劇場公開日 2017年6月3日

  • 予告編を見る

「喜劇の体をとりつつも、日本の美意識をしっかり映像化」花戦さ AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0喜劇の体をとりつつも、日本の美意識をしっかり映像化

AuVisさん
2017年6月10日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

狂言師の野村萬斎が主役というだけあって、上品なドタバタ喜劇の体裁でストーリーが進む。その一方で、花を生けるというソフトな表現手段で権力の横暴に対抗する、そんな「和の心」が後半の展開を牽引する。喜劇だからといってけっして終始騒々しいわけではなく、花を生けたり茶をたてたりするシーンではきちんと静謐な時間が流れる。

もちろん、華道家元の池坊が協力した生け花の数々を作中で楽しめるほか、利休庵で深い光沢を放つ漆の黒、素朴な味の陶器など、日本の美意識がわかりやすく映像化された印象だ。

往年のチャンバラ時代劇に馴染んだ世代には、花をもって天下人を制すというコンセプトは物足りないかもしれない。それでも、いわば「草食系ヒーロー」のコメディーとして、今の時代感覚に合う快作だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
AuVis
「花戦さ」のレビューを書く 「花戦さ」のレビュー一覧へ(全83件)
「花戦さ」の作品トップへ