「花の中には仏さんがいてはる」花戦さ fukui42さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「花戦さ」 > レビュー > fukui42さんのレビュー
メニュー

花戦さ

劇場公開日 2017年6月3日
全80件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

花の中には仏さんがいてはる

冒頭専好が、河原で小石を積んで花を生け、死者に手を合わせる。
ここからもう、すーっと、心がつかまれました。
シンプルな中に、人間が大切にしなくてはいけない心がこもっている気がして。

前半は京都ならではのはんなりした言葉が飛びかい。また「人の加をを覚えるのが苦手」な茶目っ気たっぷりの専好が、くすっときて楽しい。織田の岐阜城で会っている利休の事すら覚えてない。
「私は物忘れが激しくて」と専好が言うと、「私は目立ちませんから」と返す利休。くすっ。

そして後半は利休と秀吉の対立がきっかけで、ガラッと様子が変わるところは、力が入りました。

「武人たるもの茶と花を、人の心を大事にせよ」by織田信長。
いつの間にかこの言葉を忘れて、暴君と化した秀吉(そんなイメージなかったけど)。幼馴染まで粛清された専好はもう黙っていられない。
「花をもって太閤殿下を、お咎めする」。
まさにタイトルそのもの。そう意味なのね。

萬斎さんの表情豊かなで穏やかな仕草の専好が、実にいいです。ぴったり。猿之助さんの秀吉の憎たらしい所も。

仏もお茶もお花も全くたしなまないのですが、十分楽しめました。

fukui42
さん / 2018年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報