「何度か考えさせられる」たかが世界の終わり mfmf__さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

たかが世界の終わり

劇場公開日 2017年2月11日
全114件中、17件目を表示
  •  
映画レビューを書く

何度か考えさせられる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

家族が壊れるくらいなら、僕の死なんて たかが世界の終わり。

アントワーヌから始まる家族喧嘩と見守るカトリーヌ。ルイからみんなが離れてルイだけの無言の最後の数分がとてつもなく鳥肌がたった。
時計と鳥、伏せる瞼深くかぶるキャップ。

主人公が家を出た理由として、分からなかったけど2回目で過去の同性愛描写があったからそれかなと思った。
他の人の感想読んで、アントワーヌはルイの理由について気付いたから追い出そうとしたのと、ただの苛立ちとかを見つけてどちらかは定かではないけれどルイを分かってたのは他人であるカトリーヌだけだったのかもしれないと最後のアイコンタクトで感じたけどどうなのだろう。

主人公のルイにはセリフがほとんどなく他の登場人物と同様に画面いっぱいの顔が映る。その表情息遣いとか瞳だけに葛藤や諦めが写ってて、その瞳に映る揺れるカーテンとか涙とかが繊細に見えた。そして微笑んで言葉を飲み込む。

リアルな口喧嘩とどぎまぎした空気感に飲み込まれていく。もっと深くしりたくなった。

mfmf__
さん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi