「いい意味でいつも通り!」劇場版 黒子のバスケ LAST GAME ナブラさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME

劇場公開日 2017年3月18日
全40件中、35件目を表示
  •  
映画レビューを書く

いい意味でいつも通り! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

黒バスの完全新作映画。観賞してきました!
出来は素晴らしい!期待通りやってくれました。
本作はウィンターカップ終了後、キセキの世代と黒子火神ペアが再集合し、好きになれるような部分が全くない悪役のテンプレートのような海外勢を倒すというなんともわかりやすい勧善懲悪ストーリーです。原作の連載終了後、ジャンプnextに掲載された漫画版を新作映画として映像化したものです。
まず、評価ポイント一つ目は作画!まずご認識頂きたいのは本作は、かの有名なPloduction.I.G制作だと言うこと。これだけで作画レベルは担保されたようなものです。海外勢のナッシュのストリートバスケスタイルも漫画で読み取れていなかった動きをしっかり映像化してくれてます。しかもスローもなく、動きも実写のような滑らかさです。本作はTV放映の頃から作画レベルは高水準でしたが、その期待値をしっかり超えてきてくれるのが、流石I.G信用できる会社!といったところです笑。
また、今回、新たな試みとして試合の序盤のシーンですが、手前のキャラだけでなく、背景も動くシーンがあります。これは素晴らしい。是非映画館で観ていただきたい臨場感でした。通常、動きのない背景の上から動画にした手前のキャラを流して撮影をするのですが、流石、I.G。それはTV版でやり尽くしてしまった為、みんな観てない背景まで手を伸ばしてしまいました笑。こういうチャレンジ精神は僕は評価したいですし、実際この試みは吉と出ており、映画らしい臨場感が出ていました。漫画版は藤巻先生が連載終了で燃え尽きていたのか、背景がスカスカだったのでそれとの対比でより満足できました笑。
次に、ストーリーですが、概ね原作通りでした。ウィンターカップで誠凛に敗北したキセキの世代のキャラ一人一人にそれぞれスポットが当たり、其々の敗北の理由を試合中に克服するような流れになっている為、原作ファンは燃える展開です。観賞中、火神の活躍が漫画版に比べ抑えられていたことが気になっていたのですが、これはラストの映画的なオチの為のチューニングだったようですね。まあTV版で散々活躍したし、負けたキセキの世代にスポット当ててあげたほうがいいよね笑。
しかし、本当は星5をあげたいのですが、残念ながら減点ポイントがいくつかあります。まず、本作はアクションシーン長いので仕方ないのですが、試合中盤の作画的な息切れが少しだけ気になりました。これは昨今のアニメ界の事情を考慮すると仕方ないんですが、観賞中気になっちゃいました。すいません。
あと、黒バスはTV版が素晴らしかったので期待値が高かったのか、本作は僕の期待値を超えてはいなかったというのが、正直な感想です。期待値には達しているんですよ汗。でも超えてはいない。ここを超えていれば星5なんですが、今回は4.5にさせていただきました。すいません。
正直、本作、身内以外お断りな空気があるのは確かです。ウィンターカップ以前と違い、対戦相手側の掘り下げもなく、人によってはクドイと感じてしまっても仕方ないようなベタ中のベタです。しかし、それの何がいけないんですか?笑。ベタはベタでも本作はいいベタです。作画レベルも声優の演技レベルも高水準でこのレベルだったらベタが許されます。それに本作は日本のアニメ界を支えるPloductionI.G制作!これはもうアニメファンの税金と言っていいでしょう笑。皆さん!是非劇場で観賞し、納税しましょう!このままじゃアニメ界は潰れてしまいますよ!おれは10月クライシスはもうゴメンだ…

ナブラ
さん / 2017年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報