劇場公開日 2016年5月28日

復活のレビュー・感想・評価

3.09
8%
23%
56%
10%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全9件を表示

4.0キリスト教の歴史を淡々と

素子さん
2017年9月30日
iPhoneアプリから投稿

イエスの復活のストーリーを淡々と描いている。慈悲を唱え、人を救う。しかし、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」の内容の方が事実のはず!イエスの復活は全くの事実ではない!イエスには子孫もがいるのだから!
しかし、宗教でイエスが神であるか否かは重要な要素ではなく、ただ信じると言う本来ある宗教のあり方にはとても納得した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

3.5聖骸布が出てきたのが見どころ?

2017年7月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

聖書に書かれたものを改ざんしたりはしないだろうから、ローマ軍司令官の目線でイエス・キリストが磔にされ復活してまた天に上るまでを映像化。
至って淡々としていて信者じゃないと退屈。
マグダラのマリアがちょっと出てくる

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.0キリストの復活

2017年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

キリストが磔にされ、預言通り三日後に復活するという話。
主人公(ジョセフ・ファインズ)はローマ軍の司令官で、キリストを処刑、死体の行方を追うが、次第に・・・。
ひねりなし。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5淡々とした復活の様子

A.Camelotさん
2017年5月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

あまり緊張感なく観ていたため何度も眠くなったがVODで全編きっちり観た。淡々としたものであった。キリストの復活については主人公から見て事実としていたが、幾つかの奇跡はこの手の映画では普通の見せ方。キリストの顔は冒頭の磔刑現場ではっきり見ることになるが、ブラジルあたりで祭りに出てくる像のイメージそのもの。新興の教えの期待感、ローマとユダヤの両方の危機感があまり感じられず、なぜキリストが磔になり、ローマ総督ピラトが困惑し、ユダヤの律法学者が文句を言ってくるのかなどの背景は全く説明がないので知らない人には全く分からない展開かと。そもそもキリストの復活の意味するところが何かすら説明がないのでそのあたりを知ってる知らないでは映画から得るものが全く異なるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
A.Camelot

2.0復活!

2016年8月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

特に感動することもなく、盛り上がることも無い内容でした。キリストの復活する話ですが、過去に見た他の作品からすると、地味〜な作品です。
でも、それが真実に一番近いのかもしれませんね。
キリストの笑顔が素敵でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はるっち

3.5視点をローマ側にする

mayurandyさん
2016年7月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ローマ人からみるとイエスの一派は不気味で理解不能に見える。
という話だ。
が、処刑後でさえも当時からイエスの亡骸はプロパガンダの道具に使われかねない。
いや、使ったかもね、と極東アジアから見る私には想起できる…後半を無視すれば、、、
とにかく、今現在理解不能にして不可解な主義主張はのちの世の倫理でありスタンダードになるかもしれないから、よーく目を凝らして世界を見て行こう。
って思いを強くした作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mayurandy

4.0マルフォイが出てる(笑)

2016年6月8日
iPhoneアプリから投稿

イースターってキリストの復活をお祝いするお祭りですが、その顛末を歴史的観点から、しかも信者じゃなくてローマ帝国の軍人の視点から見て描いているところが斬新。

キリストのヴィジュアルがヨーロッパ的な白人じゃなく、当時の中東で暮らしていたユダヤ人らしい風貌だったところや、十字架刑のリアルな時代考証など、良くできた映画だなと思いました。

特筆すべきは、ハリーポッターのマルフォイを演じたトム・フェルトンが出ていること。なかなかの見ごたえがありますよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
らいぐま〜る

3.0復活って

Momokoさん
2016年5月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

知的

どんなことだったのか、こんなことだったのかな、と思いながら観ました。
信仰の多分カナメのことだから、教会の宣伝映画のようにも見えたし、昨日神さまメールを見たところだったから、2000年前の使徒たち、ローマ人などがとても単純な人に見えた。使徒たちの確信、喜びは伝わってきたが、クラビアスの変化がもひとつ腑に落ちない。
私を信じる人は永遠の命を得る。らしいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

5.0広告のポスターではわからない

2016年5月28日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

幸せ

ポスターから、昔の戦闘映画でしょ? と、決めつけて、眠くなるかもなと思っていましたが、とんでもない!!!!

キリストの復活をキリストを信じない人々から見た、こうであっただろうということを想像しながら描かれた映画です。

これ以上書くと、内容まで書いてしまいます。
まずは観てください。
百聞は一見にしかず!
前売り券もキリスト教書店で安くで売ってますよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Precious Lamb Of God
「復活」の作品トップへ