッシリきてしまった。
無意識にいちいち主人公ふたりに感情移入してしまうものだから、正直辛かった。
けれど、いくらショコラの気持ちになったとしても、絶対に実際の何億分の一にも及んでいない。これっぽっちも。単なる想像でしかない。
当然である。自分はそんな体験をしたことがないし、その類いの屈辱や怒りを感じたことがないのだから。想像もできない。現代日本で普通に生活していれば、ほとんどの人達も同じことだろう。

だがしかし。
それで流してしまってはいけない。
あらゆる差別は今の時代でもまったく変わっていない。
ちっとも過去の話なんかではないのだ。

そしてこのキャスト以外、あの重さが出なかったかも。きっと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆみっく

3.0「差別」を重くなく知ることができる映画

2017年2月1日
iPhoneアプリから投稿

私は2年間程 アフリカで暮らしたことがありますが、肌の色で嫌な思いをしたことはないし、信仰する宗教がその土地にないものだからといって酷い目にあったこともありません。
逆も然り。そういった、自分から人を遠ざけるようなことは、心がけてしていないつもりです。

私はこれまで40年近くの生活の中で、何かの「違い」によって、人生に挫けてしまう程の体験がありません。
ですから、主人公ショコラの本当の痛みには寄り添うことはできないんだと思いました。

だからと言って、この映画に白けたりしません。
何らかの違いを「理解できない」ということはあるかもしれませんが、無視はしない。
「知る」こと「知っておく」ことはとても大切なんじゃないかなと思います。

映画は2時間たっぷりと様々な要素が詰まっており、楽しむことができます。
ただ、詰め込みすぎて、一つひとつが薄い印象も受けますが。

『ショコラ』『聖の青春』『ブルーに生まれついて』を今年に入って鑑賞しましたが、どうしてこうした類い稀なる力を持った人たちは、自分の人生を大切にできないのだろうと、哀れに思ってしまいます。
その時そのときの一瞬が輝けばそれでいいのだろうか。
どの映画にも共通して周りで支えてくれている人たちがいる。
その人たちの「置いてきぼり感」に共鳴し、私はとても感情移入しました。
この映画の場合では、フティットです。
彼の心情描写が極端に少ない分、彼の気持ちをたくさん想像することができました。
(彼がまさか、あのチャップリンの孫だったとは!)

元気をもらえる映画だと思っていたのですが、そうではない誤算があり、意表を突いた映画に出会えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハクタカ

3.5微笑ましいけど

2017年1月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョーカー

3.0コンビで成功するのは実に難しい。楽しいサーカスやコメディ描写とド直...

cpegさん
2017年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

コンビで成功するのは実に難しい。楽しいサーカスやコメディ描写とド直球の人種差別。面白い作品だったけど「フティット」の方はどんな人だったのか。話が進むにつれどんどん興味が沸いたので、そこが少し残念かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cpeg

3.0う~ん期待してただけに・・・

2017年1月15日
PCから投稿

単純

フランス史上初の黒人芸人ショコラと、彼を支えた相方フティットの愛と涙に満ちた感動の実話と聞けば興味をそそられる。ポスターに描かれた寄り添う二人を目視しただけで花の都パリの文化や歴史観にときめく。きっと面白いに違いないと!が、その実直すぎるストーリー展開は映画としての魅了や輝きにかけている。20世紀初頭の芸人ネタは現在のそれとは異なり小学生レベルです。本編の半分近くはその面白くもない二人の芸を見なければならず退屈で笑えなかった。題材が良いだけに残念な結果です。ショコラの相方役を演じたジェームス・ティエルはチャールズ・チャップリンの実孫。本編で道化師を演じた彼が楽屋でその化粧を拭き落とすシーンがある。その表情、仕草が名作『ライムライト』のチャプリンと重なり、ドキッとしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映写技師

5.0お宝映像!

shironさん
2017年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

とにかくオマール・シーの舞台シーンが圧巻でした!
やっぱり監督が俳優さんだからでしょうか?
ご出演の『チャップリンからの贈り物』も、とても素敵な映画でした(*´꒳`*)

チャップリンと言えば、フティット役のジェームス・ティエレは本当におじいちゃんそっくり。
映画を観る前に予備知識は入れないようにしているのですが、序盤のはにかんだ笑顔があまりにもソックリで。外人の区別のつかない私ですら、すぐに気づきました。(笑)
しかも、マイムの素晴らしいこと!
サーカスのイメージにもぴったりでした。

巡業サーカス団の持つ二面性に魅かれます。
演目で多くの人から喝采を浴びる、マイノリティーグループ。
アーティストとしての華やかさと、見世物としてのいかがわしさ。
本作では個性的豊かなメンバーが繊細に描かれていて、作り手のサーカスに対する愛情を感じます。
なかでも二人がパリへ出発するシーンは、見送る仲間達の複雑な思いが溢れていて大好き。

邦題のサブタイトルに “君がいて僕がいる” とありますが、
二人の友情物語というよりは、ショコラと呼ばれた“黒人”の男が、人としての尊厳を求めてもがく姿を描いた作品だと感じました。

絶大な人気を得ながらも、心無い言葉や扱いを受ける彼は、
自分は“毎晩白人にお尻を蹴られる黒人”だから人に笑われているのではない!
自分は“黒人という動物”ではない!
との思いで、現実に戦いを挑み。。。
とは言え、そこはフランス映画ですから、単純なサクセスストーリーとはいきません。(^◇^;)
ショコラの持つ軽薄さや弱さ、愚かさも容赦無く描いていきます。
でも逆にそこまで描くことで、差別と戦うヒーローではない人間味を感じ、
まさに“黒人”も特別な存在ではなく同じ人間なのだと、映画が語りかけているのではないでしょうか?

ラストに、当時リュミエール兄弟が実際に撮影した映像が流れます。
リュミエール兄弟が「10年先の人達にも見せたい。」と撮影したフティットとショコラの芸を、時を越え…海を越え…今、私が大画面で見ているという奇跡。
その感動もさることながら、
この映像を見れば、ショコラが人に笑われていたのか、人を笑わせていたのかは一目瞭然。

このお宝映像だけでも観る価値アリです!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shiron

3.5観て良かった作品。

KBさん
2017年1月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

フティットとショコラの関係性に時には切なさを覚えつつ。二人が成功するまでの流れには、ワクワク感も感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KB
「ショコラ 君がいて、僕がいる」の作品トップへ