ひるね姫 知らないワタシの物語 : 関連ニュース

ひるね姫 知らないワタシの物語

劇場公開日 2017年3月18日

関連ニュース:ひるね姫 知らないワタシの物語

ゾンビと人間の関係が逆転したホラーアニメ「Walking Meat」劇場公開 内田真礼、津田健次郎ら出演(2019年6月16日)

「PSYCHO-PASS サイコパス SS」や「神撃のバハムート GENESIS」などでCGを手がけてきた須貝真也の初監督作品となる、約20分間のオリジナル短編CGアニメ「Walking Meat」が劇場公開される。同作の舞台は、ゾンビと人間の関係が逆転した世界。人口増加により食料問題に直面し... 続きを読む

Netflixアニメ「エデン」制作決定 監督「ハガレン」入江泰浩&キャラデザ「ビバップ」川元利浩(2019年4月16日)

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」を手がけた入江泰浩が監督を、「カウボーイビバップ」の川元利浩がキャラクターデザインを務めるNetflixのオリジナルアニメシリーズ「エデン」(全4エピソード)が制作されることが決まった。2020年に配信を予定している。同作は、数千年の未来... 続きを読む

フライングドッグ10周年記念オリジナル映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」20年公開(2019年2月26日)

フライングドッグの設立10周年作品として、オリジナル劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」の製作が決定し、2020年に公開されることがわかった。「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイが監督を務め、アニメーション制作は「ひるね姫 知らないワタシの物語」のシグナル・エムディと「ジョーカー・ゲ... 続きを読む

神山健治×荒牧伸志のアニメ「ULTRAMAN」2019年春にNetflixで全世界独占配信(2018年7月27日)

円谷プロの特撮ヒーロードラマ「ウルトラマン」を原作とした漫画「ULTRAMAN」のアニメ版が、2019年春にNetflixで全世界独占配信されることが決定した。米ロサンゼルスで開催された「ANIME EXPO 2018」で明らかになった。「鉄のラインバレル」で知られる清水栄一氏(原作)と下口智... 続きを読む

アニー賞、ピクサー「リメンバー・ミー」が最多11部門受賞 日本作品は無冠(2018年2月4日)

第45回アニー賞授賞式が2月3日(現地時間)、米ロサンゼルス名門大学UCLAのロイス・ホールで開催された。アニメ界のアカデミー賞といわれるアニー賞。最多13ノミネートを獲得したディズニー/ピクサーの「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ監督)が、最高賞にあたる長編アニメ部門を含む11部門に輝... 続きを読む

第41回日本アカデミー賞、受賞作品発表 「三度目の殺人」「関ヶ原」が最多10部門(2018年1月15日)

第41回日本アカデミー賞は1月15日、正賞15部門各優秀賞および新人俳優賞・正賞外賞を、東京・グランドプリンスホテル新高輪で発表した。最多受賞は、10部門の是枝裕和監督作「三度目の殺人」と原田眞人監督作「関ヶ原」。また役所広司が、同2作品で優秀助演男優賞をダブル受賞した。優秀作品賞は、「君の膵... 続きを読む

「この世界の片隅に」「ひるね姫」が第45回アニー賞にノミネート!(2017年12月6日)

第45回アニー賞のノミネーションが12月4日(現地時間)に発表され、日本からは片渕須直監督の「この世界の片隅に」と、神山健治監督の「ひるね姫 知らないワタシの物語」が長編インディペンデントアニメ部門にノミネートされた。アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる同賞。今年の最多ノミネートは、全米で大ヒット... 続きを読む

アカデミー賞長編アニメ部門対象作が発表!26本中5本が日本映画(2017年11月13日)

アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が、第90回アカデミー賞長編アニメーション部門の候補対象作26本を選出し、日本映画が5本エントリーを果たすという快挙を成し遂げた。選出されたのは、ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだ話題作「ボス・ベ... 続きを読む

30歳独身ニート女性のネトゲライフを描く「ネト充のススメ」能登麻美子主演でTVアニメ化!(2017年8月10日)

スマートフォン向け漫画アプリ「comico」で連載中の黒曜燐氏による漫画「ネト充のススメ」がテレビアニメ化され、10月9日から放送を開始することがわかった。TOKYO MXで深夜1時40分、読売テレビで深夜2時29分からオンエアされる。脱サラしてニートになった30歳独身の盛岡森子は、ネットゲー... 続きを読む

古田新太&山里亮太「パワーレンジャー」吹き替えで“元レンジャー”&“おしゃべりロボ”に(2017年5月3日)

日本の特撮「スーパー戦隊」シリーズの英語版ドラマを、総製作費約120億円を投じて映画化した「パワーレンジャー」の日本語吹き替え版に、俳優・古田新太とお笑いタレントの山里亮太(南海キャンディーズ)が参加することが発表された。不思議なコインを手にしたことで超人的なパワーを得た5人の高校生が、世界を... 続きを読む

27件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報