劇場公開日 2017年6月17日

  • 予告編を見る

「水谷豊のタップ好きなのは分かった。」TAP THE LAST SHOW 巫女雷男さんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

2.0水谷豊のタップ好きなのは分かった。

2018年6月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

伝説のタップダンサーが一花咲かせる物語。
水谷豊がタップ好きが講じて構想を重ねて映画化した割にはストーリー的にメインもサブもお寒い内容。

映像や音楽も古臭さを感じ、映画に合ってない様な雰囲気。また、別映画「SING」や「セッション」を彷彿とさせるシーンがあるのだが、足元にも及ばない演出。

俳優さんを評価させてもらうとすると、岸部一徳や六平直政、前田美波里など熟練俳優を使うのは良いが、大した演技もさせている訳でも無し。
若手もたくさん出てますけどね〜。演技の足並みが悪過ぎる。

「SING」「チアガール」の様にコミカル路線に行けず、「セッション」の様にシリアス路線にも行けず、、、、
中途半端に進み、見所と言われるラストへ。
ラストをいくら魅せられても、それまでの長過ぎる時間過程で私は「あっ、そう、、、」しか思えなかった。

水谷豊の構想通りには行かなかったのでは?と思わせる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
巫女雷男
「TAP THE LAST SHOW」のレビューを書く 「TAP THE LAST SHOW」のレビュー一覧へ(全58件)
「TAP THE LAST SHOW」の作品トップへ